情報: ロードマップの XML シリアル化には。NET Framework

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 314150
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料について学習するためのロードマップを提供し、マスターシリアル化と逆シリアル化と XML の。NET Framework (System.Xml 名前空間)。

ロードマップ資料へのリンクを有効を提供します。オンライン ドキュメント、マイクロソフト サポート技術情報の記事などの情報をMicrosoft 製品についての学習に役立つ Microsoft ホワイト ペーパー、または技術です。マイクロソフト サポート技術方法記事とチュートリアルを提供します。特定のタスクを完了する手順。クイック スタート サンプル ファイル方法を示しています既製のプログラムです。

概要

シリアル化形式にオブジェクトを変換するプロセスであります。簡単に転送できます。たとえば、オブジェクトをシリアル化ことができ、クライアントとサーバー間で HTTP を使用してインターネット上を転送します。上反対側からオブジェクトを逆シリアル化を再構築、ストリーム。

します。NET Framework シリアル化の 2 つのテクノロジを搭載します。
  • バイナリ シリアル化 状態を保存しておくことが型の忠実性を保持します。オブジェクトをアプリケーションの別の呼び出しで。たとえば、オブジェクトをシリアル化することによって、異なるアプリケーション間で共有できる、クリップボード。ストリーム、ディスク、オブジェクトをシリアル化するなど、メモリ、またはネットワーク経由で。リモート処理」でオブジェクトをやり取りするのにシリアル化を使用します。値"1 つのコンピューターまたはアプリケーション ドメインから別のです。
  • XML のシリアル化 パブリック フィールドとプロパティ値のシリアル化は、オブジェクトを XML ストリームにします。XML シリアル化の型情報は含まれません。たとえば、お持ちの場合は、 書籍 存在するオブジェクトが ライブラリ 名前空間を逆シリアル化されることは保証されません同じ種類のオブジェクトにします。
これらの 2 つの違いを理解しておくことが重要です。技術。XML シリアル化変換しません、メソッド、インデクサー、プライベートフィールド、または読み取り専用プロパティ (読み取り専用コレクション) を除く。シリアル化するのにはすべてのパブリックおよびプライベート フィールドと、オブジェクトのプロパティを使用して、 BinaryFormatter XML シリアル化ではなく。

次のリンクXML シリアル化の概要について説明しで逆シリアル化マイクロソフトの Visual Studio。NET:
XML シリアル化の概要
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/182eeyhh (vs.71)

XML および SOAP シリアル化
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/cpguide/html/cpconserialization.asp

XML のシリアル化アーキテクチャ

は、 System.Xml.Serialization 名前空間にオブジェクトをシリアル化するために使用するクラスが含まれています。XML 形式のドキュメントまたはストリームにします。

中心的なクラスでは、名前空間は、 XmlSerializer クラスです。このクラスを使用するには、コンス トラクターを使用して、 XmlSerializer 使用して、クラスのインスタンスを作成するのには 種類 シリアル化対象のオブジェクトの。後は、 XmlSerializer シリアル化対象のオブジェクトのインスタンスを作成します。、など、ドキュメントまたはストリームにファイルを作成するのには、オブジェクトを作成することもする必要があります、 ストリーム、、 TextWriter、または XmlWriter.後に呼び出すことができます、 シリアル化します。 オブジェクトを XML ドキュメントに変換する方法です。

するにはXML ドキュメントからオブジェクトを逆シリアル化、読み取りするのには、適切なオブジェクトを作成します。ドキュメントまたはストリーム (もう一度、 ストリーム、、 TextWriter、または XmlWriter).呼び出しは、 逆シリアル化します。 メソッドは、結果として得られるオブジェクトにキャストしているときに、 種類 シリアル化された、元のオブジェクト。

制御するのにはその他のシリアル化は、 System.Xml.Serialization 名前空間のいくつか用意されています。 属性 クラスのメンバーに適用可能なクラスです。たとえば、クラスは、XML 要素としてシリアル化するメンバーが含まれている場合は、適用、 XmlElementAttribute 属性のメンバーにします。この属性を適用する場合は、使用して、実際の XML 要素名などの詳細を指定する、 ElementName [プロパティ] します。

