.NET データ ・ プロバイダーの情報: ロードマップ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 313480 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で学び、ADO.NET をマスターするためのロードマップを提供します。データに含まれる ◇ロードマップ資料提供、有用な情報へのリンクを含むオンライン マニュアル (Microsoft Knowledge Base) の資料、Microsoft ホワイトMicrosoft 製品についての学習に役立つ論文、または技術です。

詳細についてはADO.NET テクノロジー ・ ロードマップ資料を表示するには、次の文書番号をクリックして、資料は、マイクロソフト サポート技術。
313590 ADO.NET の情報: ロードマップ
ADO.NETデータ アダプターオブジェクトの詳細については、記事を表示するには、次の文書番号をクリックします。技術情報:
313483 ADO.NET のデータ アダプター オブジェクトの情報: ロードマップ

概要とアーキテクチャ

Microsoft .net データ プロバイダーが提供するクラスのセットです。データベースまたはデータ ソースにアクセスします。Microsoft.NET Framework のには 2 つが含まれます。データ プロバイダー。
  • データベースにアクセス OLE DB .net データ プロバイダー (ole Db)Microsoft OLE DB 〜
  • 提供 SQL Server の .net データ プロバイダー (SqlClient)Microsoft SQL Server version 7.0 への直接の高パフォーマンスと後で
その他のデータ プロバイダーは、Web 上から利用可能になりますサード パーティのベンダー。さらに、利用可能なソフトウェアを使用できます。SDK 開発キット (データ プロバイダーを記述する)。

各データプロバイダーには、接続コマンドパラメータオブジェクトとDataReaderトランザクションの新しいオブジェクトが含まれます。この資料でを使用するために参照が用意されています、.NET データ プロバイダーのオブジェクト アプリケーションでは。

概要について.NET データ ・ プロバイダーを参照するには、以下のトピックでは、Microsoft VisualStudio .net のオンライン ヘルプのドキュメント: Visual Studio .net および .net 開発プラットフォームを含めるSqlClient と OleDb .net データ ・ プロバイダー。ODBC .net をダウンロードできます。データ プロバイダーは、次のマイクロソフト Web サイトから。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/data/aa937730.aspx
MSDN の資料

ADO.NET 入門
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa902662 (v=sql.80)

プログラミングの注意点

常にDisposeメソッドを明示的に閉じるか、アプリケーション コード内での接続DataReaderオブジェクトの破棄を閉じますかを呼び出します。該当オブジェクトをように注意してください。スコープか、何も(Visual Basic) またはnull (Visual C# や Visual C) で設定します。CloseまたはDisposeを呼び出さない場合は、次のガベージ コレクションされるまでは、高価なリソースを占有します。コレクションです。

ただし、 CloseまたはDisposeConnectionオブジェクト、 DataReaderオブジェクトの場合、または他の管理オブジェクトのクラスのFinalizeメソッドを呼び出さないでください。中には、オブジェクトのファイナライザーが呼び出されますガベージ コレクション。クラスのFinalizeメソッドをマネージ オブジェクトのCloseまたはDisposeを呼び出すと、問題場合に発生することができます、クラスは、dispose のスレッド セーフと、アプリケーションを実行しているかどうかではありませんがマルチプロセッサのコンピューターです。

ファイナライザーとだけ解放する必要があります。クラスが直接所有するアンマネージ リソース。いずれかを所有していない場合アンマネージ リソースは含まれない、 Finalizeメソッド、クラス定義で。これは特に重要である場合クラスは、Windows サービス、Web サービス、またはその他の ASP.NET アプリケーションに使用します。この種のアプリケーションはサーバー上のユーザー インターフェイスはありません。コンピューターです。アサーションは、またはが発生したその他のエラー、サーバーをことができます。応答を停止 (ハング) を処理します。


クイック スタートのサンプル、チュートリアル、および技術情報の記事

クイック スタート サンプル ファイル参照用のコード サンプルを提供します。標準的なアプリケーションを実行していくミニ-チュートリアル チュートリアルを提供します。開発シナ リオ。技術情報の"How To"記事を提供します。特定のタスクを実行する方法についての手順します。

