Office XP Service Pack 1 で修正される Word 2002 での問題の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 311594 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、 Microsoft Office XP Service Pack 1(SP-1)を(SP-1)リリースしました。 この資料では、この Service Pack で修正される Microsoft Word 2002 の問題について説明します。

関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
307843 OFFXP: Office XP Service Pack 1 の概要
最新の Microsoft Office XP Service Pack の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307841 OFFXP:最新の Office XP サービス パック の入手方法

詳細

SP-1 で修正される Word 2002 の問題

SP-1 で問題を修正するのに次のサポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料に記載される問題:

287635 [WD2002] プログラムでスペル チェックを行うとスペル ミスの語句の数が正しく表示されな
Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロを使用して、Word 文書のスペル チェックを実行しようとすると、スペル ミスの単語数が適切に表示されない場合があります。
300553 Q300553 WD2002: Overview of the Word 2002 Update: June 21, 2001
マイクロソフトでは、以前に Word 2002 のアップデートをリリースしましたが、この内容は Office XP Service Pack 1 (SP-1) に含まれています。 このアップデートには、ユーザーから寄せられたエラー報告を直接反映した修正が収められています。 また、このアップデートを適用すると、不正に修正された文書を開く場合に、警告なしにマクロが実行される問題も回避されます。
298953 [WD2002] 波線、点線、または破線の罫線が実線として印刷される
点線、破線、波線が使用されたテキスト、段落、および表の罫線が適切に印刷されない場合があります。 境界線は、実線として印刷されることがあります。
300455 Q300455 WD2002: VBA Functions to Hide Revisions in Word 2000 Don't Work in Word 2002
Microsoft Office XP では、削除したテキストをマークする以下の 3 つの Microsoft Word 2000 のオプションはサポートされませんが、VBA オブジェクト モデルおよびヘルプ ファイルに表示されています。

Word.options.DeletedTextMark = wdDeletedTextMarkHidden
Word.options.DeletedTextMark = wdDeletedTextMarkCaret
Word.options.DeletedTextMark = wdDeletedTextMarkHash

SP-1 で修正されるその他の問題

箇条書きまたは段落番号の書式が返信時に変更される

Microsoft Outlook 2000 で箇条書きまたは段落番号を含むメッセージを作成し、このメッセージを Outlook 2002 ユーザーに送信して、Outlook 2002 ユーザーがメッセージに返信した場合、[リッチ テキスト形式の電子メールの表示に Microsoft Word を使用する] オプションが選択されていると、箇条書きまたは段落番号の書式が変更されます。

長い文字列を使用して DDE 接続を行うと Word が終了する

255 文字を超える接続文字列を使用して Dynamic Data Exchange (DDE) 接続を実行しようとすると、Word が予期せず終了します。

単語の一部がスマート タグの銘柄コードとして認識される

MSN MoneyCentral の銘柄コードを含めるようにスマート タグ リストを設定すると、一部の単語がスマート タグに変換される場合があります。

一部の 3 文字の銘柄コードが認識されない

MSN MoneyCentral の銘柄コードを含めるようにスマート タグ リストを設定した場合、一部の 3 文字の銘柄コードが認識されません。 この現象は、他の銘柄コードで始まり、それ以外の文字が後ろに追加されている銘柄コードが存在する場合に発生します。 たとえば、ストック証券シンボル MCDE と MCDT が存在するため、 MCD が認識されていません。

特定の言語を使用できない場合の校正ツールの問題

この問題は、インストールに問題がある (または、セットアップ時にファイルを使用しないように構成されている) ことが原因で、一部の言語で校正ツール ファイルを使用できない状態になっている場合に、同じベース ID を持つ他の言語のファイルがインストールされていると発生します。 Word では、代わりの校正ファイルが使用されますが、存在しないファイルの言語が表示されます。

サブ文書を展開すると、「サブ文書が見付からない」エラー メッセージ

マスタ文書およびサブ文書の両方のファイルを移動した後に、マスタ文書に含まれるサブ文書を展開しようとすると、マスタ文書の対応するサブディレクトリ内でサブ文書が検索されません。

番号付き段落の番号がテキストに重なる

ヘブライ語版の Word またはヘブライ語を有効にした英語版の Word では、番号付き段落の番号がページの反対側に印刷され、番号がテキストに重なって印刷される場合があります。

突然 Word は、 WebBrowser コントロールを終了します。

WebBrowser コントロール内で Word 文書を開き、WebBrowser コントロールの外で Word を起動して終了すると、WebBrowser コントロールを変更したときに Word が予期せず終了する場合があります。

ポルトガル語 (ブラジル語) の校正ツールを使用して文法チェックを実行すると、Word が予期せず終了する

"oriente" という単語を含む文書で文法チェックを実行すると、Word が予期せず終了します。

電子メール メッセージに返信すると、行頭文字がテキストの上に表示される

返信 Microsoft PowerPoint プレゼンテーションから貼り付けた記号付き一覧を含む電子メール メッセージにするならば、返信メッセージのテキストに箇条書きが浮動できます。

