Web フォームにおけるデータ連結の情報: ロードマップ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 313481
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料について説明し、データをマスターするためのロードマップを提供します。ASP を使用してバインドします。Net。Microsoft の学習を支援するために製品またはテクノロジでは、有用な情報へのリンク ロードマップ資料を提供、オンライン ドキュメント、マイクロソフト サポート技術記事、ホワイトなどペーパー。

この資料では次のとおりです。
  • 概要
  • アーキテクチャ
  • クイック スタート チュートリアル
  • 作業方法に関する資料
  • チュートリアル
  • トラブルシューティング

概要


Web フォーム ページでは、バインドすることで情報を表示できます。データのソースを (と多くの種類のフォームと同様に) を制御します。ただし、データWeb フォーム ページでのバインドは、他のデータ バインドから違いますテクノロジは、Web フォームの機能によってページそのものと、Web プログラミングのアーキテクチャです。使用します。NET の Windows フォームと Web フォームでは、ことができます。実質的にすべてのコントロールのプロパティにバインドするようになりました。

このトピックを提供します。Web フォームにおけるデータ連結に関する背景情報がページで使用する方法データ バインディングでは、Web アプリケーション、および詳細情報を見つけることができますデータ バインドと Web フォーム ページにおけるデータ アクセスについて。

データのバインドWeb フォーム ページでは、柔軟性があります。コントロールのプロパティをデータにバインドできます。このような柔軟性データ連結 Web フォーム ページでは以前からと異なる日付のバインドの種類です。他の種類のデータ バインディングでは、通常、バインドにデータ プロパティ (テキスト ボックスの text プロパティなど) を表示します。ソースです。

Web フォーム ページでは、ほとんどすべての種類、データ ソースを指定できます。情報であるか、このページには、利用可能な情報XML ドキュメント、データベース、他の制御処理、または偶数手動で実行する計算から。

Web フォームのデータバインドするデータの任意のコントロールのプロパティに割り当てることができます。そのためには、データ バインディングなどのアクションを実行するために使用できます。
  • テキスト ボックス、ラベル、ボタンに表示するテキストを設定すると、LinkButton、または他のコントロールを使用します。
  • リンクのターゲット ・ ページ (HREF 属性) を設定します。コントロールです。
  • ブール値に直接設定するのには、チェック ボックス コントロールを連結します。コントロールのチェックされた状態です。
  • その ImageUrl をバインドすることにより、Image コントロールのグラフィックを設定します。URL またはグラフィックの名前を含むデータベースの列のプロパティファイルです。
  • 色、フォント、またはコントロールのサイズを設定します。これをすることができます。データベースに格納するユーザーの基本設定を実装する手段として便利ですまたはその他のデータ ストアです。
つまり、データ バインディングを自動的に設定する方法です。任意のコントロールは、ページの実行時のアクセス可能なプロパティ。

概要ASP を使用して、データ バインディングについて説明します。NET の Web フォームを参照してください、次Microsoft の Web サイト:
Web フォームにおけるデータ連結
Web フォーム ページにおけるデータ連結の概要
Web フォーム ページのデータ連結式
詳細については、次の文書番号をクリックしてください。「サポート技術情報」資料を参照するには:
307860 ASP。NET のデータ バインディングの概要

アーキテクチャ

単一値 Web サーバー コントロールのプロパティにバインドすることができます、データの値 (たとえば、テキスト ボックスの Text プロパティをバインドできます、ImageUrl プロパティを Image コントロール)。これは、ディスプレイだけでなくが含まれますプロパティが、サイズ、幅、フォントなどの動作プロパティ。指定します。単一値データ バインドを使用して、データ連結式を作成します。Microsoft ではVisual Studio、デザイン時ツールを次の式を作成できます.自動的にします。コントロールがデータ バインディングを実行すると、その解決、式は、結果の値は、指定したプロパティに割り当てます。行うことができます。データをプロパティに、コントロールをバインドします。

の次ドキュメントに関する主要 Web フォーム データ バインディングの概念を参照してください。Microsoft の Web サイト:
単一値 Web サーバー コントロールをデザイン時に連結するデータ
実行時における単一値 Web サーバー コントロールのバインド データ

