[HOW TO] Internet Explorer 6 のコンテンツ アドバイザを使用して Web サイトへのアクセスを制限する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 310401 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP310401
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Internet Explorer 6.0 のコンテンツ アドバイザを使用して Web サイトへのアクセスを制限する方法について、手順を追って説明します。Internet Explorer を構成して、ユーザーがブラウザで参照できるコンテンツの種類を制御することができます。

コンテンツを制御するには、2 つの方法があります。1 つはコンテンツ規制システムを使用する方法、もう 1 つは Web サイトを指定する方法です。コンテンツ規制システムの管理は独立した組織が行っています。Internet Explorer では、デフォルトで Internet Content Ratings Association が定める規制が使用されます。

コンテンツ アドバイザ機能を有効にする

  1. Internet Explorer で、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [コンテンツ] タブをクリックします。
  3. [コンテンツ アドバイザ] の下の [有効にする] をクリックして、[コンテンツ アドバイザ] ダイアログ ボックスを開きます。

    : この規制システムが正常に機能するには、Web ページの作成者自身が規制レベルを設定している必要があります。作成者が好ましくないコンテンツを公開し、そのページの規制レベルが通知されるようにしていない場合、そのページは、内容にかかわらずコンテンツ アドバイザでブロックされます。ただし、規制レベルが設定されていない Web サイトをユーザーが参照できるように設定を変更することができます。また、規制されたコンテンツを表示するためのパスワードを作成することもできます。このような場合には、承認済みサイトの機能も役立ちます。
  4. 規制を有効にするには、[コンテンツ アドバイザ] ダイアログ ボックスの [規制] タブをクリックします。好ましくないコンテンツの各カテゴリについて、スライダのつまみを動かして適切なレベルに設定し、[OK] をクリックします。

アクセスできる Web サイトを指定する

  1. [コンテンツ アドバイザ] ダイアログ ボックスの [承認したサイト] タブをクリックします。
  2. [次の Web サイトを承認する] ボックスに、ブロックまたは承認する Web サイトのアドレスを入力します。
  3. Web サイトの表示を許可する場合は、[する] をクリックします。Web サイトをブロックする場合は、[しない] をクリックします。[承認済みおよび未承認の Web サイトの一覧] ボックスに、サイトのエントリが作成されます。
  4. 一覧から Web サイトを削除するには、[承認済みおよび未承認の Web サイトの一覧] ボックスの一覧で削除する Web サイトをクリックし、[削除] をクリックします。

スーパバイザ パスワードを作成する

  1. [コンテンツ アドバイザ] ダイアログ ボックスの [全般] タブをクリックします。
  2. [スーパバイザ パスワード] の下の [パスワードの作成] をクリックします。
  3. [スーパバイザ パスワードの設定] ダイアログ ボックスで、[パスワード] ボックスと [パスワードの確認入力] ボックスの両方にパスワードを入力します。
  4. [ヒント] ボックスに、パスワードのヒントを入力します。パスワードを忘れた場合は、パスワードを思い出す手掛かりとしてこのヒントを使用できます。

トラブルシューティング

  • コンテンツ アドバイザを有効にすると、規制レベルが設定されていない Web サイトもブロックされるようになります。この設定を変更するには、[コンテンツ アドバイザ] ダイアログ ボックスの [全般] タブの [規制されていないサイトを表示する] チェック ボックスをオンにします。
  • Web サイトがコンテンツ アドバイザによってブロックされると、そのことを示すダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。デフォルトでは、スーパバイザ パスワードを知っているユーザーがパスワードを入力すると、この設定を変更できます。設定を変更できないようにするには、[コンテンツ アドバイザ] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、[スーパバイザ パスワードを入力し、規制されているコンテンツを表示する] チェック ボックスをオフにします。




関連情報

Internet Content Ratings Association の詳細については、[コンテンツ アドバイザ] ダイアログ ボックスの [規制] タブの [詳細情報] をクリックして、以下の Internet Content Ratings Association の Web サイトを参照してください。
http://www.rsac.org
: 1999 年に Recreational Software Advisory Council (RSAC) は新しい組織 Internet Content Rating Association (ICRA) に改編されました。詳細については、次の Web サイトを参照してください。
http://www.icra.org/

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 310401 (最終更新日 2003-12-05) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 310401 - 最終更新日: 2005年8月16日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
    • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition
    • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Media Center Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
    • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
    • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
    • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
    • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbhowtomaster KB310401
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com