Visual Studio では、「一時ファイルを出力ディレクトリにコピーできませんでした」エラーが生成されます。NET または Visual Studio 2005

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 311491
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

マイクロソフトの Visual Studio でプロジェクトをビルドする場合。NET または Microsoft Visual Studio 2005 では、ビルドに失敗し、次のコンパイル エラー メッセージが表示されます。
コピーできませんでした。一時ファイルを出力ディレクトリにします。
この現象は別の原因の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
313512BUG: 複数のプロジェクトをソリューションをビルドするとエラー メッセージ「一時ファイルを出力ディレクトリにコピーできませんでした」を含む

原因

この現象は、次のいずれかの発生します。

原因 1

別のプロセスによって現在使用されているコンポーネントをコンパイルすると、このエラー メッセージを受け取ることがあります。たとえば、クラス ライブラリまたはユーザー コントロール プロジェクトをコンパイルしようとします。たとえば、次の条件に該当する場合この現象が発生する可能性があります。
  • Visual Studio の複数のインスタンス。NET または Microsoft Visual Studio 2005年で開かれています。1 つのインスタンスでは、ユーザー コントロール、またはクラス ライブラリ プロジェクトがあります。その他のインスタンスで、コンポーネントを参照するプロジェクトを持ち、プロジェクト コンポーネントの最初のインスタンスで開かれています。
  • 2 番目のインスタンスは、アセンブリへのファイル参照を使用して、 ローカルをコピーします。 アセンブリのプロパティを設定するには False.
  • アセンブリは、Visual Studio の 2 番目のインスタンスをメモリにロードされました。NET またはマイクロソフトの Visual Studio 2005。
場合は、 ローカルをコピーします。 プロパティを設定するのには False グローバル アセンブリ キャッシュに、参照先のアセンブリとアセンブリがインストールされていないについては、アセンブリを使用するプロジェクトのローカル \Bin フォルダーにコピーされません。Visual Studio、参照アセンブリの場所を解決します。NET または Microsoft Visual Studio 2005年に記載されているパスを検索する、 参照パス アセンブリを検索するまで、プロジェクトのプロパティです。シナリオでは、アセンブリ、Windows フォーム デザイナーでは、読み込まれた UserControl など読み込まれたアセンブリが使用されているし、それをビルドしようとすると、上書きできません。この現象が発生すると、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。

アセンブリの Visual Studio のメモリに読み込まれるとすぐにします。終了してから、Visual Studio を再起動するまで NET または Microsoft Visual Studio 2005年の IDE では、アセンブリ アンロードできません。NET または Microsoft Visual Studio 2005 IDE します。詳細については、「解決方法」セクションを参照してください。

原因 2

この現象はその、Visual Studio の外部から \Bin フォルダーから、アプリケーションのインスタンスを現在実行中の場合は、アプリケーションをビルドしようとした場合にも発生します。NET または Microsoft Visual Studio 2005 IDE します。

ビルド プロセス中に、コンパイラは、中間のフォルダーにプロジェクトをビルド、Obj\ などconfigname.このフォルダー名に configname プロジェクトの名前です。場合は、ビルド プロセスが完了、中間からファイルがコピーされます。出力フォルダーのフォルダー。"コピーできませんでした。コンパイラあることないが一時ファイル出力ディレクトリ"エラー メッセージを示しています。これらのファイルは、中間のフォルダーから、出力フォルダーにコピーします。If出力ディレクトリで、ビルドしているアプリケーションを実行、コンパイラは現在使用されているために、これらのファイルを上書きできません。詳細については、「解決方法」セクションを参照してください。

解決方法

原因 1 の解決

この問題を解決するには、アセンブリ参照をプロジェクトに保存します。次に、閉じるVisual Studio。NET または Microsoft Visual Studio 2005年アセンブリをメモリからアンロードします。

このエラーを回避するのには、設定、 ローカルをコピーします。 プロパティへの参照 True を指定します。.これを行うには、次の手順を実行します。
  1. アセンブリ参照は、ソリューションを開きます。
  2. ソリューション エクスプ ローラーで、参照するプロジェクトを検索します。アセンブリです。
  3. クリックして、 参照 プロジェクトのノードです。
  4. アセンブリの参照を右クリックしをクリックしてくださいプロパティ.
  5. 設定は、 ローカルをコピーします。 プロパティ True を指定します。:
  6. ソリューションを保存します。
Visual Studio。NET または Microsoft Visual Studio 2005年に参照されているカスタム コントロール ファイルをコピーします。出力フォルダーを使用するプロジェクトです。したがって、Visual Studio。NET または Microsoft Visual Studio 2005年しません。元の \Bin フォルダーからアセンブリを読み込めません。

原因 2 の解決

解決方法 1

  1. 実行中のすべてのインスタンスのアプリケーションを終了します。
  2. ソリューションをビルドします。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。
    • で、 ビルド メニューをクリックして ソリューションをビルドします。.
    • Ctrl キーと shift キーを押しながら B キーを押します。
    メモ エラー メッセージが表示される場合は、「ソリューション 2」セクション手順を実行。

ソリューション 2

  1. タスク マネージャーを起動するのには CTRL + ALT + DEL キーを押します。
  2. で、 プロセス タブで、実行中のプロセスとしてアプリケーションが表示されていないことを確認してください。場合は、一覧からプロセスを選択しをクリックしてください [プロセスの終了.

