ASP.NET または Visual Basic.NET を使用して、XML を Microsoft Word 2002 用の RTF (リッチ テキスト形式) に変換する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 311461 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で説明する手順を実行することで、Visual Basic .NET を使用して XML (Extensible Markup Language) から RTF (リッチ テキスト形式) を生成することができます。

RTF (リッチ テキスト形式) は、書式付きテキスト、文書のレイアウト、およびグラフィックをエンコードするテキストベースの形式で、Microsoft Word で一般的に使用されています。RTF はテキストベースであるため、コードで簡単に生成できます。XML データを Word でカタログやリストとして、または差し込み印刷の文書として表示するには、XML データを RTF ストリームに変換するのが最も良い方法といえます。実際に、Web サーバーで文書を生成するソリューションを開発する場合、ドキュメントを HTML や RTF などのテキストベースの形式で作成する方が、Word のサーバーサイド オートメーションを使用するよりも適しています。

この資料では、Word で表示できるように XML を RTF に変換するためのいくつかの方法を、サンプル コードを示しながら、手順を追って説明します。
  • RTF をファイルに保存し、Word で開きます。
  • Windows クリップボードを使用して RTF を Word に転送します。
  • ASP.NET Web アプリケーションから、Microsoft Internet Explorer でホストされる Word に RTF をストリーム出力します。

RTF (リッチ テキスト形式) の仕様

RTF (リッチ テキスト形式) は、RTF 互換のテキスト ファイルを生成するための標準規格です。この規格に関するドキュメントは、次のマイクロソフト Web サイトから入手できます。このドキュメントは独自の RTF ファイルを作成する際に参考として使用できますが、記載されている規格は現状有姿のまま提供されており、マイクロソフト テクニカル サポートではサポートしていません。RTF の規格については、次の MSDN の Web サイトを参照してください。
Rich Text Format (RTF) Specification, version 1.6 (英文)

Word 2002 Documentation: Rich Text Format Specification, version 1.7 (英文)

XML の RTF への変換

任意のソースの有効な XML を RTF に変換することができます。次の手順は、ファイルに保存するかクリップボードにコピーすることにより、カスタム XML を RTF に変換する方法を示しています。
  1. Visual Basic .NET で新しい Windows アプリケーションを作成します。Form1 が作成されます。
  2. Form1 に 2 つの Button コントロールを追加します。
  3. [表示] メニューの [コード] をクリックします。
  4. コード ウィンドウの先頭、Form1 クラスの実装の前の行に、次のコードを挿入します。
    Imports System.Xml
    Imports System.Xml.Xsl
    Imports System.IO
  5. 次のコードを Form1 クラスの実装 (End Class の直前) に追加します。
        Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
            Button1.Text = "To File"
            Button2.Text = "To Clipboard"
    
        End Sub
    
        Private Sub ButtonsClick(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) _
            Handles Button1.Click, Button2.Click
    
            Dim sPath As String = Directory.GetParent(Directory.GetCurrentDirectory()).ToString
    
            ' Open the XML file.
            Dim xmlDoc As New XmlDocument()
            xmlDoc.Load(sPath & "\Dictionary.xml")
    
            ' Open the XSL file.
            Dim xslDoc As New XslTransform()
            xslDoc.Load(sPath & "\Dictionary.xslt")
    
            Select Case sender.name
                Case "Button1"
                    ' Transform the XSL and save it to file.
                    Dim TWrtr As New XmlTextWriter(sPath & "\Dictionary.RTF", System.Text.Encoding.Default)
                    xslDoc.Transform(xmlDoc, Nothing, TWrtr, Nothing) 
                    TWrtr.Close()
                    MsgBox("Transformed RTF saved to " & sPath & "\Dictionary.RTF")
                Case "Button2"
                    ' Transform the XSL and copy it to the clipboard.
                    Dim SWrtr As New StringWriter()
                    xslDoc.Transform(xmlDoc, Nothing, SWrtr, Nothing)
                    Dim datObj As New DataObject(DataFormats.Rtf, SWrtr)
                    Clipboard.SetDataObject(datObj)
                    SWrtr.Close()
                    MsgBox("Transformed RTF copied to the clipboard.")
            End Select
    