アーキテクチャは、次のリンクを提供します。XML シリアル化および逆シリアル化 (内部) の情報:
XML シリアル化のクラス
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.xml.serialization.xmlserializer (vs.71)

System.Xml.Serialization 階層
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/cpref/html/frlrfsystemxmlserializationhierarchy.asp

主要な概念およびクイック スタート

キーは XML ドキュメントに、次のリンクシリアル化と逆シリアル化の概念とクイック スタート チュートリアルを使用します。
XML Web サービスの XML のシリアル化
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/cpguide/html/cpconxmlserializationwithwebservices.asp

どのように私オブジェクト XML を読み書きの操作を行いますでしょうか。
http://samples.gotdotnet.com/quickstart/aspplus/default.aspx?url=/quickstart/howto/doc/XMLSerialization/RWObjFromXML.aspx

XML シリアル化をオーバーライドします。
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/cpguide/html/cpconoverridingserializationofclasseswithxmlattributeoverridesclass.asp

.NET サンプル方法: XML シリアル化
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/cpqstart/html/cpsmpnetsamples-howtoxmlserialization.asp
いくつかのコード「例の XML シリアル化」のリンクを提供します。XML シリアル化は、次のサンプル:
  • データセットのシリアル化
  • シリアル化は、XmlElement と XmlNode を
  • 複雑なオブジェクトを返すフィールドを含むクラスシリアル化
  • シリアル化されたオブジェクトの配列
  • その実装は、ICollection クラスのシリアル化インターフェイス
  • 購買順序の例
XML シリアル化の例
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/cpguide/html/cpconanexampleofxmlserializationwithxmlserializer.asp
「を制御する XML シリアル化属性を使用した」リンク次のトピックのサンプル コードでは、次のとおりです。
  • 配列のシリアル化を制御します。
  • 派生クラスのシリアル化
  • 配列の要素のシーケンスとしてのシリアル化
  • ArrayList のシリアル化
  • クラスの XmlRootAttribute を使用してシリアル化を制御します。および XmlTypeAttribute
  • シリアル化の防止、XmlIgnoreAttribute
属性を使用して、XML のシリアル化を制御します。
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/cpguide/html/cpconcontrollingserializationbyxmlserializerwithattributes.asp

ナレッジ ベースの記事

マイクロソフト サポート技術情報をステップバイ ステップで提供します。特定のタスクを完了する手順。
315703 方法: xml オブジェクト Visual Basic を使用してシリアル化します。NET
316730 方法: シリアル化および XML Visual Basic で逆シリアル化します。NET
XSL 変換 (XSLT) を実行することもできますクエリDOM を使用して XML データを変更およびシリアル化や XML データを逆シリアル化使用して、 System.Xml クラスのでは。NET フレームワークです。詳細についてを参照してください、次の Knowledge Base の資料:
313651 XML でのロードマップをします。NET Framework

チュートリアル

いくつかを説明ミニ-チュートリアル チュートリアルを提供します。XML シリアル化を使用して、一般的なアプリケーション開発シナ リオと逆シリアル化します。次のリンクは、ウォークスルー ドキュメントへをかかります。
スキーマとシリアル化を活用してビジネス ロジックを使用してください。
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/dnexxml/html/xml04162001.asp

トラブルシューティング

問題が発生し、支援が必要な場合は、最高に配置します。スタートは、マイクロソフト製品サポート サービス (PSS) Web サイトからです。
次の web サイト
質問への回答を検索するのには、いくつかのオプションがあります。、技術情報を検索、質問を投稿または共有をマイクロソフト ニュースグループなどの経験を取得、最新の service pack とニュース特定の製品、または連絡先のマイクロソフト製品についてサポートします。

プロパティ

文書番号: 314150 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbinfo kbarttyperoadmap kbmt KB314150 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:314150
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com