    メモ
    特別な操作を選択していないことを確認、他のプロセスを終了望ましくない結果が発生する可能性がありますので。
  3. クリックしてください。 [はい] アプリケーション プロセスを終了します。
  4. Visual Studio でアプリケーションをビルドします。NET またはマイクロソフトの Visual Studio 2005。

状況

これ動作は仕様です。

詳細

メモ 両方の Visual Basic するには、次の手順を適用します。NET またはマイクロソフトの Visual Studio 2005年とVisual C#。NET。

1 が発生するの動作を再現する手順

ユーザー コントロール プロジェクトを作成します。

  1. Visual Studio をを起動します。NET または Microsoft Visual Studio 2005 IDE します。
  2. で、 ファイル メニューのポイント 新しい、し プロジェクト.
  3. で、 新しいプロジェクト ダイアログ ボックス、クリックして Visual Basic プロジェクト 下にあります。 [プロジェクトの種類.

    メモ Visual Studio 2005 年にをクリックします。 Visual Basic 下にあります。 [プロジェクトの種類.
  4. クリックしてください。 Windows コントロール ライブラリ 下にあります。 テンプレート.
  5. で、 名前 ボックスの種類 WindowsCtrl1、し [OK].
  6. で、 ビルド メニューをクリックして ソリューションをビルドします。 コントロールをビルドします。

Windows アプリケーション プロジェクトを作成します。

  1. Visual Studio の 2 番目のインスタンスを開きます。NET またはマイクロソフトの Visual Studio 2005IDE します。
  2. で、 ファイル メニューのポイント 新しい、し プロジェクト.
  3. で、 新しいプロジェクト ダイアログ ボックス、クリックして Visual Basic プロジェクト 下にあります。 [プロジェクトの種類.

    メモ Visual Studio 2005 年にをクリックします。 Visual Basic 下にあります。 [プロジェクトの種類.
  4. クリックしてください。 Windows アプリケーション 下にあります。 テンプレート.
  5. [名前] ボックスに、入力します。 WindowsApp1、し [OK].
  6. 右クリックし、 Windows フォーム クリックし、[ツールボックス] のタブ 項目を追加または削除します。.

    メモ Visual Studio 2005 では、右クリックし、 Windows フォーム クリックし、[ツールボックス] のタブ アイテムを選択します。.
  7. で、 [ツールボックスをカスタマイズします。 ダイアログ ボックスの .NET フレームワーク コンポーネント タブで、クリックしてください 参照 作成した WindowsCtrl1.dll アセンブリを検索するには。ファイルを選択しをクリックしてください ファイルを開く.

    メモ Visual Studio 2005 では、これですが [ツールボックス アイテムを選択します。 ダイアログ ボックスです。
  8. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 [ツールボックスをカスタマイズします。 ダイアログ ボックスです。
  9. ツールボックスで、 Windows フォーム タブで、ダブルクリック UserControl1 Windows アプリケーション プロジェクトの Form1 上のコントロールを配置します。
  10. ソリューション エクスプ ローラーで展開します。 WindowsApp1、し展開 参照.
  11. WindowsCtrl1 では、参照を右クリックしをクリックしてください プロパティ.
  12. 変更は、 ローカルをコピーします。 プロパティ False.
  13. で、 ビルド メニューをクリックして ソリューションをビルドします。 WindowsApp1 をビルドします。

元のプロジェクトのユーザー コントロールをコンパイルします。

  1. 最初の Visual Studio のインスタンスを返します。NET またはマイクロソフトの Visual Studio 2005 IDEWindowsCtrl1 プロジェクトのみが含まれているしは、 ボタン 上のコントロールを制御します。
  2. プロジェクトをビルドしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    出力を一時ファイルにコピーできませんでした。ディレクトリです。

2 が発生するの動作を再現する手順

  1. Visual Studio をを起動します。NET IDE またはマイクロソフトの Visual Studio 2005。
  2. で、 ファイル メニューのポイント 新しい、し プロジェクト.
  3. で、 新しいプロジェクト ダイアログ ボックスで、 Visual Basic プロジェクト 下にあります。 [プロジェクトの種類.

    メモ Visual Studio 2005 年にをクリックします。 Visual Basic 下にあります。 [プロジェクトの種類.
  4. クリックしてください。 Windows アプリケーション 下にあります。 テンプレート.
  5. で、 名前 ボックスの種類 WindowsApp1、し [OK].
  6. ソリューションをビルドします。プロジェクトにコンパイルされるかどうかを確認します。エラーが発生。
  7. Windows エクスプ ローラーで、WindowsApp1.exe が組み込まれているフォルダーを開きます。
  8. アプリケーションを起動するのには、[WindowsApp1.exe] をダブルクリックします。
  9. プロジェクトに Visual Studio を返します。NET または 2005 年の Visual Studio。
  10. プロジェクトを再構築しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    できます。一時ファイルを出力ディレクトリにコピーします。
    メモ クリックして、プロジェクトをビルドするには、 ソリューションをリビルドします。 で、 ビルド メニューです。

    メモ コードを変更する必要があります。 かをクリックする必要があります。 ソリューションをリビルドします。 このエラー メッセージが表示される.

プロパティ

文書番号: 311491 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbnofix kbprb kbprod2web kbvs2005applies kbvs2005swept kbmt KB311491 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:311491
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com