        End Sub
  6. プロジェクトに XML ファイルを追加します。
    1. [プロジェクト] メニューの [新しい項目の追加] をクリックします。
    2. テンプレートの一覧の [XML ファイル] をクリックします。
    3. Dictionary.xml という名前を入力し、[開く] をクリックします。
    4. Dictionary.xml に次のコードを追加し、[保存] をクリックします。
      <Dictionary>
        <Entries>
          <Entry>
            <Word Type="1">Energetic</Word>
            <Definition>Having, exerting, or displaying energy</Definition>
          </Entry>
          <Entry>
            <Word Type="1">Happy</Word>
            <Definition>Enjoying, displaying, or characterized by pleasure or joy</Definition>
          </Entry>
          <Entry>
            <Word Type="2">Emotion</Word>
            <Definition>A complex, strong subjective response</Definition>
          </Entry>
        </Entries>
      </Dictionary> 
  7. プロジェクトに XSLT ファイルを追加します。
    1. [プロジェクト] メニューの [新しい項目の追加] をクリックします。
    2. テンプレートの一覧の [XSLT ファイル] をクリックします。
    3. Dictionary.xslt という名前を入力し、[開く] をクリックします。
    4. Dictionary.xslt の内容を次のコードに置き換えます。
       
      <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
      <xsl:stylesheet version="1.0" xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform">
      
      	<xsl:output method="text"/>
      	<xsl:template match="/">
      
      	<xsl:text>{\rtf1</xsl:text>
      
      	<xsl:for-each select="Dictionary/Entries/Entry">
      
      		<xsl:text>\par\b </xsl:text>
      		<xsl:value-of select="Word"/>
      		<xsl:text>\b0\i  </xsl:text> 
      		<xsl:if test="Word[@Type='1']">adj.</xsl:if>
      		<xsl:if test="Word[@Type='2']">n.</xsl:if>
      		<xsl:text>\i0\par </xsl:text>
      		<xsl:value-of select="Definition"/>
      		<xsl:text>\par</xsl:text>
      	</xsl:for-each>
      
      	<xsl:text>}</xsl:text>
      
      	</xsl:template>
      	
      </xsl:stylesheet>  
  8. F5 キーを押してプログラムをビルドし、実行します。
  9. [To File] をクリックすると、変換された XML がファイル (Dictionary.rtf) に保存されます。RTF ファイルを Word で開き、変換の結果を確認することができます。
  10. [To Clipboard] をクリックすると、変換された XML が Windows のクリップボードにコピーされます。クリップボードの内容を新規または既存の Word 文書に貼り付けて、結果を確認することができます。

データセットの RTF への変換

Visual Basic .NET では、データセットの変換を簡単に実行できます。次の手順は、ノースウィンド サンプル データベースから関連するデータを取り出して、RTF に変換する方法を示しています。得意先の連絡先情報の一覧を含む簡単な RTF 文書と、得意先の受注情報を差し込み印刷の形式で表示する、より複雑な RTF 文書の 2 種類の変換方法を説明します。
  1. 新しい Visual Basic ASP.NET Web アプリケーションを作成し、http://localhost/RTFDemo に保存します。

    WebForm1 が作成されます。
  2. WebForm1 に 2 つの Button コントロールを追加します。
  3. [表示] メニューの [コード] をクリックします。
  4. 次のコードを Page_Load 関数に追加します。
            Button1.Text = "View Contact Information"
            Button2.Text = "View Customer Orders"
  5. 次の関数を WebForm1 クラスに追加します。

    : 次のコードでは、SQL Server がローカルホストにインストールされていることを前提にしています。別のコンピュータを使用する場合は、必要に応じて接続文字列のデータ ソースのメンバを変更してください。
        Private Sub ButtonsClick(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) _
                Handles Button1.Click, Button2.Click
    
            ' Connect to the data source.
            Dim nwindConn As SqlConnection = New SqlConnection( _
                "Data Source=localhost;Initial Catalog=Northwind;Integrated Security=SSPI")
            nwindConn.Open()
    
            ' Build a dataset based on whether you requested to view a list of 
            ' orders or a list of contacts.
            Dim ds As DataSet
            Dim sXSL As String
            Select Case (sender.id)
    
