ISP に接続しようとした際の "エラー 691" エラー メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 314455 - 対象製品
Microsoft Windows 2000 については、次の資料を参照してください。 161986.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

インターネット サービス プロバイダー (ISP) に接続しようとすると、以下のいずれかのエラー メッセージが表示されることがあります。
エラー 691: ダイヤル先のコンピューターは、ダイヤルアップ ネットワーク接続を確立できません。パスワードを確認してから、やり直してください。
または
エラー 691: ユーザー名またはパスワード、あるいはその両方が無効なため、このドメインにアクセスできませんでした。
または
エラー 734: PPP リンク制御プロトコルを終了しました。
または
エラー 629: この接続はリモート コンピューターによって切断されました。
または
エラー 640: NetBIOS に関するエラーが発生しました。

原因

この現象は、以下の条件のいずれかに該当する場合に発生することがあります。
  • ISP へのダイヤルアップ接続の設定に誤りがあります。
  • ダイヤルアップ接続のセキュリティ オプションの構成で誤って [セキュリティで保護されたパスワードが必要] が設定されている
  • ISP の PPP (Point-to-Point プロトコル) サーバーが正常に機能していない
  • 入力したユーザー名またはパスワードが誤っている

解決方法

この問題を解決するには、必要に応じて以下の方法を順に実行します。各方法を実行後、ISP に正常に接続できるかどうかを確認します。

注: 以下の手順を実行するには、Administrator または Administrators グループのメンバー アカウントでログオンする必要があります。また、ネットワークに接続されているコンピューターの場合は、ネットワーク ポリシーの設定でこの操作が禁止されている可能性もあります。

ユーザー名とパスワードを確認する

  1. CapsLock キーが誤ってオンになっていないことを確認します。
  2. [スタート] ボタンをクリックして、[接続] をポイントし、ダイヤルアップ接続をクリックします。
  3. [接続] ダイアログ ボックスで、[ユーザー名] および [パスワード] ボックスに ISP から指定されたとおりにユーザー名とパスワードが正確に入力されていることを確認し、[ダイヤル] をクリックします。注: ユーザー名とパスワードがわからない場合は、ISP に問い合わせてください。

電話番号を確認する

ISP への接続に正しい電話番号を使用していることを確認します。

セキュリティで保護されていないパスワードを許可する

ISP へのダイヤルアップ接続を構成して、セキュリティで保護されていないパスワードを許可します。この操作を行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。[ネットワークとインターネット接続] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。
  2. ダイヤルアップ接続をクリックし、[ネットワーク タスク] の下の [この接続の設定を変更する] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックし、[標準 (推奨設定)] がオンになっていることを確認します。
  4. [ID を確認する方法] ボックスで、[セキュリティで保護されていないパスワードを許可する] が選択されていることを確認します。
  5. [オプション] タブをクリックします。
  6. [Windows ログオン ドメインを含める] チェック ボックスをオフにし (オンになっている場合)、[OK] を 2 回クリックします。

接続速度を下げる

電話回線のノイズまたはその他の障害が問題になっている場合、接続速度を下げると ISP に接続できることがあります。接続速度を下げるには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。[ネットワークとインターネット接続] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。
  2. ダイヤルアップ接続をクリックし、[ネットワーク タスク] の下の [この接続の設定を変更する] をクリックします。
  3. [全般] タブをクリックし、[接続の方法] ボックスのモデムをクリックして、[構成] をクリックします。
  4. [最高速度 (bps)] ボックスで、[9600] をクリックして、[OK] を 2 回クリックします。
低速では接続できる場合、または電話回線のノイズが原因で接続できない場合は、電話会社に依頼して、電話回線の状態を確認してもらいます。

ハードウェアのフロー制御を無効にする

ISP のダイヤルアップ接続でハードウェアのフロー制御を無効にします。この操作を行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。[ネットワークとインターネット接続] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。
  2. ダイヤルアップ接続をクリックし、[ネットワーク タスク] の下の [この接続の設定を変更する] をクリックします。
  3. [全般] タブをクリックし、[接続の方法] ボックスのモデムをクリックして、[構成] をクリックします。
  4. [ハードウェア フロー制御を行う] チェック ボックスをオフにして、[OK] を 2 回クリックします。

