Windows 2000 の通知領域から項目を削除する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 310429 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP310429
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、通知領域から項目を削除する方法について手順を追って説明します。通知領域は、"システム トレイ" と呼ばれることがよくありますが、これは正しい名称ではありません。多くのソフトウェア会社では、製品にアクセスしやすくする (見つけやすくする) ことを目的として、通知領域にアイコンが表示されるようにプログラムを設計しています。通知領域のアイコンは、プログラムにアクセスして制御するための便利な方法ですが、これらのアイコンの中には使用されないものもあり、結果として通知領域を無駄に占有することがあります。

ホスト プログラムをバックグラウンドで実行しながら通知アイコンを非表示にする方法

通知領域で制御できる多くのプログラムでは、実際のプログラムを停止しなくても通知アイコンを非表示にできます。一般的な 3 つの例として、システム時計、ボリューム コントロール、およびネットワーク状態が挙げられます。
  • 通知領域に時計が表示されないようにするには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[タスク バーと [スタート] メニュー] をクリックします。
    2. [時計を表示] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
  • 通知領域にネットワーク接続アイコンが表示されないようにするには、次の手順を実行します。
    1. [マイ ネットワーク] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    2. ネットワーク接続を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
    3. [接続時にタスク バーにアイコンを表示する] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
  • 通知領域にボリューム コントロールが表示されないようにするには、次の手順を実行します。
    1. コントロール パネルの [サウンドとマルチメディア] ツールをダブルクリックします。
    2. [サウンド] タブの [音量] の下の [タスク バーにボリューム コントロールを表示する] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

通知領域のプログラムを終了する方法

プログラムの中には、メイン プログラムを終了した後にも通知領域のプログラムを実行し続けるもの (メッセージング プログラムなど) があります。このような場合、通知領域のプログラムに組み込まれている終了コマンドを使用するか、タスク マネージャでプロセスを終了することによって、通知領域のプログラムを終了する必要があります。

通知アイコンを使用して通知領域のプログラムを終了するには、次の手順を実行します。
  1. 削除する通知アイコンを右クリックします。
  2. メニューが表示されたら、[終了] または [閉じる] をクリックします
: メイン プログラムを終了した後も通知領域のプログラムが引き続き実行され、通知アイコンを使用しても通知領域のプログラムを終了することができない場合は、タスク マネージャで通知領域のプログラムを終了することができます。

タスク マネージャを使用して通知領域のプログラムを終了するには、次の手順を実行します。
  1. Ctrl + Alt + Del キーを押し、[タスク マネージャ] をクリックします。
  2. [プロセス] タブで、終了するプログラムのプロセス名をクリックして、[プロセスの終了] をクリックします。

    : 終了するプログラムがどの .exe ファイルで実行されているのかが不明な場合は、プログラムの製造元に問い合わせてください。
  3. タスク マネージャを終了します。プログラムのアイコンが通知領域に表示されなくなります。

Windows の起動時にプログラムが自動的に起動しないようにする方法

通知アイコンを使用するプログラムの中には、Windows の起動時に自動的に起動するものがあります。Windows の起動時にプログラムが自動的に起動しないようにするには、次のいずれかの方法を使用します。

プログラムの [オプション] または [設定] メニュー (コマンド) を使用するには、以下の手順を実行します。

  1. プログラムにメニュー バーがある場合、メニューを調べて、[オプション] または [設定] コマンドが存在するかどうかを確認します。存在する場合は、そのコマンドをクリックします。
  2. さまざまな設定を見て、Windows の起動時に自動的にプログラムが起動しないようにする方法があるかどうかを調べます。該当する設定が存在する場合は、その設定を有効にします。
  3. アプリケーションを終了します。
スタートアップ フォルダからプログラムのショートカットを削除するには、以下の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして、[スタートアップ] をポイントします。
  2. 対象となるプログラムのショートカットを右クリックし、[削除] をクリックします。
レジストリからプログラムに関連付けられている文字列を削除するには、以下の手順を実行します。

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
レジストリ エディタ (Regedt32.exe) を使用し、レジストリの次のキーを見つけて、クリックします。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
プログラムが詳細ウィンドウ (右側) に表示されている場合、プログラムを右クリックし、[削除] をクリックします。レジストリ エディタを終了します。

プロパティ

文書番号: 310429 - 最終更新日: 2007年2月20日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbhowtomaster kbenv kbui KB310429
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com