                Case "Button1"
    
                    ds = New DataSet("Contacts")
                    Dim ContactsDA As SqlDataAdapter = New SqlDataAdapter("SELECT * FROM Customers", nwindConn)
                    ContactsDA.Fill(ds, "Customers")
                    ' XSLT to use for transforming this dataset.
                    sXSL = "Contacts.xslt"  
    
                Case "Button2"
    
                    ds = New DataSet("CustomerOrders")
    
                    Dim custDA As SqlDataAdapter = New SqlDataAdapter("SELECT CustomerID, CompanyName, " & _
                        "Address, City, Region, PostalCode, Country FROM Customers", nwindConn)
                    custDA.Fill(ds, "Customers")
    
                    Dim ordersDA As SqlDataAdapter = New SqlDataAdapter("SELECT OrderID, CustomerID, Freight " & _
                        "FROM Orders", nwindConn)
                    ordersDA.Fill(ds, "Orders")
    
                    Dim ordersdetailDA As SqlDataAdapter = New SqlDataAdapter( _
                        "SELECT [Order Details].OrderID, Products.ProductName, [Order Details].Quantity, " & _
                        "[Order Details].[UnitPrice]*[Quantity]*(1-[Discount]) AS ItemTotal " & _
                        "FROM Products INNER JOIN [Order Details] ON Products.ProductID = [Order Details].ProductID " _
                        , nwindConn)
    
                    ordersdetailDA.Fill(ds, "OrderDetails")
    
                    nwindConn.Close()
    
                    ds.Relations.Add("CustOrders", _
                    ds.Tables("Customers").Columns("CustomerID"), _
                    ds.Tables("Orders").Columns("CustomerID")).Nested = True
    
                    ds.Relations.Add("OrdersToOrdersDetail", _
                    ds.Tables("Orders").Columns("OrderID"), _
                    ds.Tables("OrderDetails").Columns("OrderID")).Nested = True
    
                    ' XSLT to use for transforming this dataset.
                    sXSL = "CustOrders.xslt" 
    
            End Select
    
            ' Close the connection to the data source.
            nwindConn.Close()
    
            ' Transform the dataset by using the appropriate stylesheet.
            Dim xmlDoc As XmlDataDocument = New XmlDataDocument(ds)
            Dim xslTran As XslTransform = New XslTransform()
            xslTran.Load(Server.MapPath(sXSL))
    
            ' Stream the results of the transformation to Word.
            Response.ContentType = "application/msword"
            Response.Charset = ""
            Response.ContentEncoding = System.Text.Encoding.Default
            xslTran.Transform(xmlDoc, Nothing, Response.Output)
    
        End Sub
  6. WebForm1.aspx.vb の先頭の、WebForm1 クラスの実装の前の行に、次のコードを追加します。
    Imports System.Data.SqlClient
    Imports System.Xml
    Imports System.Xml.Xsl
  7. [プロジェクト] メニューの [新しい項目の追加] をクリックします。テンプレートの一覧の [XSLT ファイル] をクリックし、Contacts.xslt というファイル名を付け、[開く] をクリックします。
  8. Contacts.xslt の内容を次のコードに置き換え、[保存] をクリックします。
    <xsl:stylesheet version="1.0" xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" 
    	xmlns:msxsl="urn:schemas-microsoft-com:xslt" xmlns:user="urn:my-scripts" >   
    
    <xsl:output method="text"/>
    
    <xsl:template match="/">
    
    	<xsl:text>{\rtf1</xsl:text>
    	
        <xsl:text>{\fonttbl{\f0\froman\fcharset0\fprq2 Times New Roman;}{\f1\fswiss\fcharset0\fprq2 Arial;}}</xsl:text>
        
    	<xsl:text>{\header\pard\fs50 My Customer Contacts}</xsl:text>
    	
    	<xsl:text>{\footer\pard\fs18 Page {\field{\*\fldinst PAGE}</xsl:text>
    	<xsl:text>{\fldrslt }} of {\field{\*\fldinst NUMPAGES}{\fldrslt 1}} \par}</xsl:text>
    	