、Visual Studio .net のオンライン ヘルプのトピック、クイック スタート サンプル ファイル、チュートリアル、(Microsoft Knowledge Base) の資料で後述しますが説明する方法.NET データ ・ プロバイダーを使用します。

MSDN の資料
.NET データ ・ プロバイダーのデータ アクセスを使用してください。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/s7ee2dwt (vs.71)
クイック スタート サンプル

クイック スタート サンプル ファイルをコンピューターにインストールされています。2 つの場所のいずれかで。一部としてクイック スタート サンプル ファイルをインストールする場合Visual Studio .net では、サンプル ファイルは次のフォルダーにあります。
[ファイル名 Visual Studio を指定して .net\frameworksdk\samples\quickstart\.
場合は、.net の一部としてクイック スタート サンプル ファイルをインストール開発プラットフォームには、サンプル ファイルは次のフォルダーにあります。
[ファイル名の Files\FrameworkSDK\Samples\QuickStart\.
チュートリアル

Visual Studio の .net では、ヘルプメニューのインデックスをクリックします。検索テキスト ボックスに、入力します。 データのチュートリアル.、キーワード検索の結果ウィンドウには、データ アクセス関連のチュートリアルの一覧が表示されます。

技術資料
310985 Visual Basic .net および接続文字列で ODBC .net マネージド プロバイダーを使用する方法。
310988 方法: Visual C# .net および接続文字列で ODBC .net マネージド プロバイダーを使用します。
How To 記事については、.net データ ・ プロバイダーの一覧を表示するには、ここをクリックします。

接続

一般に、有効な接続文字列を接続する場合と、 OdbcConnectionオブジェクトをマイクロソフトの接続文字列と同じです。ActiveX データ (ADO) OLE DB、および ODBC それぞれオブジェクトです。主な違いOleDbConnectionオブジェクトは ODBC ドライバーに接続するのには使用できません。ODBC .net を使用する必要があります。データ プロバイダーにします。さらに、OleDb .net データ プロバイダーは、必要があります。OLE DB プロバイダーは、特定のインタ フェースをサポートします。これらのインターフェイスの一覧については、次のトピックでは、Visual Studio .net のオンライン ヘルプを参照してください。ドキュメントまたは MSDN:
OLE DB インターフェイスが OLE DB .net データ プロバイダーが使用されます。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cwctxe7a (v=vs.71)
SqlClient .net データ ・ プロバイダーの接続文字列ことができます。1 つの主要要素 ODBC または OLE DB の接続文字列からを使用してください。例外: SqlClient .net データ ・ プロバイダーのデータ ソース名を使用できません。(Dsn)、ファイルしますの Dsn、またはユーザー定義型 (UDT) ファイル。さらに、SqlClient、.NET データ ・ プロバイダーのドライバーまたはプロバイダーの要素を指定できません。

SqlConnectionオブジェクトには、 ConnectionString要素の詳細についてを参照するには、次のトピックでは、Visual Studio.オンライン ヘルプまたは MSDN:
SqlConnection.ConnectionString プロパティ
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.data.sqlclient.sqlconnection.connectionstring.aspx
ADO の以前のバージョンとは異なり、接続オブジェクトには、ADO.NET コマンドを実行できないようにします。使用する必要があります。コマンドオブジェクトの代わりにします。また、どのようにトランザクションを制御します。ADO.NET は、ADO の以前のバージョンでよりも異なります。

場合は、SqlCommandまたはOleDbCommandコンポーネントを追加するには、ツールボックスの ([データベース] タブ) を使用してアプリケーションでデザイン時に、プロパティを編集することができます、[プロパティ] ウィンドウ。

Visual Studio .net オンライン ヘルプ ドキュメント
ADO.NET を使用して、データ ソースへの接続
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/32c5dh3b (v=vs.71)

ADO.NET を使用して SQL Server への接続
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa719765 (v=vs.71)

