作成および FrontPage 2002 でリダイレクト ドロップダウン リスト ボックスを変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 310713 - 対象製品
この資料の Microsoft Office FrontPage 2003 バージョン、について 825545 を参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で作成し、JavaScript を使用して、特定 (URL) に表示されるドロップダウン リスト ボックス コントロールを変更する方法について説明します。 手順で既存 FrontPage 2002 の Web サイトを実行します。

: この資料でがすべてのブラウザーで使用していないカスタムの JavaScript を使用します。 他のブラウザーの互換性の詳細については、[ ヘルプ ] メニューの [ Microsoft FrontPage ヘルプ ] をクリックして、[Office アシスタント </a0>] または [質問]、 互換性 を入力して、[ 検索 して表示されるトピックを参照してください] をクリックします。

リダイレクト ドロップダウン リストの作成

: が表示される、エラー メッセージここから直接の例をコピーして FrontPage に貼り付ける場合があります。 山かっこ (< と >) はエスケープ HTML コードとして表示されます (< と >)。 この現象を回避するするには、スクリプトをメモ帳の空白の文書に貼り付けますしてからコピー、メモ帳から FrontPage に貼り付ける前にします。

: 次の手順は異なるコンピューターことがあります Microsoft Windows のいくつかのバージョンが、ためです。 この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。

  1. FrontPage を起動します。 Web を開きます。 [ ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ ページまたは Web ] をクリックします。
  2. 新しいページまたは Web </a0> タスク ペインで 空白のページ をクリックします。
  3. FrontPage の下部にある [HTML] タブをクリックして] ウィンドウ。
  4. JavaScript コードを挿入する場所、<body> タグのすぐ下の空白行にカーソルを置きます。
  5. FrontPage 2003 を最小限に抑えます。
  6. コピーと貼り付けの Web ページに次のサンプル コードを追加する操作のファイルにコピーします。 Internet Explorer では、次の手順に従います。
    1. 次のコード サンプルを選択:
      <h3 align="center">Where Do You Want to Go Today?</h3>
      <center>
      <form>
        <p><select name="section" size="1" language="javascript" onChange="gotoPage(this.selectedIndex);">
        <option selected>Where do you want to go today?</option>
        <option>- - - - - - - - - - - - - - - - -</option>
        <option>Microsoft Home Page</option>
        <option>MSN Home Page</option>
        </select></p>
      </form>
      </center>
      <script language="JavaScript">
      <!--
      function gotoPage(varItem)
      {
        switch(varItem)
        {
          case 0:
            window.parent.self.status="Goes Nowhere";
            break;
          case 1:
            window.parent.self.status="Goes Nowhere";
            break;
          case 2:
            window.location="http://www.microsoft.com";
            break;
          case 3:
            window.location="http://www.msn.com";
            break;
        }
      }
      // -->
      </script>
      						
    2. [ 編集 </a0>] メニューの [ コピー ] をクリックします。
    3. メモ帳を起動します。 これを行うには、 [スタート ] メニューの [ プログラム ] をポイントに [アクセサリ] の順 、] ポイントして [ メモ帳 ] をクリックします。
    4. メモ帳で、[ 編集 ] メニューの [ 貼り付け ] をクリックします。
    5. [ 編集 ] の [ すべて選択 ] をクリックします。
    6. [ 編集 </a0>] メニューの [ コピー ] をクリックします。
    7. メモ帳を最小化し、FrontPage 2003 に切り替えてします。
    8. [ 編集 ] の [ 貼り付け ] をクリックします。
  7. [ ファイル ] の [ 保存 ] をクリックします。
  8. プレビュー ] タブのリダイレクト ドロップダウン リスト ボックスを表示する FrontPage ウィンドウ下部にあるをクリックします。
: この例では、 window.location プロパティを新しいページを読み込む使用します。 フレームセットを使用している場合、新しいページが、現在のフレームに表示されます。 別の方法として、 window.open() メソッドを使ってするページを読み込むをターゲット フレームを指定できます。 たとえば、全画面表示で、Microsoft ホーム ページを表示する、次の JavaScript コードを使用:
    case 2:
      window.open("http://www.microsoft.com", target="_top");
      break;
				

リダイレクト ドロップダウン リスト ボックスへの URL の追加

サンプルに URL を追加するには次変更を行います。
  • HTML でオプション一覧にエントリを追加するコード。
  • エントリは、JavaScript コードの スイッチ を追加します。
たとえば、MSNBC Web サイトのメニューの選択肢を追加するこれら手順を実行します。

: これらの手順でことがない変更を加えた、スクリプト FrontPage に貼り付けた後にあるものと想定します。
  1. [での [FrontPage ウィンドウの下部に HTML タブをクリックします。
  2. <option>MSN Home Page</option>
    						
    し、Enter キーを押します。
  3. 次のコードを入力します HTML
    <option>MSNBC Home Page</option>
    						
    ] メニューの [選択肢の一覧にこの項目を追加します。
  4. JavaScript コードで、次のセクションを検索:
        case 3:
          window.location="http://www.msn.com";
          break;
    						
    区切り; と Enter キーを押しての直後をクリックします。
  5. 空白行を追加する新しいサイトに、URL をリダイレクトするには次 JavaScript コードを入力:
        case 4:
          window.location="http://www.msnbc.msn.com";
          break;
    					
  6. [ ファイル ] の [ 保存 ] をクリックします。
  7. プレビュー ] タブの変更をテストする FrontPage ウィンドウの下部をクリックします。

ドロップダウン リスト ボックスから URL を削除します。

サンプル コードから、URL を削除する場合はする、次のような変更を加える必要が必要があります。
  • HTML でオプション一覧からエントリを削除コード。
  • JavaScript コードに 切り替える ] セクションからエントリを削除します。
削除する MSNBC Web サイト オプションの一覧には、次の手順に従います。
  1. FrontPage 2003 ウィンドウの下部にある [ HTML ] タブをクリックします。
  2. 次のコード行を検索:
    <option>MSNBC Home Page</option>
    					
  3. 行全体を選択して DELETE キーを押します。
  4. JavaScript コードで、次のセクションを検索:
        case 4:
          window.location="http://www.msnbc.msn.com";
          break;
    						
    次の 3 行のコードを選択して Del キーを押します。
  5. [ ファイル ] の [ 保存 ] をクリックします。
  6. プレビュー ] タブの変更をテストする FrontPage ウィンドウの下部をクリックします。
: 最後の選択肢ではないメニュー項目を削除すると、することも必要番号の項目を再設定します。 たとえば、削除した場合、MSN Web サイトのオプションの選択肢の一覧からは、更新 MSNBC 選択ように新しい ケース 3 項目。

関連情報

リダイレクト ドロップダウン リスト ボックスの作成については、クリックして、次資料、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示。
197959VBScript または JavaScript を使用して、特定の URL を FrontPage 2000 で表示されるドロップダウン コントロールを作成する方法
194091FP98: リスト ボックスの選択項目からブラウザーをリダイレクトします。
167594FP: リスト ボックスの選択項目からブラウザーをリダイレクトします。

プロパティ

文書番号: 310713 - 最終更新日: 2007年1月4日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbprogramming kbconfig kbnewfile kbmt KB310713 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:310713
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com