Windows Server 2003 にアップグレード後、クラスタ ネットワーク名がオンラインにならない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 311799 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP311799
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

バージョンが混在するクラスタで、Windows Server 2003 にアップグレードした後、またはノードがアップグレードされた後、サード パーティ製の暗号化サービス プロバイダを使用しているクラスタ リソースがオンラインになりません。

解決方法

この問題を解決するには、Cluster.exe ユーティリティを使用して、問題が発生しているリソースの種類に対するデータの暗号化と暗号化解除を提供しているサード パーティ製の暗号化サービス プロバイダのキー長と有効キー長を、CSP (暗号化サービス プロバイダ) プライベート プロパティに設定します。そのためには、次の手順に従います。
  1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。ここで、クラスタ名 はクラスタの名前、CSP は暗号化サービス プロバイダの名前、キー長 および有効キー長 は、RC2 アルゴリズムのキーの長さ、および有効なキーの長さ (ビット単位) です。
    cluster クラスタ名 "CSP"=キー長,有効キー長:MULTISTR
    このコマンドにより、リソース データ (クラスタおよびクラスタ アプリケーションの暗号化チェックポイント) のエクスポート (暗号化) およびインポート (暗号化解除) に使用される暗号化キーの暗号化レベル (キー長) が設定されます。インポートおよびエクスポートされたリソース データは、クォーラムに保存されます。Cluster.exe を使用する方法の詳細については、クラスタのヘルプを参照してください。
  2. 新しい暗号化チェックポイントを追加するには、 リソースに応じて、リソースをオンラインするか、リソースを再作成します。
暗号化キーは、RC2 ブロック暗号化方式を使用する暗号化サービス プロバイダにより生成されます。次の RC2 暗号化アルゴリズム パラメータに対する有効な値については、使用している暗号化サービス プロバイダの説明書で確認してください。
キー長
有効キー長
また、暗号化チェックポイントを追加する方法についても、暗号化サービス プロバイダの説明書で確認してください。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


クラスタのプライベート プロパティを参照するには、/priv パラメータをオプションなしで使用します。たとえば、OpsClust クラスタのプライベート プロパティを参照するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
cluster opsclust /priv
マイクロソフトにより提供されているものではないサード パーティ製の暗号化サービス プロバイダを使用する、サード パーティ製のリソースまたはプログラムがある場合は、プライベート プロパティを使用できます。

: この問題のトラブルシューティングについては、ヘルプ ファイルの「グループおよびリソースの障害に関する問題」トピックにある「バージョンが混在するクラスタで、またはクラスタをアップグレードするときに、サード パーティのリソースをオンラインにできません。」セクションを参照してください。

暗号化チェックポイント データは、リソースをオンラインにする前、リソース データをクラスタ ノードにインポートする際にクォーラムに書き込まれます。暗号化チェックポイント データのセキュリティに不安がある場合は、このプライベート プロパティを使用して、クラスタ サービスにより使用されるすべての暗号化サービス プロバイダ (サード パーティ開発元またはマイクロソフトにより提供されるもの) の暗号化レベルを変更できます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 311799 (最終更新日 2003-06-05) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 311799 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 8.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug KB311799
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com