SQL Server の .net データ プロバイダーの接続のプール
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/8xx3tyca (v=vs.71)

ADO.NET を使用して、OLE DB データ ソースへの接続
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa719763 (v=vs.71)

OLE DB .net データ プロバイダーの接続のプール
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa719769 (v=vs.71)

接続イベントの使用
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/a0hee08w (v=vs.80)
技術資料
309485 HOW TO Visual Basic .net を使用して ADO.NET のプログラムで接続文字列を作成
310083 HOW TO Visual C# .net を使用して ADO.NET のプログラムで接続文字列を作成
308075 方法: Visual Basic .net の OleDbConnection オブジェクトでデータ リンク ファイルを使用します。

コマンドとパラメーター

サーバーでステートメントを実行するのににはコマンドを使用します。Executeメソッドは、いくつかの種類があります提供されています。
  • ExecuteNonQuery。出力は必要ありません。
  • ExecuteScalar。スカラーの結果のみが返されます。
  • ExecuteReader。一連のレコードを返します。
  • SqlCommandExecuteXml 。SQL Server の XML からを System.Xml.XmlReader オブジェクトが返されます。クエリです。
コマンドの実行を制御するには、データをエンコードします。SQL のステートメント、またはParameterオブジェクトからのデータが含まれます。お勧めするためのパラメーターを使用するには区切り記号との原因となるその他の特殊文字をエスケープする必要がないです。無効な SQL スクリプトです。さらに、SqlClient .net データ ・ プロバイダーにバインドします。パラメーターの名前。そのため、SQL スクリプトのパラメーターを再利用でき、データを複数回送信する必要はありません。

読むことができます。出力パラメーターのデータをバックアップしてください。コマンドDataReaderを返す場合、出力パラメーターの値にアクセスする前に、 CloseまたはDisposeメソッドDataReaderを呼び出す必要があります。ので、サーバーの送信出力パラメーターはデータ ストリームの最後の値、クリーンアップ、またはそれ以外の場合、コレクションに含まれるデータを処理する必要があります。

追加するかどうかは、SqlCommandまたはOleDbCommandコンポーネントをアプリケーションから、ツールボックスの ([データベース] タブ) 編集できますプロパティをデザイン時に、[プロパティ] ウィンドウと、コマンドを使用、グラフィックを作成します。デザイナー。

Visual Studio .net オンライン ヘルプ ドキュメント
コマンドを実行します。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/tyy0sz6b.aspx

コマンドでストアド プロシージャを使用します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/yy6y35y8 (v=vs.71)

データベースから単一の値を取得します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/hdt3k85x (v=vs.71)

BLOB 値をデータベースから取得します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/87z0hy49 (v=vs.71)

カタログ操作の実行
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ye97aks6 (v=vs.71)

データベース内のデータを変更します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/3btz0xwf (v=vs.71)

SQL Server から XML としてデータを取得します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ke345d80 (v=vs.71)
チュートリアル

ヘルプの索引でを入力します。 チュートリアルでは、データ、し、次のトピックを選択します。
チュートリアル: Web フォームにおけるデータベース更新クエリを使用してデータを更新します。
技術資料
301075 データベースへの接続および ADO.NET と Visual Basic の .net を使用してコマンドを実行する方法
306636 データベースへの接続および ADO .net と Visual C# .net を使用してコマンドを実行する方法
308049 方法: ADO.NET と Visual Basic の .net を使用してパラメーター化されたストアド プロシージャを呼び出す
310070 HOW TO ADO.NET、Visual C# .net を使用して、パラメーター化されたストアド プロシージャを呼び出す
310071 方法: ADO .net と Visual の C++ .net を使用して、パラメーター化されたストアド プロシージャを呼び出す
309486 方法: パラメーター化された SQL を実行するストアド プロシージャを ODBC .net プロバイダーと Visual Basic .net を使用して
310130 方法: パラメーター化された SQL を実行するストアド プロシージャを ODBC .net プロバイダーおよび Visual C# .net を使用して
310142 方法: パラメーター化された SQL を実行するストアド プロシージャを ODBC .net プロバイダーおよび Visual C# .net を使用して
305079 方法: SQL Server データベース プログラム ADO.NET と Visual Basic の .net を使用して作成
307283 方法: SQL Server のデータベース プログラムで ADO.NET Visual C# .net を使用して作成
307402 方法: SQL Server のデータベース プログラムで ADO .net と Visual C .net を使用して作成
How To 資料に関するコマンドの一覧を表示するには、ここをクリックします。