    	<xsl:text>\f1\fs20</xsl:text>
    	
        <xsl:for-each select="Contacts/Customers">
    		<xsl:text>\par\b </xsl:text><xsl:value-of select="CustomerID"/><xsl:text>\b0</xsl:text>
    		<xsl:text>\par </xsl:text><xsl:value-of select="CompanyName"/>
    		<xsl:text>\par </xsl:text><xsl:value-of select="ContactName"/>
    		<xsl:text>\par </xsl:text><xsl:value-of select="Phone"/>
    		<xsl:text>\par</xsl:text>
        </xsl:for-each>
    	      
    	<xsl:text>}</xsl:text>
    
    </xsl:template>
    
    <xsl:template match="Customers">
    
        <xsl:text>\par\b </xsl:text><xsl:value-of select="CustomerID"/><xsl:text>\b0</xsl:text>
        <xsl:text>\par </xsl:text><xsl:value-of select="CompanyName"/>
        <xsl:text>\par </xsl:text><xsl:value-of select="ContactName"/>
        <xsl:text>\par </xsl:text><xsl:value-of select="Phone"/>
        <xsl:text>\par</xsl:text>
    
    </xsl:template>
    
    </xsl:stylesheet> 
  9. [プロジェクト] メニューの [新しい項目の追加] をクリックします。テンプレートの一覧の [XSLT ファイル] をクリックし、CustOrders.xslt というファイル名を付け、[開く] をクリックします。
  10. CustOrders.xslt の内容を次のコードに置き換えます。
    <xsl:stylesheet version="1.0" xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" 
    	xmlns:msxsl="urn:schemas-microsoft-com:xslt" xmlns:user="urn:my-scripts" >   
    
    <xsl:output method="text"/>
    
    <msxsl:script language="VB" implements-prefix="user">
        Dim CustomerTotal as Double = 0
        Dim OrderSubtotal as Double = 0
        
        Function AddToOrderSubtotal(amt)
            amt.MoveNext
            OrderSubtotal = OrderSubtotal + System.Convert.ToDouble(amt.Current.Value)
        End Function
        
        Function GetOrderSubtotal
    		GetOrderSubtotal = OrderSubtotal
        End Function
        
        Function GetCustomerTotal
    		GetCustomerTotal = CustomerTotal
    		CustomerTotal = 0
    	End Function
    	
        Function GetOrderTotal(freight)
           freight.MoveNext
           nFreight = System.Convert.ToDouble(freight.Current.Value)
           GetOrderTotal = nFreight + OrderSubtotal
           CustomerTotal = nFreight + OrderSubtotal + CustomerTotal
           OrderSubtotal = 0  
        End Function
            
    </msxsl:script>
    
    <xsl:template match="CustomerOrders">
    
    	<xsl:text>{\rtf1</xsl:text>
    	
    	<xsl:text>{\colortbl;\red0\green0\blue0;\red0\green0\blue255;\red0\green255\blue255;
    	\red0\green255\blue0;\red255\green0\blue255;\red255\green0\blue0;\red255\green255\blue0;
    	\red255\green255\blue255;\red221\green221\blue221;}</xsl:text>
    	
    	<xsl:text>{\info{\title Sample RTF Document}{\author Microsoft Developer Support}}</xsl:text>
    	
    	<xsl:text>{\header\pard\qc{\fs50 ASP-Generated RTF\par}{\fs18\chdate\par}\par\par}</xsl:text>
    	
    	<xsl:text>{\footer\pard\qc\brdrt\brdrs\brdrw10\brsp100\fs18 Page {\field{\*\fldinst PAGE}</xsl:text>
    	<xsl:text>{\fldrslt }} of {\field{\*\fldinst NUMPAGES}{\fldrslt 1}} \par}</xsl:text>
    	
    	<xsl:apply-templates select="Customers"/>
    	      
    	<xsl:text>}</xsl:text>
    
    </xsl:template>
    
    <xsl:template match="Customers">
    
        <xsl:text>\par\pard\fs20\cf2\qr\b </xsl:text><xsl:value-of select="CustomerID"/><xsl:text>\cf0\b0</xsl:text>
        <xsl:text>\par\pard </xsl:text><xsl:value-of select="CompanyName"/>
        <xsl:text>\par </xsl:text><xsl:value-of select="Address"/>
        <xsl:text>\par </xsl:text><xsl:value-of select="City"/>
        <xsl:text>, </xsl:text><xsl:value-of select="Region"/>
        <xsl:text> </xsl:text><xsl:value-of select="PostalCode"/>
        <xsl:text>\par </xsl:text><xsl:value-of select="Country"/>
        <xsl:text>\par\par</xsl:text>
    
