方法: マネージ C# インターネット エクスプ ローラーのスクリプト内のイベントをシンク

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 313891
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で、コンポーネント オブジェクト モデル (COM) クライアント (アンマネージ コード) からマネージ イベントをシンクする方法を示して 場合、記述します。NET の Windows を制御します。など、Internet Explorer でスクリプトを実行するとに COM クライアントからのマネージ イベントをシンクします。

COM からマネージ型を使用する方法を記述するには、次のマイクロソフトを参照してください。NET Framework 開発者ガイドのドキュメント:
公開しています。NET Framework のコンポーネントを COM
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/zsfww439 (vs.71)

要件

推奨されるハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および必要な service pack を以下に示します。
  • マイクロソフトの Visual Studio。NET
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 またはそれ以降のバージョン (プログラミング)

Internet Explorer のスクリプトでのイベント シンクのステップを管理

  1. カスタム Windows フォーム コントロールを作成します。
    1. Microsoft Visual Studio を起動します。NET。
    2. で、 ファイル メニューのポイント 新しい、し プロジェクト.
    3. で、 新しいプロジェクト ダイアログ ボックス、クリックして Visual C# プロジェクト 下にあります。 [プロジェクトの種類、し Windows コントロール ライブラリ 下にあります。 テンプレート.
  2. 公開するイベントのソース インターフェイスを定義します。
  3. 追加します。 GuidAttribute ソース インターフェイスに関連付けます。型 Guid の受け入れ可能なコンス トラクター引数として、属性に渡す文字列の書式を設定する必要があります。未使用の GUID を作成するのには、Guidgen.exe ファイルを使用できます。
    [GuidAttribute("0422D916-C11A-474e-947D-45A107038D12") ]
        
        public interface ControlEvents 
    
    		
        {
            //  Insert code here.
        }
    					
  4. 追加します。 InterfaceType 属性をソース インターフェイスとして COM に公開するには IDispatch インターフェイス:
    [InterfaceTypeAttribute(ComInterfaceType.InterfaceIsIDispatch)]
        public interface ControlEvents 
    
    		
        {
           
            // Insert code here.
        }
    					
  5. 追加します。 DispIdAttribute ソース インターフェイスで COM を指定するのには、メンバーには、メソッドまたはフィールドの識別子 (DISPID) をディスパッチします。
    public interface ControlEvents 
    	
        {
            [DispIdAttribute(0x60020000)]
            void ClickEvent(int x, int y);
        }
    					
  6. 公開する目的のイベントをラップする新しいイベント タイプを作成します。
  7. カスタムの Windows フォーム コントロールのソース インターフェイスを実装します。
  8. 追加します。 ComSourceInterfaces 属性は、COM イベント ソースとして公開されるインターフェイスのリストを識別するために。
    [ClassInterface(ClassInterfaceType.None),ComSourceInterfaces(typeof(ControlEvents))]
    	public class MyWindowControl : System.Windows.Forms.UserControl 
        {
    
          // Insert code here.
        }
    					
  9. ダイナミック リンク ライブラリ (DLL) ファイルとして、コントロールをコンパイルします。
  10. イベントをフックするのには、HTML ページにスクリプト ブロックを作成します。たとえば。
    <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
    <META HTTP-EQUIV='Content-Type' CONTENT='text/html; charset=iso-8859-1' />
    
    <HTML>
    	<HEAD>
    		<TITLE>Sink managed event in Internet Explorer</TITLE>
    		
    		
    	</HEAD>
    	
    	<BODY>
    		
    		<OBJECT id="ctrl" classid="YourDllName.dll#ActiveXSourcing.MyWindowControl">
    		</OBJECT>
    		<SCRIPT LANGUAGE="JScript">
                function ctrl::ClickEvent(a,b)
                {
                    alert("MyWindowControl_ClickEvent");
                }
    		</SCRIPT>
    		
    	</BODY>
    </HTML>
    					
  11. クライアント システムでは、使用して、します。NET Framework 構成ツール (Mscorcfg.msc)、アセンブリに必要な個々 のアクセス許可を付与します。

完全なコード リスト

using System;
using System.ComponentModel;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;
using System.Runtime.InteropServices;
namespace ActiveXSourcing
{
	public delegate void ClickEventHandler(int x, int y); 

	//Source interface for events to be exposed.
	//Add GuidAttribute to the source interface to supply an explicit System.Guid.
	//Add InterfaceTypeAttribute to indicate that interface is IDispatch interface.
	[GuidAttribute("0422D916-C11A-474e-947D-45A107038D12") ]
	[InterfaceTypeAttribute(ComInterfaceType.InterfaceIsIDispatch)]
	public interface ControlEvents 

		//Add a DisIdAttribute to any members in the source 
		//interface to specify the COM DispId.
	{
		[DispIdAttribute(0x60020000)]
		void ClickEvent(int x, int y);
	}

	//Add a ComSourceInterfaces attribute to the control to 
	//identify the list of interfaces that are exposed as COM event sources. 
	[ClassInterface(ClassInterfaceType.None),ComSourceInterfaces(typeof(ControlEvents))]
	public class MyWindowControl : System.Windows.Forms.UserControl 
		//, ComInteropControlInterface
	{
        System.Windows.Forms.TextBox tx = new TextBox();

		private void InitializeComponent()
		{
			
			this.Name = "MyWindowControl";

		}
	
		event ActiveXSourcing.ClickEventHandler ClickEvent;
    	
		public MyWindowControl() : base()
		{				               

			initMyWindowControl();

		}
        
		private void initMyWindowControl() 
		{

			Size = new System.Drawing.Size(300, 50);
			tx.Text = "Click on the TextBox to invoke  'ClickEvent'";
			tx.Size = this.Size;                  
			tx.Click += new System.EventHandler(ClickHandler);
			this.Controls.Add(tx);
			
		}
            
        
		private void ClickHandler(object sender, System.EventArgs e)
		{
			if (ClickEvent != null) 
			{
				ClickEvent(0, 0);
			}
		}
	}
}
				

関連情報

詳細についてには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
処理し、イベントを発生させる
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/edzehd2t (vs.71)

.NET Framework の構成ツール (Mscorcfg.msc)
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/2bc0cxhc (vs.71)

アンマネージ コードとの相互運用性
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/sd10k43k (vs.71)

ホストをセキュリティで保護、軽量のクライアント側のコントロールで、Microsoft Internet Explorer
http://msdn.microsoft.com/msdnmag/issues/02/01/UserCtrl/default.aspx
詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
316510 BUG: インターネット エクスプ ローラーでのイベント ハンドラーを使用する場合のセキュリティ例外

プロパティ

文書番号: 313891 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbsample kbcominterop kbmt KB313891 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:313891
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com