コントロール

いくつかの Web フォーム コントロールで複数のレコードからの値を表示します。1 つの時間です。これらのコントロールは、Repeater、DataList、DataGrid、ListBox は、CheckBoxList、および RadioButtonList Web サーバー コントロールと、HtmlSelectコントロールです。ラベル、テキスト ボックス、チェック ボックス、ハイパーリンクなどの他のコントロールでは、コントロールはデータ連結面での値を 1 つの値を表示します。1 つのレコード。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
マルチ レコード連結と単一値データ連結 Web フォーム ページに
Web フォーム ページのデータ連結式
「データ バインディング式を Web フォーム ページ」の Web サイト使用して Web フォームのコントロールのデータ バインディングの指定方法について説明します。特別な構文があります。Web サイトには、次のトピックについて説明します。
  • データ バインド式を使用する利点
  • 連結を DataBinder クラスを使用します。
  • データ バインディング式を解決します。

Control.DataBind メソッド

Control.DataBind メソッド
は、 Control.DataBind メソッドは、呼び出されたサーバー コントロールとすべてデータ ソースをバインドします。子コントロール。このメソッドを使用して、ソースからサーバーにデータをバインドするのにはコントロールです。を通じてデータ セットを取得した後、通常はこの方法を使用します。データベース クエリ。「Control.DataBind メソッド」の Web ページにも例が含まれています無効にする方法の例を示します、 データ バインド カスタム コントロールのメソッドです。

DataBinder クラス

DataBinder クラス
この Web サイトで迅速なアプリケーション開発をサポートします。(RAD) デザイナーを使用してデータ バインディング式の構文を解析して生成します。これクラスを継承することはできません。

DataBinder メンバー

DataBinder メンバー
このウェブサイトをすべてのリストが、 DataBinder クラスのメンバー。

DataBinder.Eval メソッド

DataBinder.Eval メソッド
は、 DataBinder.Eval メソッドでリフレクションを使用して解析し、データ バインディングを評価するには実行時にオブジェクトに対してを指定します。この方法は高速アプリケーションできます。Visual Studio などの開発 (RAD) デザイナー。NET で簡単に生成するのとデータ バインディング構文を解析します。このメソッド宣言は、Web 上でこともできます。フォーム ページを使用して 1 つの型から別のキャストを簡略化します。この Web サイトが含まれています。Eval のオーバー ロードされたバージョンのいずれかを使用する方法を示す例です。

Control.OnDataBinding メソッド

Control.OnDataBinding メソッド
は、 Control.OnDataBinding メソッドは、データ バインディング イベントを発生させます。このメソッドは、通知します。サーバー コントロールに関連付けられているデータ連結ロジックを実行します。この Web サイトには上書きする方法を示す例が含まれています、データを親コントロールに子コントロールを追加する OnDataBinding メソッドソースです。

データ バインド クラス

データ バインド クラス
この Web サイトには、1 つのデータ バインディングに関する情報が含まれています。asp の式です。NET のサーバー コントロール。この 1 つのデータ バインディング式Visual Studio などの RAD デザイナーをことができます。NET でデータ バインディングを作成するのには、デザイン時の式です。このクラスは継承できません。

DataBindingCollection クラス

DataBindingCollection クラス
は、 DataBindingCollection クラス データ バインド オブジェクトのコレクションを ASP を提供します。NETサーバー コントロールです。このクラスは継承できません。この Web サイトが含まれています、DataBindingCollection コンス トラクターの使用方法を示す例です。

DataBindingCollection のメンバー

DataBindingCollection のメンバー
すべての「DataBindingCollection のメンバー」の Web サイトを持つメンバー、 DataBindingCollection クラスです。

Control.DataBinding イベント

Control.DataBinding イベント
は、 Control.DataBinding イベントは、サーバー コントロールをデータ ソースにバインドする場合に発生します。は、イベント ハンドラーはデータを含む EventArgs 型の引数を受け取るこのイベントに関連しています。このイベントをサーバー コントロールに通知します。書き込まれているデータ連結ロジックを実行します。

