文書番号: 314482 - 対象製品
Microsoft Windows NT および Windows 2000 については、次の資料を参照してください。 197379.
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ページング ファイル (Pagefile.sys) とは、コンピューターのハード ディスク上にある隠しファイルであり、Windows XP はこのファイルをランダム アクセス メモリ (RAM) と同じように使用します。ページング ファイルおよび物理により仮想メモリを構成します。既定では、Windows はブート パーティション (OS および OS のサポート ファイルを含むパーティション) にページングファイルを格納します。既定のページング ファイル サイズは合計 RAM 容量の 1.5 倍です。ただし、この既定の構成が最適ではない場合もあります。この資料では、システムの最適化および回復のためにページング ファイルを構成する方法を説明します。

パフォーマンスを向上させるため、異なるパーティションおよび異なる物理ハード ディスク ドライブにページング ファイルを配置することをお勧めします。これにより、Windows は複数の I/O 要求をよりすばやく処理できます。ページング ファイルがブート パーティションに配置されている場合、Windows はシステム フォルダーおよびページング ファイルの両方に対して読み取り/書き込み要求を実行する必要があります。ページング ファイルを異なるパーティションに移動させると、読み取り/書き込み要求の競合が減少します。

ただし、ブート パーティションからページング ファイルを移動させると、Windows はカーネル モードの Stop エラー メッセージが発生した場合にデバッグ情報を書き込むダンプ ファイル (Memory.dmp) を作成できません。これにより、Stop エラー メッセージのトラブルシューティングのためにデバッグを行う必要がある場合のダウンタイムが長くなる場合があります。

最善の解決方法は、ブート パーティションにページング ファイルを作成して格納してから、異なる物理ハード ディスクを使用可能であればそのハード ディスク上にある、ブート パーティションほど頻繁にアクセスしない別のパーティションにページング ファイルを作成することです。また、データや OS 用のファイルを含まない専用パーティションに 2 つ目のページング ファイルを作成することもお勧めします。仕様により、Windows はアクセス頻度の高いブート パーティションにあるページングファイルよりも、アクセス頻度の低いパーティションにあるページング ファイルを優先的に使用します。内部アルゴリズムを使用して仮想メモリの管理に使用するページング ファイルを決定します。

専用パーティションにページング ファイルを設置する場合、ページング ファイルは断片化しません。これも大きな利点です。他のデータを含むパーティションにページング ファイルが配置されている場合、必要な仮想メモリ容量の増加に対応してファイルのサイズが大きくなった場合に、このページング ファイルが断片化する可能性があります。断片化していないページング ファイルでは仮想メモリへのアクセスが高速になり、重大なエラーなしでダンプファイルを作成できる可能性が高まります。

これらの推奨事項を実行することによって、最適化と回復のためにページ ファイルを構成する目的が次のとおり達成されます。
  • コンピューターでカーネル モード STOP エラーが発生した場合に、Memory.dmp ファイルが作成されるようにシステムが正しく構成される。
  • アクセス頻度の低いパーティションは使用頻度が最も低いため、そのパーティション上のページ ファイルが最も頻繁に使用される。

詳細

Windows XP のページング ファイルを移動する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
307886 [HOW TO] Windows XP でページング ファイルを移動する方法
Windows XP でのパフォーマンス オプションの設定の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
308417 Windows XP のパフォーマンス オプションの設定方法
Windows XP で回復方法を設定する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
307973 Windows でシステム障害と回復のオプションを構成する方法

プロパティ

文書番号: 314482 - 最終更新日: 2009年12月17日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbenv kbhowto kbinfo KB314482
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com