Windows XP のインストール時にエラー メッセージ "Windows XP Professional CD-ROM の 'asms' ファイルが必要です" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 311755 - 対象製品
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows XP のインストール時に、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
[ファイルが必要]

Windows XP Professional CD-ROM の 'asms' ファイルが必要です。ファイルの格納場所へのパスを入力して、[OK] をクリックしてください。

原因

この問題は、セットアップ プログラムが CD-ROM ドライブと通信できない場合に発生することがあります。

解決方法

この問題を解決するには、コンピュータに応じて適切な方法を使用します。

FAT または FAT32 ファイル システムでフォーマットされたハード ディスクの場合

ハード ディスクが FAT ファイル システムまたは FAT32 ファイル システムでフォーマットされている場合は、次の手順を実行します。
  1. CD-ROM ドライバを含む Microsoft Windows 98 Second Edition または Microsoft Windows Millennium Edition (Me) の起動ディスクを使用して、コンピュータを再起動します。
  2. Windows 98 Second Edition の CD-ROM、Windows Millennium Edition (Me) の CD-ROM、またはハード ディスクから、Windows の起動ディスクに Xcopy.exe ツールをコピーします。これを行うには、以下のうち適切な方法を使用します。

    Windows 98 Second Edition の CD-ROM の場合

    Windows 98 Second Edition の CD-ROM を CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに挿入し、コマンド プロンプトで次の行を入力します。各行を入力した後、Enter キーを押します。 以下のコマンド内の cd-rom には、CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブのドライブ文字を指定します。
    c:
    copy cd-rom:\win98\smartdrv.exe
    copy cd-rom:\tools\oldmsdos\xcopy*.*

    Windows Millennium Edition (Me) の CD-ROM の場合

    Windows Millennium Edition (Me) の CD-ROM を CD-ROM または DVD-ROM ドライブに挿入し、コマンド プロンプトで次の行を入力します。 以下のコマンド内の cd-rom には、CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブのドライブ文字を指定します。各行を入力した後、Enter キーを押します。
    c:
    copy cd-rom:\win9x\smartdrv.exe
    extract cd-rom:\win9x\win_17.cab xcopy.exe /L c:\ xcopy.exe
    extract cd-rom:\win9x\win_17.cab xcopy32.exe /L c:\ xcopy32.exe
    extract cd-rom:\win9x\win_19.cab xcopy32.mod /L c:\ xcopy32.mod

    ハード ディスクの場合

    コマンド プロンプトで、次の行を入力します。 以下のコマンド内の drive には、Windows がインストールされているハード ディスクのドライブ文字を指定します。各行を入力した後、Enter キーを押します。
    c:
    copy drive:\windows\smartdrv.*
    copy drive:\windows\xcopy*.*
  3. Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) の CD-ROM を取り出し、Windows XP Professional の CD-ROM を挿入します。
  4. I386 フォルダおよびそのすべてのサブフォルダを、ハード ディスクにコピーします。コピーするには、コマンド プロンプトで次の行を入力します。 以下のコマンドの cd-rom には CD-ROM ドライブのドライブ文字を、 drive にはハード ディスクのドライブ文字を指定します。各行を入力した後、Enter キーを押します。
    smartdrv
    xcopy cd-rom:\i386 drive:\i386 /e
  5. コンピュータを再起動し、再度セットアップ プログラムを開始します。
  6. エラー メッセージが表示されたら、[参照] をクリックしてハード ディスク上の I386 フォルダのパスを入力します。

    : フォルダの場所の入力を求めるメッセージは、数回表示されることがあります。[参照] ボタンが使用できない場合は、「NTFS ファイル システムでフォーマットされたハード ディスクの場合」を参照してください。

NTFS ファイル システムでフォーマットされたハード ディスクの場合

ハード ディスクが NTFS ファイル システムでフォーマットされていて、以前のバージョンの Windows をアップグレードしている場合は、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。
  1. エラー メッセージが表示されたら、Shift キーを押しながら F10 キーを押してコマンド セッションを開始します。
  2. regedit.exe と入力し、Enter キーを押します。
  3. [HKEY_LOCAL_MACHINE] をクリックします。
  4. [ファイル] メニューの [ハイブの読み込み] をクリックし、%Windir%\System32\Config\System.sav. を読み込みます。
  5. 名前を指定するように求めるメッセージが表示されたら、Test と入力します。
  6. 以下のレジストリ キーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Test\ControlSet001\Control\Class{4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}
  7. UPPERFILTERS および LOWERFILTERS レジストリ キーを削除します。
  8. Test ハイブの下にある、他の ControlSet # キーについても、手順 6. 〜 7. を繰り返します。
  9. [ファイル] をクリックし、[終了] をクリックしてレジストリ エディタを終了します。
  10. エラー メッセージ内のパスが CD-ROM ドライブの正しいドライブ文字である場合、[OK] をクリックしてセットアップ プログラムを続行します。
  11. 再度エラー メッセージが表示される場合は、CD-ROM ドライブからの読み取りがセットアップ プログラムで正しく行われないか、パス情報が正しくありません。この場合、コンピュータを再起動して、セットアップ プログラムが再開されるようにします。

方法 2

コマンド プロンプトで Regedit.exe を起動できず、ハード ディスク上に Windows のインストールが可能な他のパーティションがある場合は、次の手順を実行します。
  1. 他のパーティションに Windows をインストールします。
  2. Windows の新しいインストールを起動してから、Regedit.exe を起動します。
  3. 方法 1 の手順を実行します。ただし、System.sav ハイブは元の Windows フォルダから読み込みます。

方法 3

ホログラムのある製品版の Windows CD-ROM を使用していない場合 (たとえば、コピーされた CD-ROM を使用している場合)、ホログラムのある製品版 CD-ROM からセットアップを実行します。これを確認するには、回復コンソールを使用してコンピュータを起動し、C:\$win_nt$.~ls フォルダをチェックします。Asms フォルダを探します。フォルダが存在しないか、格納されているファイルが 0 バイトである場合は、CD-ROM が正しくコピーされていません。

回復コンソールの使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307654 [HOWTO] Windows XP での回復コンソールのインストールおよび使用方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 311755 (最終更新日 2005-05-04) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 311755 - 最終更新日: 2005年8月18日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbregistry kberrmsg kbprb kbsetup KB311755
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com