Windows XP のベーシック記憶域とダイナミック記憶域

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 314343 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Windows XP には、ベーシックとダイナミックの 2 種類のディスク記憶域があります。

ベーシック ディスク記憶域

ベーシック記憶域では、MS-DOS、Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、Microsoft Windows Millennium Edition (Me)、Microsoft Windows NT、Microsoft Windows 2000、および Windows XP でサポートされる通常のパーティション テーブルが使用されます。ベーシック記憶域用に初期化されたディスクは "ベーシック" ディスクと呼ばれます。ベーシック ディスクには、プライマリ パーティション、拡張パーティション、論理ドライブなどのベーシック ボリュームが含まれます。

さらに、ベーシック ボリュームには、Windows NT 4.0 以前を使用して作成されたマルチディスク ボリューム (ボリューム セット、ストライプ セット、ミラー セット、パリティ付きストライプ セットなど) が含まれます。Windows XP では、これらのマルチディスク ベーシック ボリュームはサポートされません。Windows XP Professional をインストールする前に、すべてのボリューム セット、ストライプ セット、ミラー セット、またはパリティ付きストライプ セットをバックアップして削除するか、ダイナミック ディスクに変換する必要があります。

ダイナミック ディスク記憶域

ダイナミック記憶域は Windows 2000 および Windows XP Professional でサポートされます。ダイナミック記憶域用に初期化されたディスクは "ダイナミック ディスク" と呼ばれます。ダイナミック ディスクには、シンプル ボリューム、スパン ボリューム、ストライプ ボリューム、ミラー ボリューム、RAID-5 ボリュームなどのダイナミック ボリュームが含まれます。

: ダイナミック ディスクは、ポータブル コンピュータや Microsoft Windows XP Home Edition ではサポートされません。

Windows XP Home Edition、Windows XP Professional、または Windows XP 64-Bit Edition ベースのコンピュータでは、ミラー ボリュームや RAID-5 ボリュームを作成できません。ただし、Windows XP Professional ベースのコンピュータを使用して、Windows 2000 Server、Windows 2000 Advanced Server、または Windows 2000 Datacenter Server を実行中のリモート コンピュータ上にミラー ボリュームや RAID-5 ボリュームを作成することができます。この操作には、リモート コンピュータの管理者権限が必要です。

記憶域の種類はファイル システムの種類と関係ありません。ベーシック ディスクまたはダイナミック ディスクには、FAT16、FAT32、NTFS パーティションまたはボリュームのすべての組み合わせを含めることができます。

ディスク システムでは、記憶域の種類を組み合わせて使用できます。ただし、同じディスク上のすべてのボリュームには、同一種類の記憶域を使用する必要があります。

ベーシック ディスクからダイナミック ディスクへの変換

ベーシック ディスクをダイナミック ディスクに変換するには、Windows XP のディスクの管理スナップインを使用します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Administrator または Administrators グループのメンバとしてログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックして、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックし、[管理ツール] をクリックして、[コンピュータの管理] をダブルクリックします。
  4. 左側のウィンドウで、[ディスクの管理] をクリックします。
  5. 右下のウィンドウで、変換するベーシック ディスクを右クリックして、[ダイナミック ディスクに変換] をクリックします。

    : 右クリックするのは、詳細ウィンドウの左側のディスク タイトルを含む灰色の領域です。たとえば、[ディスク 0] を右クリックします。
  6. 変換するディスクの隣のチェック ボックスがオンになっていない場合はオンにして、[OK] をクリックします。
  7. ディスクのボリュームの一覧を表示する場合は、[詳細] をクリックします。
  8. [変換] をクリックします。
  9. 変換の確認を求められたら、[はい] をクリックし、[OK] をクリックします。
警告 : ベーシック ディスクをダイナミック ディスクに変換後、そのダイナミック ディスクにローカル アクセスできるのは Windows 2000 と Windows XP Professional のみです。さらに、ベーシック ディスクをダイナミック ディスクに変換後、ダイナミック ボリュームをパーティションに戻すことはできません。まずディスク上のすべてのダイナミック ボリュームを削除してから、ダイナミック ディスクをベーシック ディスクに変換する必要があります。データを維持する場合は、まずデータをバックアップするか別のボリュームに移動する必要があります。

