IIS Lockdown ツールが原因で SharePoint Portal Server にエラーが発生する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 309675 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP309675
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

以下のいずれかの問題が発生することがあります。
  • SharePoint Portal Server がインストールできず、次のエラー メッセージが表示されます。
    [2] CVAIComponent, Error 0x80004005: VAIFy failed
    [0] CVAIComponent:Install, Error setting up VAI.
    または

  • ポータルを使用してワークスペースにアクセスできません。アクセスを行うと次のエラー メッセージが表示されます。
    HTTP 404 - ファイル未検出

原因

この問題が発生するのは、インターネット インフォメーション サービス (IIS) Lockdown ツールによって .asp ページがブロックされているためです。

解決方法

この問題を解決するには、IIS Lockdown ツールを削除し、ASP ページのサポートを有効にして、このツールを再インストールします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. IIS Lockdown ツールのセットアップ (IISLockd.exe) を再実行します。
  2. [This Server Was Already Configured] 画面で、[次へ] をクリックします。
  3. 表示されたダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。
  4. IIS Lockdown ツールが以前の設定を復元している間、待機します。この処理が完了するには、最大 30 分かかることがあります。
  5. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックして Lockdown ツールのセットアップを終了します。
  6. Lockdown ツールのセットアップ プログラムを再実行し、[次へ] をクリックします。

    : セットアップ プログラムを再実行したときに、サーバー テンプレートを選択する場合は、[View template settings] チェック ボックスを必ずオンにしてください。または、[Other] テンプレートも選択できます。このテンプレートを選択すると、各設定を手動で選択できます。
  7. [Script Maps] 画面で、[Active Server Pages (.asp)] の隣にあるチェック ボックスを必ずオフにします。
  8. サーバーのセットアップに応じて、残りのオプションを設定します。
  9. サーバーを再起動します。
: この処理によって、IIS Lockdown ツールの最初の実行時に作成されたメタベースのバックアップが復元されます。サイトや仮想ディレクトリの追加など、その後で IIS の構成に加えた変更はすべて失われます。

回避策

IIS Lockdown ツールを最初に実行した後に IIS の構成を変更している場合は、次の回避策を使用すると、構成の変更内容を失うことなく ASP ページのサポートを復元できます。
  1. インターネット サービス マネージャを起動します。
  2. SharePoint Portal Server を実行しているサーバー オブジェクトを展開します。
  3. ワークスペースの仮想ディレクトリのプロパティを開きます。
  4. [構成] をクリックします。
  5. [アプリケーションのマッピング] で、.asp 拡張子をクリックし、[編集] をクリックします。
  6. [実行ファイル] ボックスで、ファイル名を 404.dll から asp.dll に変更します。
  7. [OK] をクリックして、開いているプロパティのダイアログ ボックスをすべて閉じます。
  8. [既定の Web サイト] を停止し、再起動します。
上記の手順を、すべてのワークスペースについて実行します。

IIS Lockdown ツールのインストール時に URLScan をインストールしている場合は、次の変更作業も必要です。
  1. メモ帳で C:\Winnt\System32\Inetsrv\Urlscan\Urlscan.ini ファイルを開きます。
  2. [Options] セクションにある [UseAllowExtensions] オプションの値を確認します。
  3. [UseAllowExtensions] が 0 に設定されている場合は、ファイルの下の方にある [DenyExtensions] セクションを探し、.asp、.cer、.cdx、および .asa の行の先頭にセミコロン (;) を指定してそれらをコメントにします。
  4. [UseAllowExtensions] が 1 に設定されている場合は、ファイルの下の方にある [AllowExtensions] セクションを探し、.asp、.cer、.cdx、および .asa をそれぞれ別の行として追加します。
  5. Urlscan.ini ファイルを保存して IIS を再起動します。
: エクストラネット環境で SharePoint Portal Server を使用している場合は、セカンダリ仮想ディレクトリにも上記の手順を実行する必要があります。

プロパティ

文書番号: 309675 - 最終更新日: 2014年1月30日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SharePoint Portal Server 2001
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbprb KB309675
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com