    	<xsl:apply-templates select="Orders"/>
    
    	<xsl:text>\trowd\cellx7000\cellx9000\pard\intbl\ql\b\cbpat1 </xsl:text>
    	<xsl:text>Order Total for the Current Period:\cell </xsl:text>
    	<xsl:text>\qr</xsl:text>
    	<xsl:variable name="CustTtl" select="user:GetCustomerTotal()"/>
    	<xsl:value-of select="format-number($CustTtl,'$###0.00')"/>
    	<xsl:text>\cell</xsl:text>
    	<xsl:text>\pard\intbl\row</xsl:text>
    		
    	<xsl:text>\pard\par\pard</xsl:text>
    	<xsl:text>\pard\plain\fs18\cf6\qc</xsl:text>
    	<xsl:choose>
    		<xsl:when test="$CustTtl = 0">
             <xsl:text>\b We've missed hearing from you!\b0 </xsl:text>
             <xsl:text> At your convenience, please call your personal sales representative </xsl:text>
             <xsl:text>so that we may discuss our specials for new and returning customers!</xsl:text>
          </xsl:when>
          <xsl:when test="$CustTtl > 2000">
             <xsl:text>\b Congratulations!\b0  Your purchases for this period qualify you for a \b 20%\b0 </xsl:text>
             <xsl:text> discount on one of your next orders. To take advantage of this offer, provide </xsl:text>
             <xsl:text>the coupon code ABC123XYZ when placing your order.</xsl:text>
          </xsl:when>
          <xsl:otherwise>
             <xsl:text> We value your patronage with Northwind Traders and would love to hear from you. </xsl:text>
             <xsl:text>If you have any questions about our upcoming line of products or if you want </xsl:text>
             <xsl:text>a catalog for the coming season, call 1-888-000-000.</xsl:text>
          </xsl:otherwise>
        </xsl:choose>
    	<xsl:text>\par\pard</xsl:text>
    	<xsl:text>\par \page</xsl:text>
    
    </xsl:template>
    
    <xsl:template match="Orders">
    
    	<xsl:text>\trowd\cellx9000\pard\intbl\cbpat9</xsl:text>
    	<xsl:text>\ql\b </xsl:text><xsl:value-of select="OrderID"/><xsl:text>\b0\cell </xsl:text>
    	<xsl:text>\pard\intbl\row</xsl:text>
    	
    	<xsl:apply-templates select="OrderDetails"/>
    
    	<xsl:text>\trowd\cellx7000\cellx9000\pard\intbl</xsl:text>
    	<xsl:text>\qr Subtotal:\cell </xsl:text>
    	<xsl:value-of select="format-number(user:GetOrderSubtotal(),'$###0.00')"/><xsl:text>\cell</xsl:text>	
    	<xsl:text>\pard\intbl\row</xsl:text>
    		
    	<xsl:text>\trowd\cellx7000\cellx9000\pard\intbl</xsl:text>
    	<xsl:text>\qr Freight:\cell </xsl:text>
    	<xsl:value-of select="format-number(Freight,'$###0.00')"/><xsl:text>\cell</xsl:text>	
    	<xsl:text>\pard\intbl\row</xsl:text>
    
    	<xsl:text>\trowd\cellx7000\cellx9000\pard\intbl</xsl:text>
    	<xsl:text>\qr Total:\cell </xsl:text>
    	<xsl:value-of select="format-number(user:GetOrderTotal(Freight), '$###0.00')"/><xsl:text>\cell</xsl:text>	
    	<xsl:text>\pard\intbl\row</xsl:text>
    		
