[OFF97] Office 97 で推奨されるマクロ セキュリティ設定

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 310365 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP310365
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料は Office 97 を使用しているユーザーがコンピューターを安全に使用するためのポリシーについて説明しています。


詳細

Office 97 には、マクロ ウイルスから完全に保護するためのセキュリティ アーキテクチャが存在しません。Office 97 に含まれるセキュリティは、開発された当時の最新の技術でしたが、その後デジタル署名テクノロジなどの大きな進歩があり、現在は当時とは大きく異なっています。また、マクロ ウイルスの作者の手口も以前より巧妙化しています。これらのことからマイクロソフトでは、Office プログラムのセキュリティを必要とするユーザーに対して Microsoft Office 2000 または Microsoft Office XP にアップグレードすることを推奨しています。両バージョンとも、より徹底的にマクロ ウイルスから保護するためのセキュリティ アーキテクチャが装備されています。よりセキュリティの高いバージョンの Office にアップグレードすることができないユーザーの場合、マイクロソフトでは最新のウイルス チェック ソフトウェアを使用し、コンピュータを安全に使用するためのポリシーに従うことを推奨します。そのためのポリシーは次のとおりです。

  • 常に最新のセキュリティ アップデートをインストールする。
  • マクロ ウイルスからの保護を常に オン にする。マクロ ウイルスからの保護を オン にするには、以下の手順を実行します。

    手順
    1. Microsoft Excel 97 を起動します。
    2. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[全般] タブをクリックします。
    3. [マクロ ウイルス から保護する] チェック ボックスを オン にします。
    4. 各 Office 97 プログラムについて、手順 1. から 3. を繰り返します。
    マクロ ウイルスからの保護をオンにすると、Microsoft Visual Basic for Applications (以下、VBA) マクロが含まれているファイルのマクロを有効または無効にするためのダイアログ ボックスが表示されます。

    注意 : Excel 4.0 マクロ言語で記述されているウイルスは、マクロ ウイルスからの保護を オン にしても保護することはできません。

  • マクロ ウイルスからの保護を オン にするには、以下の手順を実行します。必要がない場合は VBA を無効にします。Office プログラムの中で動作する VBA マクロが実行されないようにする唯一の方法は、VBA を無効にすることです。VBA マクロを完全に無効にするには、以下の手順を実行します。

    手順
    1. コンピュータの中から VBA332.dll ファイルが置かれている場所を探します。
    2. VBA332.dll ファイルを削除するか、または名前を変更し、Office プログラムから DLL を利用できないようにします。
    注意 : このファイルを完全に削除すると、Microsoft Access が動作しなくなります。また、Analysis Toolpak などのビルトイン アドイン、および Excel のユーザー定義関数も使用できなくなります。他にも、Office を起動すると VBA に関連したエラーが多数発生しますが、VBA に関連しない使用方法に関しては一般に影響はありません。

  • マクロ ウイルスからの保護を オン にするには、以下の手順を実行します。Office 97 がインストールされているコンピュータでは、ファイル タイプが Office のファイルを電子メールに添付しないようブロックする。
    Microsoft Exchange が実行されているサーバーを使用している場合は、Office 97 を実行しているコンピュータで、電子メール メッセージに添付される Office ファイル タイプをブロックすることができます。これを実行することによって、セキュリティ上問題のあるプログラムを使用していても、添付ファイルを開くときにウイルスの拡散を防ぐことができます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 310365 (最終更新日 2001-10-15) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 310365 - 最終更新日: 2004年6月15日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 97 Standard Edition
キーワード:?
97 kbinfo office セキュリティ マクロ KB310365
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com