ブルー スクリーンに「エラー コード 0x0000001e を停止する」メッセージを rceive 後の Microsoft に問い合わせてくださいする準備について説明します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 314103
この資料の Microsoft Windows 2000 バージョンについてを参照してください。 129845.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、マイクロソフト製品サポートに問い合わせる前に STOP メッセージの原因を特定するのに役立ついくつかの手順について説明します。

Windows で STOP エラー (致命的なシステム エラー) が発生すると、Windows トラブルシューティングの目的でデバッグ モードとなります。ブルー スクリーンが表示され、通常は、次のエラー メッセージに類似した情報が表示されます。
STOP 0x0000001e (c000009a 80123f36 02000000 00000246)
未処理のカーネル例外 c000009a 8123f26 から
80100000 - Ntoskrnl.exe でベース アドレス 80123f36 を持つ

詳細

エラーを報告します。

Windows XP は、エラー報告、エラーが発生したときの情報を Microsoft にアップロードすることができますと呼ばれる機能を提供します。この情報で Windows XP が発生している問題を特定するために使用されます。エラー報告機能を使用して、発生したエラーの具体的な原因に関する詳細情報を特定できます。

エラー報告には、Windows XP の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
310414 構成および Windows XP でのエラーの報告を使用する方法

ナレッジ ベース

マイクロソフト サポート技術には、特定の STOP メッセージの原因を説明する多くの記事が含まれます。記事は、解像度の問題、または、問題を回避する方法をお勧めします。

Microsoft の Web サイトでは、特定の STOP メッセージの詳細についてサポート技術を検索できます。検索を設定すると、少なくとも最初の 16 進数語として検索してください。たとえば、STOP メッセージの「概要」の図では、"0x0000001e。"の最初の 16 進数です特定のファイル名 (の図の"Ntoskrnl.exe") や他の 16 進数の番号検索用語としても使用できます。

メモリ「ダンプ」

STOP メッセージの情報を「ダンプ」ファイルに保存するように Windows を構成できます。マイクロソフト製品サポートにお問い合わせくださいする必要がある場合は、ダンプ ファイルが、サポート担当者が問題を識別するために必要な特定の情報を与えることができます。

既定では、STOP メッセージの情報をファイルに保存で Windows が有効です。XP。次の 3 つの種類のメモリ ダンプがあります。
  • %SystemRoot%\Minidump フォルダーに書き込まれる最小メモリ ダンプ (64 kb)。ページング ファイルがブート ボリューム上に少なくとも 2 mb のサイズでなければなりません。
  • %SystemRoot%\Memory.dmp フォルダーに書き込まれます、カーネル メモリ ダンプします。ページング ファイルがブート ボリューム上には 800 50 MB 以上の RAM の量に応じてサイズでなければなりません。
  • 完全メモリ ダンプ: %SystemRoot%\Memory.dmp フォルダーに書き込まれます。ブート ボリューム上のページング ファイルを物理 ram 容量プラス 1 MB のデータを格納するのに十分な大きさでなければなりません。
既定のメモリ ダンプの種類は最小メモリ ダンプです。変更またはメモリ ダンプの種類の設定を表示するには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、プロパティ コントロール パネル.
  2. [コントロール パネル] をダブルクリックします。 システム、し、 高度な タブ。
  3. クリック 設定 続いて [起動と回復 領域です。
  4. 表示またはの下のメモリ ダンプの種類を変更します。 デバッグ情報を書き込み.

Memory.dmp またはミニダンプ ファイル

STOP メッセージが表示され、Memory.dmp またはミニダンプ ファイルを作成する場合は、サポートの専門家では、ダンプ ファイルをデバッグすることがあります。マイクロソフト製品サポートに連絡して、サポート担当者に STOP メッセージを記述して、ダンプ ファイルがあることを説明します。

場合は、ダンプ ファイルをマイクロソフトに送信しようとする、サポートプロフェッショナルが電話で問題を解決することです。ダンプ ファイルを送信しようとしている場合は、PKZIP などのプログラムを使用して圧縮するにはファイルです。ダンプ ファイルは通常大幅に圧縮できます。ファイルを Microsoft にアップロードするのには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 専用にファイル転送プロトコル (FTP) で圧縮されたダンプ ファイルを送信します。このメソッドには、インターネットへの FTP アクセスが必要です。サポート担当者は、FTP サーバーにファイルを配置する方法について説明します。サーバーの TCP/IP アドレスです。
    207.46.133.140
  • NTBackup ユーティリティを使用して、ダンプ ファイルのバックアップをテープにバックアップして、テープをサポート担当者にメールします。
  • 書き込み可能な cd にファイルをコピーし、cd-rom サポート担当者にメールを送信します。
  • \Debug\i386 フォルダーに Windows XP の cd-rom にある Dumpflop ユーティリティを使用します。
  • 上記のいずれの方法も実行できない場合は、Microsoft サポート担当者では確認およびダンプ ファイルのコピーをコンピューターに接続するには、リモート アクセス サービス (RAS) を使用することがあります。サポート担当者に RAS を使用して接続できるようにコンピューターを準備するには、次の手順を実行します。
    1. サポート担当者は、一時的なユーザー アカウントを作成します。
    2. 別のサーバー上に共有を作成し、この新しいユーザー アカウントのアクセス許可をこの共有を提供します。
    3. 新しく作成されたダンプ ファイルをこの新しい共有スペースにコピーします。
    4. RAS のサイトにインストールしていない場合は、Windows XP ベースのコンピューターに RAS をインストールします。セキュリティでは、RAS を 1 台のコンピューターにインストールし、ネットワークにそのコンピューターにのみ接続するリモート クライアントを許可することができます。このメソッドを使用すると、指定したコンピューター上に新しいネットワーク共有を作成し、ダンプ ファイルを共有にコピーします。
    5. サポート担当者のユーザー ID に RAS サーバーにダイヤルイン アクセス許可を付与します。
    6. サポート担当者は、ユーザー名、パスワード、ドメイン名、サーバー名と共有名、および電話番号、モデムを提供します。

プロパティ

文書番号: 314103 - 最終更新日: 2012年2月25日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kberrmsg kbinfo kburl kbenv kbmt KB314103 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:314103
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com