文書番号: 310637 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Windows XP のインストールでプロダクト キーを入力するとエラー メッセージが表示されます。

この資料では、この問題を解決して Windows XP をインストールできるようにするいくつかの方法を、手順を追って説明します。

この資料は初級レベルから中級レベルのコンピュータ ユーザーを対象にしています。
この資料を最初に印刷しておくと、手順を実行しやすい場合があります。

問題の現象

Microsoft Windows XP のインストール時に、以下のいずれかのエラー メッセージが表示されます。
入力したプロダクト キーは無効です。再試行してください。
この Windows をインストールするのに使用したプロダクト キーは無効です。直ちにシステム管理者か製品の販売者に連絡して有効なプロダクト キーを取得してください。また、購入したマイクロソフトのソフトウェアが不正にコピーされたものであると思われる場合は、マイクロソフト社の不正コピー対策室に piracy@microsoft.com 宛てで電子メールで連絡してください。不正コピー対策室に送られた個人情報はすべて厳重に守秘されます。

問題の解決方法

この問題の解決方法は 7 つあります。以下の 7 つの方法を記載されている順序で試してください。各方法では手順を追って説明しています。また、問題が解決されたかどうかを確認する方法についても説明します。

方法 1 : 正しいプロダクト キーを入力する

  1. 正しいプロダクト キーを入力し [OK] をクリックします。
  2. エラー メッセージが表示される場合は、テンキーの代わりにキーボードの数字キーを使用して正しいプロダクト キーを再度入力し、[OK] をクリックします。
  3. 引き続きエラー メッセージが表示される場合は、方法 2 に進みます。
: 正しいプロダクト キーが見つからない場合は、Microsoft Customer Support Services (CSS) に問い合わせてください。詳細を参照するには、以下のマイクロソフト Web サイトをクリックしてください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support

方法 2 : ウイルス対策ソフトウェアを無効にする

  1. ウイルス対策ソフトウェアを無効にします。

    : ウイルス対策ソフトウェアを無効にする方法の詳細については、ウイルス対策ソフトウェアに付属のマニュアルを参照するか、ウイルス対策ソフトウェアの製造元に問い合わせてください。
  2. コンピュータの BIOS (Basic Input/Output System) のウイルス対策設定を無効にします。

    : コンピュータの BIOS のウイルス対策設定を無効にする方法の詳細については、コンピュータに付属のマニュアルを参照するか、コンピュータの製造元に問い合わせてください。
  3. Windows XP を再インストールします。引き続きエラー メッセージが表示される場合は、方法 3 に進みます。

方法 3 : インストール CD およびハード ディスクの破損を確認する

  1. インストール CD に擦り傷やひびなどの破損がないかどうかを確認します。
  2. 破損している場合はインストール CD を交換します。
  3. ハード ディスクが破損していないかどうかを確認します。
  4. 破損している場合はハード ディスクを交換します。
  5. Windows XP を再インストールします。引き続きエラー メッセージが表示される場合は、方法 4 に進みます。

方法 4 : システムの日付が正しいことを確認する

  1. コンピュータの CMOS (Complementary Metal-Oxide Semiconductor) 設定内のシステムの日付が正しく設定されていることを確認します。

    : コンピュータの CMOS 設定でのシステムの日付の設定方法については、コンピュータに付属のマニュアルを参照するか、コンピュータの製造元に問い合わせてください。
  2. Windows XP を再インストールします。引き続きエラー メッセージが表示される場合は、方法 5 に進みます。

方法 5 : 追加のドライバを読み込まずに Windows を再起動する

  1. 追加のドライバを読み込まずに Windows を再起動します。これにより、クリーン インストールの環境になります。

    追加のドライバを読み込まずに Windows を起動する方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    192926 Windows 98 でクリーン ブート トラブルシューティングを実行する方法
    267288 Windows Millennium Edition でクリーン ブートを実行する方法
    310353 "クリーン ブート" 状態で起動するように Windows XP を構成する方法
  2. Windows XP を再インストールします。引き続きエラー メッセージが表示される場合は、方法 6 に進みます。

方法 6 : コマンド プロンプトから Windows XP をインストールする

手順 1 : Windows を MS-DOS モードで再起動する

Windows 95 または Windows 98
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[Windows の終了] をクリックします。
  2. [MS-DOS モードで再起動する] をクリックし、[OK] をクリックします。
Windows 2000 以降
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックします。
  2. 空のフロッピー ディスクをドライブ A に挿入し、フロッピー ドライブのアイコンを右クリックします。
  3. [フォーマット] をクリックし、[MS-DOS の起動ディスクを作成する] チェック ボックスをオンにします。
  4. [フォーマット] ダイアログ ボックスの [開始] をクリックし [OK] をクリックします。
  5. ディスクのフォーマットが完了したら [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
  6. コンピュータを再起動します。

手順 2 : Windows XP をインストールする

  1. コンピュータを再起動したら、コマンド プロンプトで Drive:\setup.exe と入力し、Enter キーを押します。

    : この手順で、Drive には Windows XP のインストール CD が挿入されているドライブを指定します。
  2. Windows XP のセットアップが起動します。引き続きエラー メッセージが表示される場合は、方法 7 に進みます。

方法 7 : インストール ファイルをハード ディスクにコピーする

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。command と入力し、Enter キーを押します。

    : Windows XP 以降のバージョンを使用している場合は、command ではなく、cmd と入力します。
  2. コマンド プロンプトで cd\ と入力し、Enter キーを押します。
  3. md wincd と入力し、Enter キーを押します。

    Wincd という名前の新規フォルダが作成されます。
  4. xcopy Drive:\*.* wincd /V と入力し、Enter キーを押します。

    : この手順で、Drive には Windows XP のインストール CD が挿入されているドライブを指定します。

    Windows XP のインストール CD の内容が Wincd フォルダにコピーされます。
  5. cd wincd と入力し、Enter キーを押します。
  6. setup.exe と入力し、Enter キーを押します。

    Windows XP セットアップが開始されます。

プロパティ

文書番号: 310637 - 最終更新日: 2007年6月14日 - リビジョン: 7.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbtshoot kbexpertisebeginner kbprb kbinfo kbceip KB310637
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com