モデムによるエラー制御を無効にする

ISP のダイヤルアップ接続でモデムのエラー制御を無効にします。この操作を行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。[ネットワークとインターネット接続] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。
  2. ダイヤルアップ接続をクリックし、[ネットワーク タスク] の下の [この接続の設定を変更する] をクリックします。
  3. [全般] タブをクリックし、[接続の方法] ボックスのモデムをクリックして、[構成] をクリックします。
  4. [モデムによるエラー制御を行う] チェック ボックスをオフにして、[OK] を 2 回クリックします。

モデムによるデータ圧縮を無効にする

ISP のダイヤルアップ接続でモデムの圧縮機能を無効にします。この操作を行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。[ネットワークとインターネット接続] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。
  2. ダイヤルアップ接続をクリックし、[ネットワーク タスク] の下の [この接続の設定を変更する] をクリックします。
  3. [全般] タブをクリックし、[接続の方法] ボックスのモデムをクリックして、[構成] をクリックします。
  4. [モデムによるデータ圧縮を行う] チェック ボックスをオフにして、[OK] を 2 回クリックします。

ソフトウェアによる圧縮を無効にする

ISP のダイヤルアップ接続でソフトウェアの圧縮機能を無効にします。この操作を行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックして [コントロール パネル] をクリックし、[プリンターとその他のハードウェア] をクリックして [電話とモデムのオプション] をクリックします。
  2. [モデム] タブで、構成するモデムをクリックします。
  3. [プロパティ] をクリックします。
  4. [詳細設定] タブをクリックします。
  5. [既定の設定を変更] をクリックします。
  6. [データ接続オプション] の [圧縮] リストから [無効] をクリックします。

LCP 拡張を無効にする

接続先の ISP の PPP (Point-to-Point プロトコル) サーバーが LCP (リンク制御プロトコル) 拡張をサポートしていない場合、ISP への接続で問題が発生することがあります。LCP 拡張には RFC 1570 で定義されているコールバック オプション、残り時間機能、および識別パケットが含まれています。ISP に問い合わせて、LCP 拡張を無効にする必要があるかどうかを確認してください。

LCP 拡張を無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。[ネットワークとインターネット接続] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。
  2. ダイヤルアップ接続をクリックし、[ネットワーク タスク] の下の [この接続の設定を変更する] をクリックします。
  3. [ネットワーク] タブで、[設定] をクリックし、[LCP 拡張を使う] チェック ボックスをオフにします。

IP ヘッダーの圧縮を無効にする

IP ヘッダーの圧縮 (Van Jacobson または VJ のヘッダー圧縮とも呼ばれています) を使用している場合、ISP へのログオンで問題が発生することがあります。IP ヘッダーの圧縮を無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。[ネットワークとインターネット接続] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。
  2. ダイヤルアップ接続をクリックし、[ネットワーク タスク] の下の [この接続の設定を変更する] をクリックします。
  3. [ネットワーク] タブで、[インターネット プロトコル (TCP/IP)] をクリックしてから [プロパティ] をクリックします。
  4. [詳細設定] をクリックし、[IP ヘッダーの圧縮を使う] チェック ボックスをオフにします。
  5. [OK] をクリックします。

ユーザー名とパスワードを要求するメッセージが表示されない

ISP に接続するときにユーザー名またはパスワードを要求するメッセージが表示されない場合、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。[ネットワークとインターネット接続] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。
  2. ダイヤルアップ接続をクリックし、[ネットワーク タスク] の下の [この接続の設定を変更する] をクリックします。
  3. [全般] タブをクリックし、[接続の方法] ボックスのモデムをクリックして、[構成] をクリックします。
  4. [オプション] タブをクリックし、[名前、パスワード、証明書などの入力を求める] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

相互認証

ISP の PPP サーバーが相互認証を使用している場合、ISP のログインで問題が発生することがあります。ダイヤルアップ ネットワークは相互認証をサポートしていません。ISP に問い合わせて、ISP の PPP サーバーが相互認証を使用しているかどうかを確認してください。 モデムまたはダイヤルの問題に関する情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
308022 Windows XP のモデム関連のトラブルシューティング用リソース

詳細

Windows XP でダイヤルアップ接続を作成する方法を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
305549 [HOW TO] Windows XP Professional でインターネット接続を構成する方法
308522 Windows のネットワーク セットアップ ウィザードについて
284269 [HOW TO] ダイヤルアップ接続の保存と復元
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 314455 - 最終更新日: 2013年7月2日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kberrmsg kbnetwork kbprb KB314455
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com