よく寄せられる質問 - SQL Server の SQL メール

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 311231 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料ではいくつかの構成および SQL メールの機能に関してよく寄せられる質問回答します。SQL Mail の構成方法および SQL メールのトラブルシューティングを行う方法この資料に記載されない関連の問題です。 SQL メールに関する一般的な問題のトラブルシューティングを行う方法については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
315886 SQL メールの一般的な問題
SQL メールの大多数は、関連する問題は、不適切な構成。 SQL メールを正しく構成する方法については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
263556 SQL Mail の構成方法
この資料では、マイクロソフト サポート技術情報の記事 Q263556 で用意されている背景情報に関する実用的な知識があります。

特に指定のない限り、SQL のメールについてのこの記事のコメントは SQL Agent Mail にも当てはまります。

詳細

その後の質問は、Microsoft SQL Server サポート担当者が SQL メールについてのよく寄せられる質問です。質問は頻度の順でランク付けしないがのような質問がグループ化されます。


Q1: SQL メールを使用するのには、SQL Server コンピューターのメール クライアントをインストールする必要があるはなぜですか?

A1:SQL メールは、メール アプリケーション プログラミング インターフェイス (MAPI) ベースのアプリケーションを MAPI メッセージング サブシステムをメールを送信するために必要とします。MAPI ベースのクライアントをインストールするときに、MAPI サブシステムがインストールされます。Microsoft Windows NT 4.0 という名前の Windows メッセージは、MAPI クライアントを提供します。ただし、Microsoft Windows 2000 では、MAPI クライアントは提供されません。 詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
238085 Windows 2000 では、MAPI 1.0 サブシステムはインストールされません。
SQL メールを使用するために、MAPI サブシステムを提供する最も簡単な方法は、Microsoft Outlook などの MAPI ベースのメール クライアントをインストールします。メール クライアントは SQL メールを割り当てることのできるし、メール プロファイルを構成するためのメカニズムも提供します。メール プロファイルは SQL メール メールを送受信するには、メール サーバーに接続するのに必要な情報を提供します。

Q2: メール クライアントがで使用できる SQL メール。

A2:メール クライアントを SQL Mail で使用することができますは、SQL Server とオペレーティング システムのバージョンによって異なります。Windows NT 4.0 を使用している場合は、SQL Server 6.5 および SQL Server 7.0 の SQL メールで、Windows NT 4.0 に付属の Windows メッセージング クライアントを使用できます。Windows メッセージング クライアントのみ有効で、インターネット メール サーバーと、SQL Server 2000年では動作しません。SQL Server 2000年のメール クライアントのオプションに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
281293 修正: SQL メール 2000年は Microsoft Outlook 2000 クライアント必要があります。
Microsoft Outlook 98 は、SQL Server 6.5 と SQL Server 7.0 で動作します。Outlook 98 は Microsoft SQL Server 2000年の Service Pack 1 が適用されている場合にのみ、SQL Server 2000年では動作します。Outlook 98 では、Exchange サーバーまたはインターネット メール サーバーのいずれかとします。SQL メールで動作する Outlook 98 の企業/ワークグループオプションでインストールする必要があります。インターネット メールのみ (IMO) モードでインストールされている MAPI のサブシステムは、スタブの Microsoft Outlook の基本的な機能の最小の MAPI サポートを提供し、SQL Mail では動作しません。

Microsoft Outlook 2000 は、SQL Server 6.5、SQL Server 7.0 および SQL Server 2000年で動作します。Outlook 2000 は、Exchange サーバーまたはインターネット メール サーバーのいずれかで動作します。SQL メールで動作する Outlook 2000 を企業/ワークグループオプションでインストールする必要があります。IMO モードでインストールされている MAPI のサブシステムは、スタブの Microsoft Outlook の基本的な機能の最小の MAPI サポートを提供し、SQL Mail では動作しません。 Outlook の IMO オプションに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
252720 MAPI および CDO は Outlook IMO モードでサポートされていません
Microsoft Outlook 2002、Microsoft Office XP に付属の SQL Server 2000年では動作します。それ以降のバージョンの Outlook が、SQL Mail と SQL Server 6.5 と SQL Server 7.0 のセキュリティ機能を Outlook 2002 に組み込まれている.Outlook 2002 またはそれ以降のバージョンを SQL メールと SQL Server 2000年を使用するには、Exchange サーバーが必要です。SQL メールと簡易メール転送プロトコル (SMTP) または Post Office Protocol 3 (POP3) インターネットのメール サーバーと Outlook 2002 またはそれ以降のバージョンを使用することはお勧めしません。次の資料、マイクロソフト サポート技術情報の記事「Outlook 2002 クライアント」セクションを参照してください。
263556 SQL Mail の構成方法


Q3: 使用できる Outlook Express の SQL メールか

A3:Outlook Express 簡易 MAPI メッセージング サブシステムをインストールして、メール プロファイルを作成するためのメカニズムを提供しない、ため SQL Mail で使用できません。

Q4: 作成方法メール プロファイルは、Microsoft Small Business Server を実行している場合ですか。

A4:Small Business Server は Exchange サーバーが SQL Server と同じコンピューター上にあるためにの特殊なケースです。 Small Business Server に SQL メールを使用する方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
304967 Small Business Server 2000 上でメールを送信する SQL Server を構成する方法
Q5: SQL メールを使用して、ロータス ノーツまたは Novell Groupwise のようにメール サーバーとは?

