OL2000: 電子メールとの通信: その 2: メッセージを作成します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 310484 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で説明情報はによって提供されます: Microsoft Press

この資料は 13 個の記事を Outlook 2000 を使用して電子メール経由で通信する方法を説明する一連の第 2 部です。 一連の他の資料を参照するには、この資料の後半の「その他のリソース」を参照してください。

この情報は、 Microsoft Outlook 2000 でリンクのコース 帳、第 3 章からの抜粋です:"電子メールで通信します。

詳細

メッセージの作成

Outlook では、両方送受信する電子メールの受信トレイ内。 演習送信側の方程式の最初です。 デモのために、アラーム メッセージを自分でが表内のぬいぐるみ Outlook を通常使用することの電子メールを電子メールではなくアラーム、この種のメモまたはタスクのコンポーネント。 例では、内部メールは、使用してがインターネット電子メールを使用している場合必要がありますなしに沿って難易度以下。

たとえば、クライアントとのミーティングを計画しているし、最初明日朝、会議室予約の確認をすることを通知すます。 次の手順を実行します。

元に戻す画像を拡大する
 Picture of the
		  New Mail Message Button

新しいメッセージ] ボタン
  1. 新しいメッセージ </a0> をクリックして、メッセージ ウィンドウを表示するツールバーのします。

    元に戻す画像を拡大する
     Picture of blank
				mail message
    メッセージの形式

    メッセージのいずれかの 3 つの形式で送信できます。 メッセージの受信者が電子メール プログラムがわからないときに使用する、書式なしテキストは、最も簡単なのです。 Outlook リッチ テキスト形式書式設定、テキストを処理できるあり、他の Outlook ユーザーにメッセージを送信する使用することができます。 HTML 形式より複雑な書式設定を処理できますが、一部の電子メール プログラムによって解釈されることはできません。 指定する既定の形式には、[、[ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックしての メール形式 [タブから選択して、 このメッセージの送信形式 ドロップダウン リスト。 特定のメッセージの形式を変更するには、関連するコマンドを [ 書式 ] メニューの [選択します。
  2. エディット ボックス 、[自分の電子メール アドレスを入力します。 (代わりに他のユーザーにメッセージを送信するには、自分アドレス入力します。 同じメッセージを複数の人に送信後、そのアドレス 1 を入力するセミコロンで区切って)。 [Tab キーを次のボックスに移動します。
  3. 丁寧、メッセージのコピーを送信するには、受信者の名前を CC エディット ボックスに入力できます。 このメッセージで、 CC エディット ボックスを空欄を Tab キーを押してします。
  4. 次の種類、 件名 会議室予約の確認 は、ボックスを編集し、Tab キーを押しています。
  5. ウィンドウの下部に空白領域に、メッセージそのものを入力します。 次の入力: 会議で確認部屋 B 予約します。 これは、は 2 時間は午後 1 時予約されます。 オーバーヘッド プロジェクターが up. に設定されて確認 次のウィンドウ今すぐようになります。

    元に戻す画像を拡大する
     Picture of typed message
    メッセージのオプション

    新しいメッセージを作成、するときにオプションをメッセージ ウィンドウのツールバー のオプション ] をクリックして設定できます。 [ メッセージの設定 ] セクションで、メッセージの重要性と機密性のレベルを指定します。 指定する重要度のレベル高表示として感嘆符を指定してメッセージのヘッダーになります。 (] をクリックして、重要度レベルを設定することもできます、 (重要度: 高 または (重要度: 低 ツールバーのボタン)。 秘密度のレベルを 標準 個人用 プライベート 、または 社外秘 設定できます。 [ セキュリティ </a0>] の内容と添付の暗号化 メッセージの内容をその受信者によってのみ読みやすくして デジタル署名の追加 、メッセージの送信者がしたことを確認の選択] をクリックします。 (セキュリティ; を実装するデジタル ID をするヘルプ機能を表示します)。 [ 返信、および確認オプション </a0>] オプション (次のページで、ポップ ヒントを参照) を投票を設定し、通知オプション指定します。 [ 配信オプション ] セクションで、返信と、送信メッセージの場所を指定し、配信する日時と、メッセージの有効期限設定します。 (メッセージ削除ない場合はこの日付によって開かれたです。) このタブを割り当てるメッセージをカテゴリ の分類項目 ] をクリックして選択をします。
    元に戻す画像を拡大する
    