    	<xsl:text>\trowd\cellx9000\pard\intbl \cell\pard\intbl\row</xsl:text>
    	
    </xsl:template>
    
    <xsl:template match="OrderDetails">
    
    	<xsl:text>\trowd\cellx5000\cellx7000\cellx9000\pard\intbl\ql </xsl:text>
    	<xsl:value-of select="ProductName"/><xsl:text>\cell </xsl:text>
    	<xsl:text>\qc </xsl:text><xsl:value-of select="Quantity"/><xsl:text>\cell </xsl:text>
    	<xsl:text>\qr </xsl:text>
    	<xsl:value-of select="format-number(ItemTotal,'$###0.00')"/><xsl:text>\cell</xsl:text>
    	<xsl:variable name="RunTotal" select="user:AddToOrderSubtotal(ItemTotal)"/>
    	<xsl:text>\pard\intbl\row</xsl:text>
    
    </xsl:template>
    
    </xsl:stylesheet>
  11. [ビルド] メニューの [ソリューションのビルド] をクリックします。
  12. Internet Explorer を起動し、http://localhost/RTFDemo/Webform1.aspx を参照します。
  13. [View Contact Information] をクリックして、最初の XML から RTF への変換内容を Word で表示します。
  14. Internet Explorer で [戻る] をクリックします。
  15. [View Customer Orders] をクリックして、2 番目の XML から RTF への変換内容を Word で表示します。

RTF に関するトラブルシューティングのヒント

  • 前述のとおり、「データセットの RTF への変換」に記載されているサンプル コードでは RTF を直接ブラウザにストリーム出力します。これ以外に、RTF をファイルに保存して、保存されたファイルにリダイレクトすることもできます。この方法を使用するには、サンプル コードで以下の行を見つけます。
    Response.ContentType = "application/msword"
    Response.ContentEncoding = System.Text.Encoding.Default
    Response.Charset = ""
    xslTran.Transform(xmlDoc, Nothing, Response.Output)
    これを次のコードで置き換えます。
    Dim writer As XmlTextWriter = New XmlTextWriter( _
            Server.MapPath("Results.doc"), System.Text.Encoding.Default)
    xslTran.Transform(xmlDoc, Nothing, writer)
    writer.Close()
    Response.Redirect("Results.doc")
    このように RTF をファイルに保存すると、メモ帳などのテキスト エディタを使用して簡単に RTF の構造を調べることができます。XSL 変換の結果が期待どおりでない場合、RTF をファイルに保存するとトラブルシューティングに役立ちます。
  • RTF に変換する場合、スペースや改行は Word による RTF の解釈に影響を与える場合があるため、これらをスタイルシートでどのように表すかに注意してください。この資料のサンプル コードはいずれも <xsl:text> 要素を使用して、スペースの情報が維持されるようにしています。
  • XML が (デフォルトの出力方法である XML ではなく) テキストに変換されるようにするには、スタイルシートで <xsl:output method="text"> を使用します。出力方法としてテキストを指定しない場合、XML 処理命令がファイルに追加され、これによりテキストが RTF として Word で正しく解釈されないことがあります。

関連情報

Microsoft Word およびその他の Office アプリケーションのサーバーサイド オートメーションの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
257757 [OFF2003] [INFO] Office のサーバーサイド オートメーションについて
RTF をソリューションで使用する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
270906 [WD2003] [HOWTO] ASP を使用して RTF (Rich Text Format) ドキュメントを生成し、Microsoft Word にストリーム出力する方法
258513 [WD2003] [HOWTO] Visual Basic オートメーションを使用して Word にリッチ テキスト形式の文字列を貼り付ける方法
Visual Basic .NET での XML の変換の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
300934 [HOW TO] Visual Basic .NET を使用して XML に XSL 変換を適用する方法
300929 [HOW TO] Visual Basic .NET で XML ドキュメントに XSLT を適用して新しい XML ドキュメントを作成する方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 311461 (最終更新日 2004-12-28) を基に作成したものです。

この資料に含まれているサンプル コード/プログラムは英語版を前提に書かれたものをありのままに記述しており、日本語環境での動作は確認されておりません。

プロパティ

文書番号: 311461 - 最終更新日: 2005年9月20日 - リビジョン: 5.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Basic .NET 2002 Standard Edition
  • Microsoft ASP.NET 1.0
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft .NET Framework クラス ライブラリ 1.0
  • Microsoft Visual Basic .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft ASP.NET 1.1
キーワード:?
kbhowto KB311461
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com