IDataBindingsAccessor インターフェイス

IDataBindingsAccessor インターフェイス
IDataBindingsAccessor インターフェイスのコレクションコントロールのデータ連結式をデザイン時にアクセスできます。

IDataBindingsAccessor メンバー

IDataBindingsAccessor メンバー
この Web サイトのすべてのメンバーの一覧にある、IDataBindingsAccessor インターフェイスです。

クイック スタート チュートリアル

クイック スタート チュートリアルについては、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:
ASP。NET のクイック スタート
ASP。NET のデータ バインディング
サーバー コントロールのデータ連結の詳細についてを参照してください。次の Microsoft GotDotNet Web サイト:
サーバー コントロールのデータ連結
テンプレート宣言されたデータ連結コントロールの詳細についてを参照してください。次のマイクロソフト Web サイト:
サンプルのテンプレート宣言されたデータ連結コントロール
サーバー コントロールの詳細については、次を参照してください。Microsoft の Web サイト:
サーバー コントロールのサンプル

作業方法に関する資料

記事は、マイクロソフト サポート技術には、方法が含まれています。特定のタスクを実行する方法についての手順します。 ASP でのデータ バインディングの詳細については。NETWeb フォーム、内のアーティクルを表示するのには以下の記事番号をクリックして、技術情報:
308485 方法: Web フォーム コントロールとマスター/詳細ページを作成します。
308485 方法: Web フォーム コントロールとマスター/詳細ページを作成します。
306227 方法: データ グリッドで CheckBox Web コントロールを使用してください。
314334 方法: VB を使用して DropDownList コントロールに静的項目を追加します。NET
317429 方法: VB. の ItemDataBound イベントを使用します。Net Web フォーム
317719 HOW TO、asp のデータ グリッド内のデータをエクスポートします。Excel への NET web フォーム
313154 方法: DataGrid では、ASP の概要行を作成します。NET の VB を使用します。NET
317794 方法: ASP でコントロールを動的に作成します。NET w Visual C#。NET

チュートリアル

チュートリアルをいくつかを説明ミニ-チュートリアルです。Web フォームのデータ バインディングを使用して標準的なアプリケーション開発シナ リオ。のチュートリアル ドキュメントは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 「を使用して、DataGrid Web コントロール」ここで役に立ちますテンプレート データ連結コントロールを開発します。プロパティを連結するは簡単ですがASP を使用して 1 つのデータ項目 (または式) を制御します。NET のデータ バインディング構文があります。ここの開発より複雑なシナリオに対処します。テンプレートのプロパティをデータ ソースにバインドされているコントロールは、コレクションの種類 (System.Collections.ICollection かSystem.Collections.IEnumerable). このように、テンプレートをカスタマイズするのには、ページの開発者コントロールにバインドされているデータのプレゼンテーションです。リピータとDataList コントロールは、テンプレート宣言されたデータ バインド コントロールの例を示します。

のテンプレート宣言されたデータ バインド コントロールを開発する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
テンプレート宣言されたデータ バインド コントロールの開発

トラブルシューティング

マイクロソフト ニュースグループとは、マイクロソフト サポート技術情報トラブルシューティングの貴重なリソース。

マイクロソフト ニュースグループでは、同僚の問題や疑問に答えられます。マイクロソフト ニュースグループを表示するのには次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
MSDN ニュースグループ
では、特定の問題に関する資料を検索するのにはKnowledge Base (KB)] は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
技術情報
トラブルシューティングに役立つの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
MSDN ライブラリ

関連情報

詳細についてASP を使用する方法です。NET は、ASP です。NET のクイック スタート チュートリアルは、次Microsoft GotDotNet Web サイト:
ASP。NET のクイック スタート チュートリアル
詳細についてをクリックして、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号。
313485 情報: ADO ロードマップ。NET の DataSet、DataView、DataViewManager

プロパティ

文書番号: 313481 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbinfo kbdatabinding kbarttyperoadmap kbmt KB313481 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:313481
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com