Exchange 2000 および Exchange 2003 における監視と状態のトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 310315 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Exchange 2000 の監視と Exchange 2003 の監視の設定方法、および Exchange 2000 の監視と Exchange 2003 の監視に関する問題のトラブルシューティング方法について説明します。該当するサーバー自体で監視を行うよりも、組織内にある別の Exchange サーバーから監視通知を構成することをお勧めします。Exchange サーバーの状態が通知を送信する必要のある状態に変わったとき、そのサーバー自体で監視を行っていると、Exchange サービスに関連するサービスの停止が原因で状態が変わった場合、メッセージを正常に配信できないことがあります。Exchange サーバーに適切なアクセス許可が設定されていない場合、サーバーの状態は "到達不能" になります。

Exchange システム マネージャを使用して、ローカル コンピュータ アカウント (Exchange システム アカウント) に最低限必要なアクセス許可を設定します。最低限必要なアクセス許可は、サーバー オブジェクトに対する [Send As] の権限です。

: このアカウントまたはこのアカウントを含むグループで明示的な拒否のアクセス許可が設定されていないことを確認してください。

詳細

Exchange 2000 の監視および Exchange 2003 の監視の設定

Exchange 2000 の監視および Exchange 2003 の監視を設定するには、次の手順を実行します。
  1. Exchange システム マネージャを起動し、監視対象のサーバーを探して、サーバーのプロパティを開き、[監視] タブをクリックします。
  2. 監視対象の項目を選択して [詳細] をクリックし、監視で対応する状態 ([警告] または [重大]) を選択し、[OK] をクリックします。[適用] をクリックして、[OK] をクリックします。
  3. Exchange システム マネージャで、[ツール] の [監視および状態] をクリックします。
  4. [通知] フォルダを右クリックし、[新規作成] をポイントして、[スクリプトによる通知] または [電子メールによる通知] をクリックします。必要な情報をすべて入力します。
  5. [監視対象のアイテムが次の状態のとき通知する] ボックスの値が、手順 2. で設定した状態と同じであることを確認します。異なる場合、通知はまったく送信されません。[適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

Exchange 2000 の監視および Exchange 2003 の監視のトラブルシューティング

Microsoft Exchange System Attendant は、監視および状態を処理するコンポーネントです。組織内にあるコネクタおよびサーバーはすべて、[監視および状態] の [状態] に表示されます。これらのオブジェクトの状態には、[使用可能]、[重大]、[警告]、[到達不能]、[不明] があります。サーバー オブジェクトに関して監視対象として追加できるのは以下のリソースです。
  • 仮想メモリの空き容量
  • CPU 使用率
  • ディスクの空き領域
  • SMTP キューの増加率
  • Windows 2000 サービス
  • X.400 キューの増加率
サーバー上で保守を行うときは、監視を無効にすることをお勧めします。監視を無効にするには、[状態] でサーバー オブジェクトのプロパティを開き、[このサーバーの監視をすべて無効にする] チェック ボックスをオンにします。
スクリプトによる通知が機能しない場合は、Microsoft Windows ユーザー インターフェイス (UI) またはユーザー操作の必要な処理がスクリプトによって発生していないことを確認します。次の例のように、テキスト文字列を .txt ファイルに送信します。
net time>>c:\notify.txt
電子メールによる通知が機能しない場合は、スクリプトによる通知を試して、通知が機能していることを確認します。

スクリプトによる通知を試した後に、次の手順を実行します。
  • Windows Management Instrumentation サービスの有無を確認します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] (または [すべてのプログラム])、[管理ツール] を順にポイントして、[サービス] をクリックします。
    2. Windows Management Instrumentation サービスが存在することを確認します。Windows Management Instrumentation サービスが存在しない場合は、オペレーティング システムに問題があります。
  • ログ ファイルを表示します。

    1. デスクトップの [マイ コンピュータ] を右クリックし、[管理] をクリックします。
    2. [サービスとアプリケーション] を展開します。
    3. [WMI コントロール] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。次のメッセージが表示されます。
      正常に接続しました: <ローカル コンピュータ>
    4. [WMI コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。[ログの収集] タブをクリックし、ログ レベルを [詳細] に設定して、ログ ファイルの場所を確認します。通常は次の場所です。
      %systemroot%\system32\wbem\logs
    5. スクリプトによる通知と電子メールによる通知の両方で、イベントを再度発生させます。スクリプトによる通知が機能し、電子メールによる通知が機能しない場合は、エクスプローラで WMI ログ フォルダを探して、Wbemess.log ファイルを開きます。このファイルには、Windows Management Instrumentation (WMI) が実行しようとした処理に関する情報と、エラー メッセージが含まれます。
    次のような SMTP リターン コード 550 を含むテキストが表示される場合は、SMTP 仮想サーバー上の SMTP 中継に問題がある可能性があります。
    Consumer provider SMTPEventConsumer does not support IWbemUnboundObjectSink: error code 80004002
    SMTP command "VRFY mytestmbx@flaphead.net
    " returned 550
    Unable to send message: 0xFFFFFFFF
    この問題を解決するには、telnet を使用して Exchange 2000 SMTP 仮想サーバーまたは Exchange 2003 SMTP 仮想サーバーに接続し、テスト メッセージを送信します。中継に問題がある場合は、次のメッセージが表示されます。
    550: 5.7.1 Unable to relay for ....
    この問題を解決するには、Exchange 2000 SMTP 仮想サーバーまたは Exchange 2003 SMTP 仮想サーバーの Exchange システム マネージャで、[中継の制限] ダイアログ ボックスの中継の設定を [以下のリストに含まれるコンピュータ以外のすべて] に変更します。

    この変更は、SMTP 仮想サーバー上で SMTP 中継の問題を解決する場合にのみ行ってください。すべてのサーバーで中継を可能にするとセキュリティ ホールが発生する可能性があるため、必要な場合以外はすべてのサーバーで中継を可能にすることは避けてください。

    最善の解決方法 (この変更で問題が修正できた場合) は、監視に使用しているサーバーにローカル サーバーの TCP/IP アドレスを追加して、SMTP を使用したメール送信を可能にすることです。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 310315 (最終更新日 2003-10-09) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 310315 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto KB310315
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com