スタイルの名前を変更すると、重複するスタイルが作成される

段落スタイルに基づいてある文字スタイルを作成するとき、文字スタイルが段落スタイルが一意の名によって基づかれて持っています。 段落スタイルの名前を変更すると、文字スタイルの名前が自動的に変更され、文字スタイルの新しい名前が既存のスタイルと同一になる場合があります。

HTML 文書で行を移動すると、テーブルが分割される

返信メッセージまたは HTML ファイルに含まれる埋め込み Microsoft Excel ワークシートの行をドラッグすると、ドラッグした行によって埋め込みテーブルが別個のテーブルに分割される場合があります。

文書を保存すると Word が予期せず終了する

証明書を含む文書に基づく文書を保存しようとしたときに、文書に文書変数が含まれていると、Word が予期せず終了する場合があります。

スタイルで数字に別のフォントを設定しても同じフォントが使用される

東アジア言語版の Word では、スタイルで数字のフォントをテキストと別のフォントに設定しても、同じフォントで表示されます。 段落に番号を付けている場合、番号とテキストが同じフォントで表示されます。

スペル チェックおよび文法チェックのパフォーマンス向上

SP-1 の校正ツールは、Microsoft Windows XP ベースのコンピュータでパフォーマンスを向上させるように最適化されています。

再描画時にオブジェクトを選択すると Word が予期せず終了する

オブジェクトの再描画が完了する前に Word 文書の埋め込みオブジェクトを選択すると、Word が予期せず終了する場合があります。

代替フォント リンク

Word 2002 繁体字中国語 (CHT) は、MingLiU-ExtB および SimSun (FounderExtended) の代替フォントに対応しました。

貼り付けたハイパーリンクによって表示テキストだけが置き換えられる

つまりコピーされたハイパーリンクを貼り付けられると、(電子メール エディタとして Word で)電子メールで含まれた既存のハイパーリンクを介して Word(たとえば Microsoft Internet Explorer の アドレス ボックスからの URL)外にメッセージだ、またはドキュメントは、ハイパーリンクの表示テキストが正しい URL に変更します。 しかし、Ctrl キーを押しながらハイパーリンクをクリックすると、リンクの <I>以前の</I> URL に接続されます。

プログラムからアクセスした場合に、読みやすさの評価が異なる

Microsoft Visual Basic for Applications を使用して、文書の読みやすさの評価を呼び出すと、[文章校正] ダイアログ ボックスに表示されるものと同じ結果が表示されない場合があります。 特に、文書に行頭文字やタブが含まれている場合に結果が異なります。

[書式の詳細設定] 作業ウィンドウで Microsoft Active Accessibility が完全にサポートされない

[書式の詳細設定] タスクバーでは、Microsoft Active Accessibility が完全にサポートされていません。 SP-1 を使用すると、スクリーン リーダーまたは拡大鏡アクセサリを使用して選択したフォントの書式に関する詳細を表示できます。

電子メール メッセージのハイパーリンクでユーザー補助の色の設定が無視される

Outlook の電子メール エディタとして Word を使用している場合、メッセージを送信するまで、HTML メッセージで作成したハイパーリンクでユーザー補助の色の設定が無視されます。 たとえば、黒の背景に白のテキストを使用している場合、ハイパーリンクは青で表示されます。

電子メール メッセージ返信では、色のユーザー補助の設定が無視されます。

Outlook の電子メール エディタとして Word を使用し、メッセージに返信する場合、デフォルトのテキストの色は青です。 high-contrast 配色を使用している場合、 SP-1 の Changes がテキストの既定の Outlook 色をオーバーライドします。

非表示としてマークされた削除済みテキストによって Word が予期せず終了する

変更履歴をオンにした Microsoft Word 95 で編集した文書を使用すると、Word 2002 が予期せず終了する場合があります。 この現象は番号付きまたは記号付き段落に削除された文字列がある場合、発生します。

「エラー」 不明なキーワード" のエラー メッセージが表示される

Word 2002 でフランス語版 Word 95 の文書を開いた場合、一部のフィールド名がフランス語から英語に適切に変換されません。

辞書に追加した単語がスペル ミスとしてマークされる

韓国語版の Word でユーザー辞書に追加した単語は、ミス スペルとしてマークされる場合があります。

Word 文書をスクロールしても、ActiveX コントロール内のオブジェクトが再描画されない

つまりコントロールが ActiveX コントロールを含むドキュメントをスクロールするとき、正しく表示されないことがあります。 文書を閉じてから再度開くと、コントロールが適切に表示されます。

電子メール メッセージの一部のスペル チェックを実行すると、ボタンが無効であることを送信します。

Outlook の電子メール エディタとして Word を使用し、電子メール メッセージのセクションでスペル チェック プログラムを実行して、メッセージの残りの部分でスペル チェック プログラムを実行しないと、[送信] ボタンが無効になります。 再度任意のダイアログ ボックスを開き、そして閉じると、 送信ボタンが有効です。

プロパティ

文書番号: 311594 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbdownload kbinfo kbofficexpsp1fix KB311594 KbMtja kbmt
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:311594
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com