Wd 2000: Windows 2000 で画面の解像度を変更すると、EMF の画像の表示サイズを変更します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 311056
重要です: この資料には、レジストリの変更に関する情報が含まれます。レジストリを変更する前に、バックアップし、ことを確認してください、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解します。についてバックアップ、復元、およびレジストリを編集、次をクリックする方法について文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

場合は、拡張メタファイル (EMF) イメージのサイズを変更します。次の手順します。
  1. 拡張メタファイル イメージを Word に挿入します。2000 ドキュメントをコンピューター上で Windows 2000 を実行しています。
  2. 文書を保存し、Word を終了します。
  3. 画面の解像度を変更します。(このウィンドウを変更します。サイズ Word、Word のウィンドウが最大化されるとします。)
  4. Word 文書を再度開きます。
実際のサイズで表示される、拡張メタファイル イメージのは、 プロパティ ダイアログ ボックス、イメージでは、イメージのサイズから違います場合、まず挿入します。

原因

概要

メタファイル画像記録機能を強化するためのこの問題の発生をだけ現在画面の解像度に設定します。場合は、画面解像度の変更、Word で新しい解像度を使用します。拡張メタファイル イメージのサイズを再計算します。

技術的な詳細

次の技術的な説明には、問題:

拡張メタファイル イメージのサイズを記録します。ターゲット ・ デバイスでのレンダリングし、それらの特性も記録を対象のデバイス。プリンターのデバイスでは、レンダリングされたイメージのサイズのサイズに一致します。文書です。画面デバイスでは、あります、重要な違い画面が物理的な者なので描画サイズと文書のサイズ,特性 (解像度) 多くの場合、論理が一致しませんWindows を使用しての特徴。

拡張メタファイルのヘッダー次の 4 つの情報 (例) を記録します。
  • デバイスの境界に拡張メタファイルピクセル単位で記録された: 1024 x 768
  • 拡張メタファイルを使用したデバイスのサイズミリメートル単位で記録: 320 mm x 240 mm
  • ターゲット ・ デバイスで拡張メタファイルの境界ピクセル: 224 x 179
  • ミリメートル単位で拡張メタファイルのサイズ: 7001HIMETRIC x 8001 HIMETRIC (70 mm x 80 mm)
そのため、デバイスの物理特性と言うデバイスが 81.28 ドット/インチ (dpi) の解像度が 81.28 dpi x (1024年/320 * 25.4、768/240 * 25.4)。

メモ: は、元のイメージのサイズは 25.4 mm x 25.4 mm です。

場合は、拡張メタファイル イメージが記録され、サイズ明示的に指定されます。生成プログラムやサイズによって自動的に計算されます、オペレーティング システムは、最初の 3 つの値です。

Microsoft Office を使用します。最初の 2 つの値と最終的な値をするには、サイズの拡張メタファイル イメージをターゲット デバイス ピクセル単位で: 1024 * 70.01/320、768 * 80.01/240または 225 x 257したがって、「論理」のサイズの拡張を扱える画面サイズの論理 dpi - 通常 96 (小さなフォント) を使用してメタファイルまたは120 (大きいフォント)。(例の図を使用して) この場合は。
96 dpi のディスプレイ: 59.53 mm x 67.73 mm (2.34 インチ x 2.67 インチ)
120 dpi ディスプレイ: 47.63 mm x 54.19 mm (1.88 x 2.13 インチ)
残念なことに、拡張メタファイル イメージがない記録されません、ターゲット ・ デバイスの論理 dpi。Microsoft Word する必要があります「推測」は、論理dpi を使用すると、現在のデバイスと同じです。単語の特徴を使用します。現在のデバイスのエラーを最小限に抑えるため、録画したものではなく、これが引き起こす可能性があります。1280 X 960 ピクセルを現在のデバイスである場合の例については、320 mm x 240 mm の標準サイズで。
96 dpi のディスプレイ: 74.09 mm x 84.68 mm (2.92 x 3.33 インチ)
120 dpi ディスプレイ: 59.28 mm x 67.74 mm (2.33 x 2.67 インチ)
これらの変更は、高度な縦横比が異なるがメタファイルのイメージです。番号のオペレーティング システムを取得 (320、240、1280、1024年)オペレーティング システムが一貫性のない HIMETRIC の記録は、一貫性のないのでください。フレームの値です。

解決方法

警告: レジストリ エディターの操作を誤ると、深刻な可能性します。オペレーティング システムを再インストールする必要があります問題。マイクロソフトレジストリの使用によって生じた問題を解決できることを保証できません。エディターが誤ってします。レジストリ エディターを使用して、自分でリスク。

この問題を解決するには、最新を取得します。Microsoft Office 2000年の service pack。詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
276367 Off 2000: Office 2000 の最新の Service Pack を入手する方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するのには、要求を送信します。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムを適用する必要があります、次のファイル属性またはそれ以降。
   Date           Time  Version     Size       File name
   ----------------------------------------------------------
   14-Jan-2002   20:22  n/a         1,921,152  Mso9.msp
   15-Jan-2002   01:34  n/a         4,031,644  Mso9_admin.msp
   06-Jul-2001   11:11  n/a             2,882  Readme.txt
				
この修正プログラムをインストールした後、次のファイルがあります、属性を表示またはそれ以降。
   Date           Time  Version       Size       File name
   ----------------------------------------------------------
   12-Jan-2002   11:46  9.0.0.6110    5,595,185  Mso9.dll
				

メモ: が正常に動作するには、この修正プログラムは、レジストリ キーの変更が必要があります。、これで行った修正を有効にするのには、次のレジストリ キーを追加する必要があります。修正プログラム:
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Common]"AlternateSetExtentAndSizesMethod"dword:00000001 =

回避策

この問題を回避するには、画面のサイズを復元、Windows 2000 表示の設定を 1 つのイメージ表示サイズは、指定します。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認していますこの資料の冒頭にあります。 この問題を修正しましたMicrosoft Office 2000 Service Pack 3 (sp-3)。

プロパティ

文書番号: 311056 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kboffice2000sp3fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB311056 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:311056
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com