A5:SQL メールを使用して、ロータス ノーツまたは Novell Groupwise; のようなサード パーティのメール サーバーただし、この構成は、サード パーティのメール サーバーがインターネット メール サーバーとして構成されている場合のみサポートされます。

サード パーティのメール サーバーを使用する、Microsoft Outlook クライアントを構成することはできますが、SQL Mail で使用するこれらのメール サーバーに提供される電子メール クライアントの使用はサポートされていません。これらの電子メール クライアントの MAPI メッセージング サブシステムを独自の実装を提供し、SQL Mail で使用するテストされていません。

Q6: SQL メールがメールを受信しない場合は、POP3 サーバーが存在する必要は?

A6:受信電子メールを Exchange サーバーに SQL のメールをセットアップするが、しない限り、有効な POP3 サーバーを場合でも、メール サーバーで受信することはありませんが必要です。この理由は、送信電子メールを送信する前に Microsoft Outlook が POP3 受信メール サーバーをまずチェックします。有効な POP3 受信メール サーバーがない場合は、電子メールの送信遅延させること、送信されることはありません、または SQL メールを停止 (ハング) します。

Q7: POP3 サーバーとして yahoo! または Outlook.com アカウントを使用できますか。

A7:Outlook.com yahoo! メールなどの web ベースのメール サービスは、POP3 サーバとして使用できません。このようなビジネスのためのサービスの使用、サービスの使用契約の違反でもあります。

MSN はまた、お勧めできませんなど、インターネット サービス プロバイダー (ISP) によって運用される POP3 アカウントの使用。SQL メールが何らかの理由で、POP3 サーバーに接続する失敗した場合、SQL メールが応答を停止し、停止、および、もう一度メールを送信する前に、SQL Server を再起動する必要があります。メンテナンスのため、いつでも実行可能、コントロール外のメール サーバーまたはインターネット上での実行速度が低下可能性がありますにアクセスできなきます。

SQL Server コンピューターに POP3 サーバーをインストールしてローカル POP3 サーバーとの接続を保証があるようにメール アカウントと設定をお勧めします。POP3 および SMTP のプロトコルは公開されており、これらのプロトコルのインストールでは、インターネット経由またはないコストをサポートするメール サーバーを取得できます。保証しません 1 つの特定のインターネット メール サーバーを介して、他のユーザーもがインストールまたはインターネット メール サーバーの管理サポート。

Q8: 使用方法 SQL メール [SQL Server コンピューター上の Outlook をインストールしたくない場合ですか。

A8:Windows NT 4.0 を実行している場合は、Windows メッセージ、SQL Server のバージョンに応じてを使用することがあります。前の質問のメール クライアントを使用可能な SQL メールで、Windows のメッセージング クライアントに制限を参照してください。

Windows 2000 を実行している場合は、Microsoft Outlook クライアントが、SQL Server コンピューターにインストールすることがあります。

NT Server (CDONTS) または CDO の Windows 2000 (CDOSYS) と、SQL Server OLE オートメーション ストアド プロシージャの CDO を使用して、SQL メールを使用しない場合に、Transact SQL バッチからメールを送信することもできます。 CDO を使用してメール プロシージャを作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
312839 SQL メールを使用せずに SQL Server から電子メールを送信する方法
Q9: Microsoft Exchange が、まだ必要は Outlook を使用して?

A9:Outlook では、常に SQL Server などのサーバー側のアプリケーションに適していますではないクライアント側の MAPI を提供します。Exchange Server に付属している、サーバー側 MAPI は、クライアント側の MAPI Outlook に付属している方です。残念ながら、Exchange MAPI のインストールは提供しませんする必要 SQL メールでメール プロファイルを作成する機能を持つ。Exchange のサーバー側 MAPI を使用する場合は、メール プロファイルを作成するのに使用できるテクニックがあります。 Exchange のサーバー側 MAPI でメール プロファイルを作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
306962 Outlook をインストールせずに MAPI プロファイルを作成する方法
サーバー側 MAPI をインストールするのには、SQL Server コンピューターに Exchange Server をインストールする必要はありません。インストールする必要があるすべては、Microsoft Exchange 管理ツールです。プロフィールを作成するのには、Exchange サービスを追加することもあります。 Exchange サービスを追加する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
294470 Mapisvc.inf に Exchange サービスのエントリを追加する方法
Q10: SQL Mail で HTML メールを送信できますか。

A10:SQL メールを使用すると、MAPI の制限があるため、現在のバージョンの SQL Server で、HTML 形式のメールを送信するのにことはできません。 詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
268440 MAPI は html 形式のメッセージに適していません。
HTML 形式のメールを送信する場合は、コラボレーション データ オブジェクト (CDO) を使用してメールを送信するストアド プロシージャの作成を検討する可能性があります。 CDO を使用してメール プロシージャを作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
312839 SQL メールを使用せずに SQL Server からメールを送信する方法
Q11: なぜいないはオプションで SQL Server 2000 SQL メールを開始しますか?