詳細

ダイナミック記憶域の用語
  • "ボリューム" は、1 つ以上のディスク上の空き領域から成る記憶域の単位です。特定のファイル システムを使用してボリュームをフォーマットし、ドライブ文字を割り当てることができます。ダイナミック ディスク上のボリュームは、シンプル、スパン、ミラー、ストライプ、および RAID-5 のどのレイアウトも使用できます。
  • "シンプル ボリューム" は、1 つのディスクの空き領域を使用します。このボリュームは、ディスク上の 1 つの領域または複数の連結された領域で構成されます。シンプル ボリュームは同じディスク内、または別のディスクに拡張できます。シンプル ボリュームが複数のディスクにわたって拡張された場合、シンプル ボリュームはスパン ボリュームになります。
  • "スパン ボリューム" は複数のディスクの互いにリンクした空きディスク領域から作成されます。スパン ボリュームは最大 32 ディスクまで拡張できます。スパン ボリュームはミラー化できず、フォールトトレラントではありません。
  • "ストライプ ボリューム" はデータが 2 つ以上の物理ディスクにわたってインタリーブされているボリュームです。このボリューム上のデータは、各物理ディスクに交互かつ均等に配置されます。ストライプ ボリュームはミラー化や拡張はできず、フォールトトレラントではありません。ストライプ処理は RAID-0 とも呼ばれます。
  • "ミラー ボリューム" はフォールトトレラント ボリュームです。このボリュームのデータは 2 つの物理ディスクに複製されます。ボリューム上のデータはすべて別のディスクにコピーされ、データに冗長性が与えられます。ディスクの 1 つで障害が起こった場合には、もう一方のディスクからデータにアクセスできます。ミラー ボリュームは拡張できません。ミラーリングは RAID-1 とも呼ばれます。
  • "RAID-5 ボリューム" はフォールトトレラント ボリュームです。RAID-5 ボリュームのデータは、3 つ以上のディスクのアレイにストライプされます。パリティ (障害発生後のデータの再構成に使用する計算値) もこのディスク アレイにストライプされます。物理ディスクで障害が起きた場合、障害の起きたディスク上の RAID-5 ボリュームの一部は、残りのデータおよびパリティから再作成できます。RAID-5 ボリュームのミラー化や拡張はできません。
  • "システム ボリューム" には Windows を読み込むために必要なハードウェア固有のファイル (Ntldr、Boot.ini、Ntdetect.com など) が格納されます。システム ボリュームとブート ボリュームを同一にすることは可能ですが、必須ではありません。
  • "ブート ボリューム" には Windows オペレーティング システム ファイルが格納されます。Windows オペレーティング システム ファイルは、%Systemroot% および %Systemroot%\System32 フォルダに存在します。ブート ボリュームとシステム ボリュームを同一にすることは可能ですが、必須ではありません。
ベーシック ディスクとダイナミック ディスクの変換方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
309044 Windows XP Professional でベーシック ディスクとダイナミック ディスクの変換を実行する方法
ベーシック ディスクの構成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
309000 Windows XP でディスクの管理を使用してベーシック ディスクを構成する方法
ダイナミック ディスクの構成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
308424 [HOW TO] Windows XP でディスクの管理を使用してダイナミック ディスクを構成する方法
ミラー ボリュームの作成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307880 [HOW TO] Windows XP でミラー ボリュームを作成する方法
RAID-5 ボリュームの作成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
309043 [HOW TO] Windows XP を使用し、リモートの Windows 2000 コンピュータ上に RAID-5 ボリュームを作成する方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 314343 (最終更新日 2004-03-19) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 314343 - 最終更新日: 2007年12月1日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbinfo kbenv kbsetup KB314343
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com