45 分以上経過するスタンバイ電源オプション プロファイルを設定すると、コンピューターがスタンバイ モードを入力できません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 310601 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP310601
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

コンピューターをスタンバイ状態が 45 分以上経過になるように電源オプション プロファイルを設定すると、コンピューターはスタンバイ状態 45 分以上経過入力可能性があります。

原因

この問題は、コンピューターが AC 電源で実行されていると、スタンバイ時間が 45 分後以上に設定されている場合に発生します。コンピューターが AC 電源で実行されていると、約 30 分間アイドル状態である場合は、Windows XP の Idle タスク スケジューラ サービスが、システム保守タスクを実行し、これらのタスクが実行されている間に System Idle カウンターをリセットします。システムのスタンバイ時間を 45 分後以上に設定する場合は、Idle タスク スケジューラ サービス 30 分を開始し、system idle カウンターをリセットします。このため、コンピューターがスタンバイ状態入力できません。

解決方法

この問題を解決するには、Windows XP 用の最新の service pack を入手します。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
322389 Windows XP の最新のサービス パックの入手方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用して下さい。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムはファイル属性が必要またはそれ以降。
   Date         Time    Version      Size     File name
   -------------------------------------------------------
   26-Nov-2001  13:59   5.1.2600.21  250,368  Mstask.dll
   26-Nov-2001  13:59   5.1.2600.21    9,728  Mstinit.exe
   26-Nov-2001  13:59   5.1.2600.21  158,720  Schedsvc.dll
   26-Nov-2001  13:50   5.1.2600.21  155,136  Srsvc.dll
				

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は Windows XP Service Pack 1 で最初に修正されました。

詳細

スタンバイ時間が 15 分以上の場合、この修正プログラムを適用した後、スタンバイ状態は約 15 分、3 日ごとに 1 回遅れています。Windows システムがアイドル状態で、AC 電源で実行されているときにいくつかのメンテナンス タスクをスケジュールします。アイドル タスクによっては、高い cpu 使用率、ディスク使用率、スタンバイ状態に入るに、遅延があります。

その他のサード パーティ製のプログラムとサービス システムのアイドル時に実行可能性があります。これらのプログラムおよびサービスは、10% の CPU やディスク使用量があります。スタンバイ状態に入るに遅延が発生します。

関連するトピックの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
899975Windows XP は、電源オプション プロファイルに構成された時間ちょうど後スタンバイを入力しません。


メモ Windows Vista を使用すると、電力消費やバッテリ寿命の問題のヘルプの次のマイクロソフト Web ページを参照してくださいすることができます。
消費電力は必要ですか、バッテリの寿命が短い場合の問題を修正します。
この修正プログラムの適用後、コンピューターを 15 分間のアイドル状態のときに、System Idle タスク スケジューラ サービスが開始されます。System Idle カウンターをリセットすることがなくタスクを完了する十分な時間がある場合、システム保守タスクをスケジュールします。

アイドル状態で、システムの System Idle タスク スケジューラ サービス監視します。システムとの最後の 10 分のアイドル状態と見なされます。
  • ユーザーの入力がありません。
  • CPU およびディスク使用率は 10% 未満です。
  • システムがバッテリ電源で実行されていません。
  • (スライド ショーやムービーの再生) などのプレゼンテーション プログラムが実行されていません。
これらのすべての条件に当てはまる場合は、サービス システム新しいシステム上での 3 分の 1 分ごとに実行されているタスクのスナップショットします。新しいタスクが実行されていない場合は、サービス、キュー内のタスクをスケジュールする準備ができました。システムがアイドル状態のときも実行できます。キュー内のタスクがある場合は、System Idle タスク スケジューラ サービスは、キュー内のタスクを実行します。System Idle タスク スケジューラ サービスは、System Idle カウンターを明示的に変更されません。

スケジュール タスクが実行される CPU およびディスク使用率の 10% 以上が長時間使用する場合は、カーネル モードの System Idle Detection スレッドはシステムがアイドル状態でないと、System Idle カウンターがゼロにリセットされますを決定します。スタンバイ状態に入るには遅延が発生します。

次のタスク キューに入れること、システムのアイドル時間中にスケジュール設定できます。
  • ディスク レイアウト タスク:

    コンピューターを起動すると、システムのアイドル時間に実行するタスク キューに入ります。System Idle タスク スケジューラ サービスを実行するには、このタスクをスケジュールする場合は、Windows のディスク レイアウト タスクが最後に実行されたときを決定するレジストリをチェックします。タスクの最後の 3 日間実行されないかどうかは、処理を続行します。それ以外の場合は、プロセスを終了します。プロセスを続行する場合は、したか多くの変更このタスクの実行、最後にからディスク レイアウトを指定します。32 のプロセス システムの作成後に、タスクを requeues します。レイアウトの大幅な変更を検索するには、シナリオ ファイルが Windows\Prefetch フォルダー内のファイルを検索します。これらのシナリオのファイルはプログラムの起動時およびコンピューターのスタートアップ中に使用されるファイルを示します。これらは、最適なディスクに配置するファイルです。プロセスを続行する場合は、ディスク レイアウトが更新されます。これに 10% を超える場合があります CPU やディスクの使用状況。使用率が高いになると、カーネル モードのシステム検出のアイドル状態のスレッドはこの変更を監視し、System Idle カウンターをリセットします。スタンバイ状態に入るに遅延が発生します。
  • システムの復元タスク
  • ヘルプ サービスおよびデータ収集タスク
Windows XP のパフォーマンスと信頼性を向上させるためには、メンテナンス タスクを自動的に完了するために設計されています。コンピューターの AC 電源がアイドル状態になると、Windows XP すぐにコンピューターの電源が入らない。代わりに、機会のシステムを数分間に実行する保守タスクを提供します。こうしたシステム保守タスクには、(高速起動などなど) のパフォーマンスと信頼性を向上させるのには、復元ポイントの自動システムの準備を向上させるためのディスク レイアウトの最適化が含まれます。これらの作業電源ダウン遅延することがなく (15 分以上のコンピューターをサスペンドする)。コンピューターがバッテリ電源で実行されている場合は、これらのタスクは実行されません。通常は、初めてコンピューターを起動後アイドル状態になったこれらのタスクを完了します。これらのタスクを支援するには、コンピューターのパフォーマンスと信頼性は、長時間使用した後も保持することを確認してください。

プロパティ

文書番号: 310601 - 最終更新日: 2012年12月16日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbautohotfix kbhotfixserver kbqfe kbbug kbenv kbfix kbsysadmin kbwinxpsp1fix kbmt KB310601 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:310601
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com