トランザクション

データ アクセス オブジェクト (DAO) は、リモート データ オブジェクト (RDO)、またはActiveX データ オブジェクト (ADO)データベースまたはConnectionオブジェクトのメソッドを使用して、トランザクションの状態を制御します。.NET のデータプロバイダーは、トランザクションオブジェクトを使用して、トランザクションの状態を制御します。

トランザクションオブジェクトを作成するには、接続オブジェクトのBeginTransactionメソッドを使用します。コミットまたはトランザクションをロールバックするを使用します。トランザクションオブジェクト上のメソッド。いくつかなど、Microsoft Jet の OLE DB プロバイダー、入れ子になったトランザクションをサポートして、 OleDbTransactionオブジェクトに複数のローカル スコープを持つ別のトランザクションオブジェクトを取得するBeginメソッドが含まれています。

トランザクションオブジェクトを作成すると、トランザクションの分離レベルを指定できます。使用する場合トランザクションの分離レベルをデフォルト以外のコードを読むことができます。コミットされていないデータが予期せず。過剰なコードを生成可能性がありますまた、サーバーをロックします。

トランザクションに参加するのには、コマンドコマンドトランザクションプロパティをトランザクションオブジェクトを割り当てる必要があります。データベースが表示されていない場合同じ接続で複数のトランザクションをサポートして、例外が表示されます。参加していないコマンドを実行しようとすると、トランザクション中にトランザクション。

コントロールに SQL ステートメントを実行することもできます。トランザクションがサーバー上で。しかし、SQL ステートメントがトランザクションオブジェクトを混在させないでください。予期しない動作が発生する可能性があります。

Visual Studio .net オンライン ヘルプ ドキュメント
トランザクションを実行します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/777e5ebh (v=vs.80)

IsolationLevel 列挙
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.data.isolationlevel (v=vs.71)
技術資料

How To 記事に関するトランザクションの一覧を表示するには、ここをクリックします。

DataReader

データベース ・ サーバからレコードを読み取るためには、 DataReaderオブジェクトを使用できます。Command.ExecuteReaderメソッドを使用すると、 DataReaderオブジェクトを作成します。DataReaderの複数の結果セットの両方を処理できる、階層またはチャプター結果セット。DataReaderは、サーバー側、前方参照のみ/読み取り専用でカーソルを使用します。通常、 DataReaderはレコード全体をバッファリングします。DataReaderは、現在のフィールドのみをバッファリングし、その他の変更できるようにただし、フラグCommand.ExecuteReaderメソッドで指定できます。その他のパフォーマンス。

DataReaderは 1 つだけ、特定の接続で同時に開くことができます。ADO とは異なりは、ブロックされた接続に対して実行すると ADO.NET に対する別の接続を開きません。例外は代わりに受信します。

Web をバインドすることができます。Web ページが順番に生成されているので、コントロールをDataReaderを形成します。ただし、Windows フォーム コントロールは、スクロール可能なカーソルを必要とするため Windows フォーム コントロールをDataReaderにバインドできませんし、代わりに、データセットをバインドします。

コマンドまたは接続の基になるオブジェクト、 DataReaderからアクセスできません。そのため、 DataReaderが信頼されていないコンポーネントに渡すと、コンポーネントは実行できません。悪意のあるコマンドをサーバーに対して。コンポーネントが閉じたときに自動的に接続を閉じるには、 DataReaderにする場合は、 CloseConnectionフラグCommand.ExecuteReaderメソッドを設定します。

