Visual Basic 6.0 のプロジェクト グループを Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 にアップグレードする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 309617 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP309617
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Visual Basic 6.0 のプロジェクト グループや多階層アプリケーションを Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 にアップグレードする方法について説明します。

技法の説明

Visual Basic 6.0 のプロジェクト グループや多階層アプリケーションを Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 にアップグレードする場合、プロジェクトまたは層を一度に 1 つずつアップグレードする必要があります。

3 層アプリケーションにクライアント コンポーネント、ビジネス コンポーネント、およびデータ アクセス コンポーネントが含まれている場合、次の順序でアプリケーションをアップグレードする必要があります。
  1. クライアント コンポーネント
  2. ビジネス コンポーネント
  3. データ アクセス コンポーネント
多階層アプリケーションでは、常にクライアント層を最初にアップグレードしてから、依存ツリー上の他の層をアップグレードします。次の 2 つの理由から、この順序に従う必要があります。
  • このアプローチにより、アプリケーションの正常動作を保つことができます。クライアントをアップグレードする場合、停止および作業の対象となるアプリケーションのコンポーネントは 1 つだけです。他のコンポーネントはすべて、従来と同様に動作を続行します。このアプローチを使用することで、作業の領域が分離されます。データ層を最初にアップグレードした場合、データ層およびそのデータ層に依存するコンポーネントが突然同時に停止してしまいます。
  • Visual Basic 6.0 はタイプ ライブラリ (TypeLib) をロックします。TypeLib をリビルドしたり、その基になるダイナミック リンク ライブラリ (DLL) を再コンパイルする必要がある場合、これが問題を引き起こします。ビジネス層を最初にアップグレードしてからクライアントをアップグレードする場合、中間層を変更するたびに、何度も繰り返し Visual Basic 6.0 を停止および再起動する必要があります。次のワークフローを検討します。

    1. 中間層をアップグレードする。
    2. 中間層にアクセスするように Visual Basic 6.0 クライアントを変更する。
    3. 中間層を実行する。

    NET DLL を変更する必要がある場合は、Visual Basic 6.0 を閉じ、Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 で再コンパイルを行い、Visual Basic 6.0 を再起動するなどの操作が必要になります。最初にクライアントをアップグレードしてから中間層をアップグレードすれば、この問題を回避することができます。
各 Visual Basic 6.0 アプリケーションをアップグレードするには、Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 に含まれているアップグレード ウィザードを使用します。アップグレード ウィザードは、Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 で Visual Basic 6.0 プロジェクトを開いたときに起動します。アップグレード ウィザードを使用すると、Visual Basic 6.0 プロジェクトは変更されず、Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 の新しいプロジェクトが作成されます。Visual Basic 6.0 プロジェクトをアップグレードする前に、アップグレードのための準備をしておくことをお勧めします。詳細については、「関連情報」を参照してください。

多階層の Visual Basic 6.0 アプリケーションを Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 にアップグレードする

ここでは、3 階層の (クライアント コンポーネント、ビジネス コンポーネント、およびデータ アクセス コンポーネントで構成される) Visual Basic 6.0 アプリケーションを Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 にアップグレードする方法の詳細について説明します。
  1. Visual Basic 6.0 で各プロジェクトをコンパイルし、プロジェクトをテストして、アプリケーションが正常に動作することを確認します。

    : Visual Basic .NET や Visual Basic 2005 の新しいクライアント プロジェクトは、相互運用機能経由で引き続き Visual Basic 6.0 によるビジネス コンポーネントとデータ コンポーネントを使用するため、グループをビルドすることが重要です。同様に、新しい Visual Basic .NET や Visual Basic 2005 のビジネス コンポーネント プロジェクトは、相互運用機能経由で引き続き Visual Basic 6.0 によるデータ コンポーネントを参照します。
  2. 最初にクライアント コンポーネントをアップグレードします。Microsoft Visual Studio .NET または Microsoft Visual Studio 2005 を起動し、Visual Basic 6.0 のクライアント プロジェクトを開きます。アップグレード ウィザードが開始されます。

    : Visual Basic .NET や Visual Basic 2005 のアップグレード ウィザードは、Visual Studio .NET Professional または Visual Studio 2005 に含まれています。

  3. ウィザードの手順に従って、Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 の新しいクライアント コンポーネント プロジェクトおよびアップグレード レポートを作成します。
  4. アップグレード レポートの内容を確認します。一般にこのレポートには、必要となる追加の変更に関する警告が含まれています。この情報に従って、Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 の新しいクライアント コンポーネントのプロジェクトを修正します。
  5. Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 の新しいクライアント プロジェクトを実行して、クライアントが動作するかどうかを調べます。新しいクライアントは、相互運用機能経由で引き続き Visual Basic 6.0 のビジネス コンポーネントとデータ アクセス コンポーネントを参照していることに注意してください。
  6. 中間層 (ビジネス オブジェクト) をアップグレードします。Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 で、Visual Basic 6.0 ビジネス オブジェクトのプロジェクトを開き、アップグレード ウィザードの手順を完了します。
  7. アップグレード レポートを確認し、この内容に従って、Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 の新しいビジネス コンポーネントのプロジェクトを修正します。
  8. Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 の新しいクライアント プロジェクトは、引き続き Visual Basic 6.0 のビジネス コンポーネントを参照しているため、この参照を削除し、新たに作成した Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 のビジネス コンポーネントのプロジェクトへの参照を追加します。
  9. アプリケーションをテストして、正常に動作することを確認します。クライアント コンポーネントおよびビジネス コンポーネントが引き続き Visual Basic 6.0 のデータ アクセス コンポーネントを使用していることに注意してください。
  10. 最後の層 (データ アクセス コンポーネント) をアップグレードします。Visual Basic 6.0 のデータ アクセス コンポーネントのプロジェクトを Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 で開き、アップグレード ウィザードの手順を完了します。
  11. アップグレード レポートを確認し、この内容に従って、Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 の新しいデータ アクセス コンポーネントのプロジェクトを修正します。
  12. Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 のビジネス コンポーネントとクライアント コンポーネントで、Visual Basic 6.0 のデータ アクセス コンポーネントへの参照を削除し、新たに作成した Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 のデータ アクセス コンポーネントのプロジェクトへの参照を追加します。
  13. アプリケーションをテストして、正常に動作することを確認します。

関連情報

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Preparing Your Visual Basic 6.0 Applications for the Upgrade to Visual Basic 2005
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/dnvb600/html/vb6tovbdotnet.asp

Visual Basic .NET アップグレード ロードマップ
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vbasic/techinfo/upgrade/roadmap.asp

プロパティ

文書番号: 309617 - 最終更新日: 2006年10月3日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Basic 2005
  • Microsoft Visual Basic .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft Visual Basic .NET 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbmigration kbvs2005applies kbvs2005swept KB309617
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com