再インストール、修復、または Windows XP にアップグレードした後にデータが失われる

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 312368
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP312368
メモ: この資料の情報は、コンピューターの製造元によってプレインストールされた Windows xp がコンピューターにのみを適用します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

すべてのユーザーのフォルダーに格納されているデータが失われる可能性があります、プログラムの既定のテンプレートと再インストール、修復、または Windows XP にアップグレードした後、既定のユーザー フォルダーに格納されている設定が失われる可能性があります。また、 開始 メニューのショートカット、スタートアップ グループ、ドキュメント、画像、または共有ドキュメント フォルダーに保存されている音楽ファイル内のアイテムが見つからない可能性があります。

この問題は、次の操作のいずれかを Windows XP のとも呼ばれますは、相手先ブランド供給 (OEM) は、コンピューター製造元によってプレインストールされているコンピューター上で実行した後に発生します。
  • クリックすると、同じフォルダーに Windows XP を再インストールします。 アップグレード (推奨) Winnt32.exe を実行すると、またはをクリックすると、 Windows XP をインストールします。 Windows XP の CD-ROM を挿入したときに表示される"ようこそに Microsoft Windows XP] 画面にリンクします。これは、インプレース アップグレードまたはインプレース インストールを実行するとも呼ばれます。
  • Windows XP CD-ROM からコンピューターを起動する、Windows xp をセットアップするには、ENTER キーを押してして、選択したインストールを修復するのには、R キーを押して Windows XP を修復します。
  • コンピューターの製造元に、製品版の Windows XP Professional がプレインストールされている Windows XP Home Edition のインストールをアップグレードします。

原因

Undo_guimode.txt ファイルは、Windows xp がこの資料の「現象」に記載されている、の操作を実行すると、コンピューターの製造元がプリインストールされている windows \system32 フォルダー内のコンピューターのハード ディスクがある場合は、この現象が発生することができます。Undo_guimode.txt ファイルは、Windows XP のコンピューターの製造元によってプレインストールされているコンピューターを初めて起動したときに実行されるウィザードによって作成されます。

メモ Undo_guimode.txt ファイルはべきでないとき OEM のアウト ボックス エクスペリエンス (OOBE) によって作成されます。セットアップを再起動すると、このファイルは、GUI モードのセットアップによってのみ使用があります。アップグレード セットアップを実行すると、このファイルは、OOBE を作成した後、このファイルが、セットアップを再起動し、この資料の前半に記載されているプロファイルを削除することと考えています。

解決方法

この問題を解決するには、Windows XP 用の最新の service pack を入手します。詳細については、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
322389 Windows XP Service Pack の入手方法
この問題を解決するのには、失われたデータとプログラムのショートカットをバックアップから復元します。

この問題を回避するには、次の Knowledge Base の資料を参照してください。
312369 データまたはプログラムの設定を再インストール、修復、または Windows XP をアップグレードした後低下します。
更新する OEM プレインストール キット (この問題を解決する OPK) は、コンピューターの製造元に配布されています。

この更新プログラムは、マイクロソフト製品サポート サービスもあります。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムは、次のファイル属性があります以降。
   Date        Time   Version      Size     File name
   -----------------------------------------------------
   08-11-2001  09:12  5.1.2600.19  927,232  Syssetup.dll
				

詳細

スリップ、オペレーティング システムをインストールする前に、OEM プレインストール環境で正しく動作するこの修正プログラムは、修正プログラムをインストール ソース ディレクトリ (i386) にストリームする必要があります。これを行わない場合は、オリジナルの Syssetup.dll ファイル \Windows\System32\Undo_GUImode.txt ファイルを作成し、この資料の冒頭に記載されている現象が発生します。

インストール元のディレクトリに修正プログラムをスリップ ストリームするには、次の手順に従います。
  1. この修正プログラム パッケージを 8.3 形式を使用して、ファイル名に変更します。

    これを行うには、次の行をコマンド プロンプトで入力します場所。 q###### Knowledge Base 資料の Q 番号します。修正プログラムには、関連付けられているし、ENTER キーを押します。
    ren q######_wxp_spx では実装されていなかったために発生します_x86_enu.exe q######.exe
    メモは: 修正プログラム ファイルを変更する必要があります Windows XP のセットアップ長いファイル名が認識されません。
  2. 抽出内容を保持する一時ディレクトリを作成、修正プログラム パッケージ。

    これを行うには、次の行をコマンド プロンプトで入力します場所。 q###### 修正プログラム パッケージの名前ですし、ENTER キーを押します。
    md が正しくありません:c:\q######
  3. この修正プログラム パッケージからファイルを抽出します。これを行うには、次の行をコマンド プロンプトで入力します場所。 q###### 修正プログラム パッケージの名前ですし、ENTER キーを押します。
    q######.exe/x
  4. されたらフォルダーを抽出する、ファイルに次の行を入力し、ENTER キーを押します。
    正しくありません:c:\q######
  5. メモ帳などのテキスト エディターを使用して開くには\Opktools\Lang\ENU\SKU\Pro\x86\i386\Dosnet.inf ファイル。
  6. Dosnet.inf ファイルに次の行を追加し、保存し、ファイルを閉じます。
    [OptionalSrcDirs]
    svcpack
  7. I386 フォルダーから、Svcpack.in_ ファイルを削除して削除ファイルの修正プログラムが置き換えられる元のファイル。
  8. ファイルを置き換える修正プログラムを一時フォルダーにコピー、i386 フォルダーです。これを行うには、次の行をコマンド プロンプトで入力します場所。 q###### 修正プログラム パッケージの名前ですし、ENTER キーを押します。
    コピーが正しくありません:c:\q######\syssetup.dllc:\opktools\lang\enu\sku\pro\x86\i386\syssetup.dll
  9. \Opktools\Lang\ENU\SKU\Pro\x86\i386 フォルダー内に Svcpack を作成します。フォルダーです。
  10. \Opktools\Lang\ENU\SKU\Pro\x86\i386 フォルダーには、テキスト エディターを使用します。含む新しい Svcpack.inf ファイルを作成するのには、メモ帳など、次の行
    [バージョン]
    署名 =「$ Windows NT $」
    ビルド番号 2600年 =
    MajorVersion = 5
    MinorVersion = 1

    [SetupData]
    CatalogSubDir"i386\svcpack"=

    [ProductCatalogsToInstall]
    sp1.cat

    [SetupHotfixesToRun]
    q###### -q-n 〜 z
    場所 q###### この修正プログラム パッケージの名前です。
  11. Sp1.cat ファイルは、c:\ からコピーします。q######\Update フォルダーには、C:\Opktools\Lang\ENU\SKU\Pro\x86\i386\Svcpack フォルダー。

    これを行うには、次の行をコマンド プロンプトで入力します場所。 q###### 修正プログラム パッケージの名前ですし、ENTER キーを押します。
    コピーが正しくありません:c:\q######\update\sp1.catc:\opktools\lang\enu\sku\pro\x86\i386\svcpack\sp1.cat
  12. コピー、 Q######.exe ファイルには、C:\Opktools\Lang\ENU\SKU\Pro\x86\i386\Svcpack フォルダー。

    これを行うには、次の行をコマンド プロンプトで入力します場所。 q###### 修正プログラム パッケージの名前ですし、ENTER キーを押します。
    {{コピー}} q######.exec:\opktools\lang\enu\sku\pro\x86\i386\svcpack\q######.exe

状況

Microsoft では、これ問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は Windows XP Service Pack 1 で修正されました。

プロパティ

文書番号: 312368 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbenv kbsetup kbwinxpsp1fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB312368 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:312368
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com