Windows XP で管理警告を設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 310490 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP310490
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Windows XP で管理警告を設定する方法について説明します。警告を作成して、コンピュータの問題に関する通知を受けることができます。コンピュータのパフォーマンス計測で問題が検出されると、作成した警告を使用して、メッセージの送信やプログラムの開始など、指定した操作が実行されます。この警告を使用して、ネットワーク ユーザーにサービスを提供するサーバーや、常に利用できる必要があるワークステーションなど、重要なコンピュータを監視できます。



詳細

警告を作成する

: この手順を実行するには、管理者または Administrators グループのメンバとしてログオンする必要があります。コンピュータがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシーの設定によって、この手順を実行できないことがあります。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに perfmon.msc と入力して、パフォーマンス スナップインを開きます。
  2. パフォーマンス スナップインで、コンソール ウィンドウの [パフォーマンス ログと警告] オブジェクトの横にある正符号 (+) をクリックします。オブジェクトが展開され、子オブジェクトが表示されます。
  3. 新しい警告を作成するには、コンソール ウィンドウの [警告] オブジェクトを右クリックし、[新しい警告の設定] をクリックします。警告の名前を入力し、[OK] をクリックします。
  4. [全般] タブで、必要に応じて警告の説明となるコメントを入力します。[カウンタ] の [追加] をクリックし、この警告で監視するパフォーマンス カウンタを指定します。
    1. ローカル コンピュータまたはリモート コンピュータを選択します。
    2. 使用するパフォーマンス オブジェクトを選択します。
    3. このパフォーマンス オブジェクトのすべてのカウンタを監視するには、[すべてのカウンタ] をクリックします。1 つまたは複数のカウンタを指定するには、各カウンタをクリックし、[追加] をクリックします。この操作を繰り返して、カウンタを追加します (カウンタの詳細情報を表示するには、カウンタをクリックし、[説明] をクリックします)。
    4. [閉じる] をクリックして、警告のプロパティに戻ります。
    5. 各カウンタについて、管理警告を起動する値を指定します。値の種類は、パフォーマンス オブジェクトによって異なります。
    6. 選択したカウンタの値に対するサンプル間隔を指定します。
    7. 自分以外のユーザーの場合は、監視を実行するユーザー名とパスワードを入力します。
  5. [操作] タブで、警告の種類を指定します。ログオンしたユーザーまたはコンピュータへのメッセージの送信、プログラム (警告音を呼び出すプログラムなど) の開始、またはその両方の操作を実行できます。[操作] タブのオプションを使用して、パフォーマンス イベントの詳細をログに書き込むように設定することもできます。
  6. [スケジュール] タブで、カウンタの監視を開始する時刻と監視の継続時間を指定します。


関連情報

STOP エラーの発生時に、トリガされた管理警告を作成する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307973 Windows でシステム障害と回復のオプションを構成する方法

プロパティ

文書番号: 310490 - 最終更新日: 2006年1月24日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster KB310490
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com