				Picture of the Send button

    [送信] ボタン
  6. メッセージを 送信 ] ボタンをクリックして送信します。 Outlook では、メッセージ ウィンドウを閉じは 2 つのいずれか。
    • 電子メール サーバーに接続している場合 Outlook の [送信トレイ] に、メッセージを転送し、サーバーに送信します。 受信者へのメッセージを送信します。 ここでは、送信メッセージに戻る エディット ボックスが自分の電子メール アドレスのためします。
    • 電子メール サーバーに接続していない場合、メッセージまでを次の接続が行われるまで、送信トレイに保存します。
      元に戻す画像を拡大する
      
					 Picture of the Outbox icon

      [送信トレイのアイコン
  7. 後者のグループでは場合、は、メッセージが、ワークスペースに内容を表示する Outlook バーの [ 自分のショートカット ボタンをクリックし、 [送信トレイ] アイコンをクリックしてで送信まで待機することを確認します。 受信トレイの内容を再表示、Outlook へのショートカット グループを表示して、 Outlook バーの [ 受信トレイ アイコンをクリックします。

    署名を追加します。

    名前、役職、会社名、またはスローガン、すべてのメッセージの末尾に自動的に追加などの情報に署名を作成できます。 (回避 cutesy の画像または sayings が簡単ではなく tiresome よう。) オプション は、[ ツール ] メニューの [クリックします。 [ メール形式 ] タブで、クリックして、 署名の選択 して、[ 新規作成 ] をクリックします。 署名の名を入力し、[ 次へ ] をクリックするには。 [テキスト ボックスに、情報を入力、[、書式を設定し、 [完了] をクリックします。 [ 署名の選択 ] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックして、既定、署名を検証して OK] をクリックします。 メッセージの種類の異なる署名を設定することができます。 特定メッセージの既定の署名を変更する [ 署名 ] ボタンをクリックし、必要、項目を選択します。

    仮想の名刺 (vcards) を使用します。

    渡すこと、連絡先の連絡先カードの情報に仮想の名刺、または vcard に電子メールでできます。 最初の連絡先] の内容を表示して、取引先担当者に渡すし情報を選択します。 前方に Vcard を [ アクション ] メニューの [取引先担当者のアイコンの付いたメッセージ ウィンドウが表示されます。 受信者を入力し、件名の情報、通常どおり、メッセージを入力し、その方法で送信します。 取引先担当者のアドレス カードを表示を任意の追加情報を追加し 保存して閉じる 情報が自分の連絡先リストに保存するをクリックしてアイコンをダブルクリックがメッセージを開いた人をします。

    投票

    会社ピクニックの会場に責任者の選挙から何かについて、仕事仲間から入力を取得する返信ボタンによる電子メール メッセージを送信できます。 新しいメッセージ ウィンドウを表示し、ツールバーの [ オプション ] ボタンを実行します。 返信、および追跡オプション 投票ボタンを使う チェック ボックスをクリックして] セクション、し、矢印返信ボタン名を選択、編集ボックスの右側をクリックします。 独自の名前を使用するには、[、編集ボックスに入力、セミコロンで区切る。 閉じる をクリックやし、メッセージを送信します。 メッセージが開封されたとき、返信ボタン、ウィンドウの上部に表示します。 受信者は、目的のクリックし、編集の有無、応答を送信します。

その他のリソース

詳細についてはをクリック資料以下の記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
307377OL2000: 電子メールとの通信: その 1: 受信トレイを使用して
310485OL2000: 電子メールとの通信: その 3: メッセージをすばやくアドレス指定
310486OL2000: 電子メールとの通信: その 4: メッセージにファイルの追加
310491OL2000: 電子メールとの通信: その 5: 送信とメッセージの取得
310487OL2000: 電子メールとの通信: その 6: メッセージに返信
310488OL2000: 電子メールとの通信: その 7: メッセージを転送します。
310489OL2000: 電子メールとの通信: その 8: メッセージを削除します。
307438OL2000: 電子メールとの通信: その 9: メッセージを整理します。
310580OL2000: 電子メールとの通信: その 11: フォルダーの使用
310581OL2000: 電子メールとの通信: その 12: メッセージを移動します。
310582OL2000: 電子メールとの通信: その 13: 自動仕訳ウィザードを使ってメッセージを整理します。

関連情報

この資料の情報は、Microsoft によって発行された Microsoft Outlook 2000 でリンクのコース 帳から抜粋です。

元に戻す画像を拡大する
Picture
		  of Quick Course book

http://www.microsoft.com/mspress/books/4556.aspx


このパブリケーションと他のマイクロソフトのプレス タイトルの詳細については、
http://www.microsoft.com/mspress/books/4556.aspx
.

プロパティ

文書番号: 310484 - 最終更新日: 2007年8月31日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
  • Microsoft Outlook 2000 Service Pack 1
キーワード:?
kbhowto kbmt KB310484 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:310484
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com