Windows XP の IRQ 共有について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 314068 - 対象製品
Microsoft Windows 2000 については、次の資料を参照してください。252420


: この資料は情報提供を目的としており、トラブルシューティングの情報は含まれていません。この資料で触れられていないトラブルシューティング情報を探している場合は、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に掲載されているキーワードを使用して、さらに検索してください。
242450 「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の検索方法に関するヒント
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Windows XP における割り込み要求 (IRQ) 共有の管理方法について説明します。また、コンピュータ上で多数のデバイスが同じ IRQ を使用しているように見える理由および Windows XP にリソースの再調整機能がない理由についても説明します。

詳細

Windows では、PCI (Peripheral Component Interconnect) デバイス間で割り込み要求 (IRQ) の共有が可能です。PCI 仕様に定義されたプラグ アンド プレイ機能に従って、アダプタはコンピュータの BIOS により構成された後、オペレーティング システムにより検査され、必要に応じて変更されます。PCI デバイス間で IRQ が共有されるのは、Windows ACPI サポートが有効な ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) コンピュータでは特に、正常な動作です。

Windows XP のデバイス マネージャで、ACPI マザーボード上のすべてまたは一部のデバイスが同じ IRQ (IRQ 9) を使用しているように表示されることがあります (リソースの一覧を参照するには、[表示] メニューの [リソース (種類別)] または [リソース (接続別)] をクリックします)。この IRQ 設定を変更するオプションはありません。Windows では、拡張 PCI 共有など、マザーボードの ACPI 機能が利用されます。IRQ 9 は、PCI バスで IRQ ステアリングに使用されます。この機能により、IRQ の競合を発生させることなく、デバイスの追加が可能になります。

Microsoft Windows 98 と同じ方法のリソース再調整機能は、Windows XP にはありません。通常、PCI リソースの設定後、それらを変更することはできません。デバイスが接続されたバスに対して無効な IRQ 設定、または無効な I/O 範囲に変更した場合、そのバスに割り当てられたリソースが Windows XP により再調整され補正されることはありません。

Windows XP に再調整機能がないのは、従来よりもさらに複雑なハードウェア機構をサポートするように設計されているためです。Windows 98 では、IOAPIC、複数ルート PCI バス、マルチ プロセッサ システム、およびその他の高度に複雑なハードウェア機構をサポートする必要がありません。このようなハードウェア機構を扱う場合、再調整にはリスクが伴うため、Windows XP には、きわめて特殊な状況を除き、リソースの再調整機能が実装されていません。ただし、PCI デバイスでは IRQ 共有が可能であることが必須です。一般に、IRQ 共有機能が原因でハードウェアが動作しなくなることはありません。

通常、コンピュータ BIOS のプラグ アンド プレイ オペレーティング システム設定が、Windows のハードウェア処理方法に影響することはありません。しかしマイクロソフトでは、コンピュータ BIOS のプラグ アンド プレイ オペレーティング システム設定を [No] または [Disabled] に設定することをお勧めします。コンピュータの BIOS 設定の表示と変更については、コンピュータのマニュアルを参照するか、製造元に問い合わせてください。

システム BIOS で IRQ を手動で PCI スロットに割り当てるトラブルシューティング方法は、標準の PC ハードウェア アブストラクション レイヤを使用する、ACPI システム以外の一部のシステム上では有効ですが、ACPI のサポートが有効になっていると、Windows のプラグ アンド プレイでは、手動による設定は無視されます。BIOS で ACPI マザーボードのデバイスに手動で IRQ アドレスを割り当てる必要がある場合は、Windows を再インストールしてシステムに標準 PC の HAL を強制使用させる必要があります。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
299340 Windows XP へのアップグレードまたは新規インストール時にハードウェア アブストラクション レイヤを指定する方法

プロパティ

文書番号: 314068 - 最終更新日: 2005年11月18日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbenv kbhardware kbinfo kbplugplay KB314068
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com