A11:手動で起動する SQL メールで SQL Server 2000年または SQL メールを自動起動する SQL Server の起動時のオプションはありません。SQL メールは、自動的に初めて SQL メール メッセージを送信するを起動します。 詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
293443 SQL メールの自動起動オプションでは、SQL エンタープライズ マネージャーでは表示されません。
開始および SQL メールを停止する、 xp_startmailxp_stopmail拡張ストアド プロシージャを使用して、メモリ リークが発生する可能性が、SQL Server 2000年の Service Pack 2 を適用する場合は、それらのストアド プロシージャを使用することはお勧めしません。 詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
300414 修正: SQL メールの操作は失敗し、メモリ リークが発生する可能性があります。
Q12: なぜドメイン アカウントを使用して SQL Server を起動するか。

A12:Exchange Server を使用する場合は、SQL Server の起動にドメイン アカウントを使用する必要があります。SQL メールは、ユーザー資格情報を要求されないようにするのには、Windows 認証を使用して Exchange Server に接続することができます。ドメイン アカウントを SQL Server のローカル コンピューターとリモート Exchange Server コンピューターにログオンできますは、これを実現する最適な方法です。

インターネット メール サーバーを使用している場合は、しする必要があります、アカウント名とパスワード、POP3 サーバーのメール プロファイルを構成するときに。これは、POP3 サーバーにログオンするために必要な唯一の認証は、ドメイン アカウントを SQL Server サービスを開始する必要はありません。通常、アカウントとパスワード、SMTP サーバーは必要ありません。

メール プロファイルをローカル システム アカウントに関連付けることはできませんので、SQL メールを使用することを計画している場合、ローカル システム アカウントから SQL Server を開始できません。

Q13: SQL メールと SQL Agent Mail の両方に同じプロファイルを使用する必要は?

A13:メール プロファイルは、特定の Windows ログオン アカウントに関連付けられます。プロファイルに、個人用フォルダー ファイル (.pst) を保存するには、インターネット メール サービスを構成する場合は、POP3 の既定の場所にサーバーが作成されてからメッセージがダウンロードされます。この .pst ファイルは、このメール プロファイルを使用するすべてのサービスで使用して、SQL メールと SQL Agent Mail の両方を同一のメール プロファイルを使用する場合、競合が発生します。

Exchange サービスに、メール プロファイルを構成する場合は、一般に使用しない .pst ファイルには、Exchange のメールは、Exchange サーバー上に保持されますので。この場合は、SQL メールと SQL Agent Mail のメール プロファイルを使用できます。ただし、.pst ファイルを作成する場合は、メール プロファイルを使用してサービスを 1 つだけ同時に .pst ファイルをアクセスできます。メール プロファイルに .pst ファイルを使用している場合は、SQL メールと SQL Agent Mail のメールを別のプロファイルを使用するでしょう。Q313969 を参照してください (挿入の資料へのリンク) の詳細です。

: .pst ファイルの場所を指定する場合は、ネットワーク共有を使用しないでください。 詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
297019 .Pst ファイルは、LAN または WAN リンク経由で推奨されません。
別のサービス アカウントに、SQL Server と SQL エージェント サービスを開始する場合は、アカウントごとにメール プロファイルを構成する必要があります。サービス アカウントのメール プロファイルを構成するのにする必要がありますサーバーにログオン、サービスのアカウントを使用しています。

Q14: どのアカウントを使用自分の Exchange サーバーと SQL Server のサーバーが異なるドメインにある場合は、次の 2 つのドメイン間に信頼関係はありませんか。

A14:メッセージを送信できません、メールを Exchange サーバーに、Outlook クライアントから SQL Server コンピューターにログイン資格情報の入力が要求されることがなく、SQL メールは動作しません。メールを送信しようとすると、仮想デスクトップのユーザーの資格情報の確認のダイアログ ボックスが表示されるときに応答を停止する SQL メールとなります。

回避するこの動作は、Exchange サーバーをインターネット メール サーバーとして扱います。SQL メールは求められません、ログイン情報を他のドメイン内の Exchange サーバーに接続するときにできるように、メール プロファイルを構成するときに、ログイン アカウントとパスワード情報を渡すことができます。

この方法は、SQL Server のサーバーおよび Exchange サーバーがファイアウォールによって分離されている場合も使用できます。

Q15: SQL メール機能マイクロソフト デスクトップ エンジン (MSDE)

A15:SQL メールは、MSDE ではサポートされていません。SQL メールを使用するのには、MSDE 以外の SQL Server のエディションにアップグレードする必要があります。




プロパティ

文書番号: 311231 - 最終更新日: 2013年9月12日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 6.5 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbmt KB311231 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:311231
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com