Windows XP での FAT32 ファイル システムについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 310525 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP310525
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows XP に含まれている FAT32 ファイル システムについて説明します。

詳細

Windows XP には、FAT32 と呼ばれる新しいバージョンの FAT ファイル システムが含まれています。FAT32 ファイル システムでは、デフォルトで 4 KB と小さいクラスタ サイズが使用され、2 GB を超えるサイズの EIDE ハード ディスクがサポートされています。

次の点に注意してください。
  • FAT32 ファイル システムは、Microsoft Windows 2000、Windows Millennium Edition、Windows 98、および Windows 95 OSR2 でもサポートされています。
  • Microsoft Windows NT 4.0 は FAT32 ファイル システムをサポートしていません。

    Windows NT 4.0 でサポートされているファイル システムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    100108 FAT、HPFS、NTFS ファイル システムについて

FAT32 の特徴

FAT32 では、以前の FAT ファイル システムに対して以下のような拡張機能が提供されています。
  • 最大 2 TB (テラバイト) までのドライブをサポートしています。
  • 領域の使用効率が高くなっています。使用するクラスタがより小さい (8 GB までのドライブでは 4 KB のクラスタを使用する) ため、大容量の FAT または FAT16 ドライブに比べて、ディスク領域の使用効率が 10 〜 15% 向上しています。
  • 堅牢性が向上しています。FAT32 では、ルート フォルダの再配置が可能であり、ファイル アロケーション テーブルのデフォルトのコピーではなくバックアップ コピーを使用することができます。また、FAT32 ドライブのブート レコードは、重要なデータ構造のバックアップ コピーを格納するように拡張されています。このため、FAT32 ドライブは、既存の FAT16 ドライブに比べて、単一点での障害の影響を受けにくくなっています。
  • 柔軟性が向上しています。FAT32 ドライブ上のルート フォルダは、通常のクラスタ チェーンになっているため、ドライブ上の任意の場所に配置できます。ルート フォルダのエントリ数に関する制限もなくなっています。また、ファイル アロケーション テーブルのミラーリングを無効にして、ファイル アロケーション テーブルの最初のコピー以外のコピーをアクティブにすることができます。これらの機能によって、FAT32 パーティションの動的なサイズ変更が可能になります。

FAT32 の互換性について

FAT32 は、既存のプログラム、ネットワーク、およびデバイス ドライバとの互換性を最大限に保つため、既存の Windows アーキテクチャ、内部データ構造、API (Application Programming Interfaces)、およびディスク上のフォーマットへの変更を最小限に抑えて実装されています。ただし、クラスタ値の保存に 4 バイトが必要なため、内部データ構造、ディスク上のデータ構造、および公開 API の多くが更新または拡張されています。場合によっては、既存の API が FAT32 ドライブ上で動作しないこともあります。大部分のプログラムは、これらの変更の影響を受けることはありません。既存のツールおよびドライバは、通常、FAT32 ドライブ上でも動作します。ただし、MS-DOS ブロック デバイス ドライバ (Aspidisk.sys など) およびディスク ツールは、FAT32 ドライブをサポートするように更新する必要があります。

マイクロソフトによってバンドルされているディスク ツールは、すべて FAT32 で動作するように更新されています。また、マイクロソフトでは、主要なデバイス ドライバおよびディスク ツールの製造元と協力して、製品の FAT32 サポートを支援しています。

: FAT32 ボリュームは、Microsoft DriveSpace または DriveSpace 3 を使用して圧縮できません。

デュアルブート コンピュータ

Windows XP、Windows 2000、Windows Me、Windows 98、および Windows 95 OSR2 は、FAT32 ボリュームにアクセスできます。MS-DOS、Windows 95 の初期バージョン、および Windows NT 4.0 は、FAT32 パーティションを認識せず、FAT32 ボリュームから起動できません。また、コンピュータが別のオペレーティング システム (Windows 95 または MS-DOS の起動ディスクなど) を使用して起動されている場合には、FAT32 ボリュームに正しくアクセスできません。

FAT32 ボリュームの作成

Windows XP のディスクの管理スナップインは、ハード ディスクとそれに含まれるボリュームまたはパーティションを管理するためのツールです。新しい FAT32 ボリュームを作成したり、既存のボリュームを FAT32 ファイル システムにフォーマットしたりする際には、このツールを使用します。ベーシック ボリュームおよびダイナミック ボリュームを FAT32 にフォーマットすることも可能です。

