[VSO2002] 起動オプションを使って Visio を起動する方法とスイッチの用途

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 314392 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP314392
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、起動オプションを使って Visio 2002 を起動する方法と、スイッチの用途について説明します。

詳細

起動オプションを使って Visio を起動するには、次のいずれかの手順で実行します。

方法 1 : コマンド ラインを使用する

  1. [スタート] ボタンをクリックして、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [参照] をクリックします。
  3. Visio.exe ファイルを選択して [開く] をクリックします。デフォルトでは、このファイルは次のフォルダにあります。
    C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10
    : Visio.exe ファイルのパスは二重引用符で囲みます。
  4. [名前] ボックスの内部をクリックし、パスの末尾にある閉じる側の二重引用符の後ろにカーソルを置きます。
  5. スペースを 1 つ入力してから、使用するスイッチを入力します。

    たとえば、スプラッシュ画面を表示せずに Visio を起動するには、[名前] ボックスに次のスイッチを指定します。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\Visio.exe" /nologo

方法 2 : ショートカットを使用する

ショートカットを作成して Windows デスクトップ画面から Visio を起動できるようにします。
  1. Windows デスクトップ画面を右クリックし、表示されるメニューの [新規作成] をポイントして [ショートカット] をクリックします。
  2. [ショートカットの作成] ダイアログ ボックスで、[参照] をクリックします。
  3. [フォルダの参照] ボックスで、次のフォルダを選択します。
    C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10
    : システムによっては、このフォルダの場所が異なることがあります。

  4. Visio.exe ファイルをクリックして [OK] をクリックします。
  5. [項目の場所を入力してください] ボックスの内部をクリックし、表示されたパスの末尾にカーソルを置きます。このとき、ボックスには次のようなパスが表示されています。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\Visio.exe"
  6. 閉じる側の二重引用符の後にスペースを 1 つ入力してから、使用するスイッチを入力します。このとき、[項目の場所を入力してください] ボックスには、次のようなパスが表示されています。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\Visio.exe" /nologo
  7. [ショートカットの作成] ダイアログ ボックスの [次へ] をクリックします。
  8. [このショートカットの名前を入力してください] ボックスに、作成するショートカットの名前を入力して [完了] をクリックします。

注意点

閉じる側の二重引用符より前にスイッチを入力して [OK] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
ファイル 'C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\Visio.exe /nologo' が見つかりません。
スイッチの後ろに、スペースを含んだパスまたはファイル名を指定する場合は、パスを二重引用符で囲みます。たとえば、Visio を起動して基本図に基づいたドキュメントを自動作成する場合は、次のようなコマンド ラインを入力します。
"C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\Visio.exe" "C:\Program Files\Microsoft Office\Visio10\1033\Solutions\Block Diagram\Basic Diagram (US units).vst"
/p および /pt スイッチを使用する場合も、これと同様にします。

Visio の起動スイッチの一覧を以下に示します。

コマンド ライン                説明
-----------------------------------------------------------------------

/nonew                      起動時に [図面の種類の選択] 
                            ダイアログ ボックスが表示されません。

/nologo                     起動時にスプラッシュ画面が表示されません。

/p ファイル名               [印刷] ダイアログ ボックスが表示され、
                            指定したファイルをすばやく印刷できます。

ファイル名                  指定した Visio ファイルが開かれます。指定する
                            ファイルは、[ツール] メニューの [オプション] を
                            クリックしたとき表示される [オプション] 
                            ダイアログ ボックスで、[ファイルパスの設定] タブ
                            の [図面] に表示されるパスに存在しなければなり
                            ません。または、ファイルのパスは絶対パスで指定します。

/1, /2, /3, .../9           最近開いたファイルの一覧から指定した番号の
                            ファイルが開かれます。番号は最近使ったファイル
                            の一覧に表示される順番を表します。

/noreg                       Visio の登録が行われません。

/u                           Visio の登録が解除されます。

/r                           Visio が登録されます。

/s                           メッセージなしで Visio が登録されます。

/pt ファイル名,[プリンタ名,  指定したファイルが特定のプリンタで
ドライバ名,ポート名]         印刷されます。
                             このスイッチは Visio 5.0C 以降で利用可能です。

::ODMA                       ODMA を使用して Visio にファイルが開かれます。

関連情報

スイッチの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
299541 Visio2002: How to Manually Re-register Visio
299541 [VSO2002] 手動で Visio を再登録する方法
293947 Visio2002: Cannot Save Visio Drawing as XML, No Save as Options in ODMA Dialog Box

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 314392 (最終更新日 2001-12-14) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 314392 - 最終更新日: 2007年8月22日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visio Standard Version 2002
  • Microsoft Visio Professional Version 2002
キーワード:?
kbinfo kbdta KB314392
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com