DataReader現在のアプリケーション ドメインからに渡すことはできません。別にデータを渡す場合プロセスは、データセットを使用します。代わりに、接続文字列とコマンドを渡すテキストとDataReaderローカルを作成するのには、他のアプリケーションを許可します。

Visual Studio .net オンライン ヘルプ ドキュメント
DataReader を使用してデータを取得しています。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/haa3afyz (v=vs.71)

コマンドでストアド プロシージャを使用します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/yy6y35y8 (v=vs.71)

CommandBehavior 列挙
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.data.commandbehavior (v=vs.71)
技術資料
308278 ハウツー解説: を取得し、ASP.NET、ADO.NET、および Visual Basic の .net を使用して Access データベースから表示を記録
308100 ハウツー解説: を取得し、ASP.NET、ADO.NET、Visual C# .net を使用して Access データベースから表示を記録
309490 方法: Visual Basic .net で DataReader を使用して複数の結果を処理する.
311274 方法: Visual C# .net で DataReader を使用して複数の結果を処理する.
308045 方法: Visual Basic .net で DataReader と ADO の SHAPE コマンドを使用します。
309130 方法: Visual C# .net で DataReader と ADO の SHAPE コマンドを使用します。
310108 方法: DataReader の GetSchemaTable メソッドと Visual Basic の .net を使用して列スキーマを取得する.
310107 方法: DataReader の GetSchemaTable メソッドと Visual C# .net を使用して列スキーマを取得する.
309683 方法: DataReader の GetSchemaTable メソッドと Visual C .net を使用して列スキーマを取得する.
310348 HOW TO Visual Basic .net で DataReader を使用すると、ボックス化が低下を回避します。
312855 HOW TO Visual C# .net で DataReader を使用すると、ボックス化が低下を回避します。
DataReader についての資料の使用方法の一覧を表示するには、ここをクリックします。

エラー処理

データ プロバイダーによって発生するエラーは、特殊な例外です。
  • SqlException
  • OleDbException
  • OdbcException
これらのクラスのプロパティを取得することができます拡張エラー情報です。SqlClient .net データ プロバイダーが関連付けられたのでSQL Server、 OleDbExceptionよりSqlExceptionクラスで複数のサーバ固有情報は提供できるOdbcExceptionクラスを提供します。サード ・ パーティ製 .net データ プロバイダーが自分にあります。独自の例外クラスです。

重要度の低いサーバー エラーまたは警告をします。メッセージとして返されます。このような重要度の低いサーバーのエラーを処理するには、イベントを追加します。Connection.InfoMessageイベントのハンドラーです。その他の種類の例外は次のようInvalidArgumentException は、.net データ ・ プロバイダーから直接発生クラス。

各例外が公開するプロパティを決定するには、Visual Studio .net オンライン ヘルプの例外クラスをクエリします。また、します。クエリ メソッドで何が発生する例外を説明する具体的な方法について状況。

高価なシステムを公開しないことを確認するのにはリソースの例外ハンドラーのFinally句の開いている接続またはDataReaderオブジェクトを閉じます。これらのシステム リソースします。次回ガベージ コレクションの実行中にまたは、アプリケーションのシャット ダウン時のクリーンアップダウンします。ただし、その時間の前に、リソース プールを使い果たすこと。

Visual Studio .net オンライン ヘルプ ドキュメント
SqlException クラス
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.data.sqlclient.sqlexception (v=vs.71)

Sqlerror 関数クラス
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.data.sqlclient.sqlerror (v=vs.71)

OleDbException クラス
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.data.oledb.oledbexception (v=vs.71)

OleDbError クラス
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.data.oledb.oledberror (v=vs.71)
クイック スタート サンプル

その他の一部としてエラー処理を示しますクイック スタートのサンプルです。

技術資料
308043 方法: Visual Basic .net で ADO.NET を使用して基になるプロバイダーのエラーを取得
308650 方法: Visual C# .net の ADO.NET を使用して基になるプロバイダーのエラーを取得
308651 方法: ビジュアル C++ .net で ADO.NET を使用して基になるプロバイダーのエラーを取得