FAT32 パーティションまたは論理ドライブの作成

Windows XP で新しい FAT32 パーティションまたは論理ドライブを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. Administrator または Administrators グループのメンバとしてログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] を右クリックして、[管理] をクリックします。
  3. コンソール ツリーで、[ディスクの管理] をクリックします。
  4. [ディスクの管理] ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。
    • 新しいパーティションを作成するには、パーティションを作成するベーシック ディスク上の未割り当て領域を右クリックし、[新しいパーティション] をクリックします。

      または
    • 拡張パーティションに新しい論理ドライブを作成するには、論理ドライブを作成する拡張パーティション上の空き領域を右クリックし、[新しい論理ドライブ] をクリックします。
  5. 新しいパーティション ウィザードで、[次へ] をクリックします。
  6. 作成するパーティションの種類 ([プライマリ パーティション]、[拡張パーティション]、または [論理ドライブ]) をクリックし、[次へ] をクリックします。
  7. [パーティション サイズ (MB)] ボックスにパーティションのサイズを指定し、[次へ] をクリックします。
  8. 新しいパーティションまたは論理ドライブにドライブ文字またはドライブ パスを割り当て、[次へ] をクリックします。
  9. [このパーティションを以下の設定でフォーマットする] をクリックし、以下の手順を実行します。
    • [ファイル システム] ボックスの一覧の [FAT32] をクリックします。
    • [ボリューム ラベル] ボックスにボリューム名を入力します。

      必要に応じて、ディスクのアロケーション ユニットのサイズ変更やクイック フォーマットを行うかどうかの指定も可能です。
  10. [次へ] をクリックします。
  11. 選択したオプションが正しいことを確認し、[完了] をクリックします。
新しいパーティションまたは論理ドライブが作成され、[ディスクの管理] ウィンドウの該当するベーシック ディスクの中に表示されます。

既存のボリュームを FAT32 にフォーマットする

ボリュームをフォーマットするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] を右クリックして、[管理] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、[ディスクの管理] をクリックします。
  3. [ディスクの管理] ウィンドウで、フォーマット (または再フォーマット) するボリュームを右クリックし、[フォーマット] をクリックします。
  4. [フォーマット] ダイアログ ボックスで以下の手順を実行します。
    • [ファイル システム] ボックスの一覧の [FAT32] をクリックします。
    • [ボリューム ラベル] ボックスにボリューム名を入力します。

      必要に応じて、ディスクのアロケーション ユニットのサイズ変更やクイック フォーマットを行うかどうかの指定も可能です。
    [OK] をクリックします。

  5. ボリュームをフォーマットするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
フォーマット処理が開始されます。

サポート範囲

FAT32 ボリューム上にインストールできない、または FAT32 ボリューム上でのファイルの保存や読み取りが正しく行われないレガシ (古い) プログラムについては、プログラムの製造元にお問い合わせください。

: FAT32 ファイル システムでは、最大 2 TB (テラバイト) までのハード ディスクをサポートしていますが、一部のハード ディスクでは、コンピュータの BIOS (Basic Input/Output System) の INT13 インターフェイスの制限により、7.8 GB を超えるブート可能なパーティションを作成できません。ハードウェアの製造元に問い合わせて、コンピュータの BIOS が新しい INT13 拡張をサポートしているかどうかを確認してください。

関連情報

FAT16 および FAT32 ファイル システムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
184006 Windows 2000 の FAT32 ファイル システムの制限
310561 WinXPでFAT16ファイルシステムを使用した場合のパーティションの最大容量
FAT16 または FAT32 のボリュームを NTFS に変換する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307881 Windows XP で FAT16 または FAT32 ボリュームを NTFS ファイル システムに変換する方法
140365 [NT]FAT および NTFS のデフォルトのクラスタサイズ
ダイナミック ディスク記憶域およびベーシック ディスク記憶域の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
175761 Windows 2000 と Windows XP のダイナミック記憶域とベーシック記憶域
ディスクの管理の使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
309000 [HOW TO] Windows XP でディスクの管理を使用してベーシック ディスクを構成する方法
308424 [HOW TO] Windows XP でディスクの管理を使用してダイナミック ディスクを構成する方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 310525 (最終更新日 2004-01-14) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 310525 - 最終更新日: 2011年5月15日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbfilesystems kbenv kbinfo KB310525
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com