特定のデータベース

データベースによって特定を実行するには、特殊な技術を必要とします。操作します。このセクションでいくつかのより一般的なシナリオの一覧を表示します。

技術資料
308071 HOW TO、OleDbDataReader および Visual Basic .net を使用して Oracle データベースにアクセス
308448 ハウツー解説: OLE DB .net データ プロバイダーおよび Visual C# .net を使用して Oracle データベースにアクセス
308073 ハウツー解説: Oracle に対して DataReader を使用して Visual Basic .net でストアド プロシージャ
309361 ハウツー解説: Oracle に対して DataReader を使用してストアド プロシージャに Visual C# .net
309362 方法: 使用して DataReader、Oracle と Visual C .net でストアド プロシージャ
Oracle に関する How To 資料の一覧を表示するには、ここをクリックします。

.NET データ プロバイダー非依存を実現します。

DAO と Jet 別のデータベースの違いを最小限に抑えます。システムです。その結果、1 つのデータベースから別のアプリケーションを移植できます。非常にいくつか変更をします。RDO および ADO Jet の中間ほどを削除します。パフォーマンスとより多くのサーバーに固有の機能を公開します。しかし、このデータベース間でアプリケーションを移植することが難しくなります。

ADO.NET には別のクラスが含まれていますが ADO.NET より、パフォーします。各 .net データ ・ プロバイダーです。標準的なインタ フェースを使用し、分離、初期化コードをコードの量を最少にする"factory"関数変更する必要があります。さらに、 DataSetオブジェクトは、データ バインディングおよびリモート処理の中心的なオブジェクトを提供します。プロバイダーに依存しないです。

Visual Studio .net オンライン ヘルプ ドキュメント
.NET データ プロバイダーで共通のコードを記述します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa720704 (v=vs.71)
技術資料
308046 Visual Basic .net プロバイダーとフォークのコードを削減するには、[基本クラスの使用方法を管理
313304 方法: 使用の基本クラスが Visual C# .net を使用してフォークのコードを削減するには

.NET データ ・ プロバイダーを記述します。

.NET データ プロバイダーを作成する場合は、データをアクセスできます。OLE DB プロバイダーまたは ODBC ドライバーはありません。データ プロバイダーを作成することもできます。特定のデータベース用に最適化されています。

データプロバイダーとは異なりは、OLE DB プロバイダーを操作し、ADOレコード セット) のデータセットを操作し、準拠はありません。要件:データを参照するのには、データセットにデータを追加する関数を記述することができます。代わりのより完全なデータ プロバイダーの接続オブジェクトを作成できます。

Visual Studio .net オンライン ヘルプ ドキュメント
.NET データ プロバイダーを実装します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/4ksaf9z5 (v=vs.71)

接続を実装します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/6sc13hd1 (v=vs.71)

コマンドの実装
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/efdwa0z6 (v=vs.71)

DataReader の実装
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/5awcy9t0 (v=vs.71)

DataAdapter を実装します。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/08a1x80z (v=vs.71)

.NET データ プロバイダーのサンプル
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/26xsd945 (v=vs.71)
MSDN の資料
ADO.NET: (MSDN マガジン) .net のデータ アクセス フレームワークでの使用のカスタム データ プロバイダーの構築
http://msdn.microsoft.com/en-us/magazine/cc301611.aspx

トラブルシューティング

問題が発生して、質問への回答が必要な場合は、MSDN ニュースグループを参照してください。MSDN ニュースグループを取得するために最適な場所です。質問への回答です。MSDN ニュースグループでは、共有、ピアまたは記事の検索技術の経験特定の問題については。
マイクロソフト ニュースグループ
http://msdn.microsoft.com/newsgroups/

技術情報
http://support.microsoft.com/search

プロパティ

文書番号: 313480 - 最終更新日: 2012年7月9日 - リビジョン: 10.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft ADO.NET 1.1
キーワード:?
kbarttyperoadmap kbinfo kboracle kbsqlclient kbsystemdata kbmt KB313480 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:313480
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com