Windows XP で MS-DOS ベースのプログラムからネットワーク プリンタに出力する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 314499 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP314499
Microsoft Windows 2000 については、次の資料を参照してください。154498
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Windows XP で MS-DOS ベースのプログラムからネットワーク プリンタに出力する方法について説明します。

詳細

デフォルトでは、ほとんどの MS-DOS ベースのプログラムは、LPT1 ポートまたは LPT2 ポートのいずれかに直接出力を行います。ただし、以下のいずれかの方法を実行しないと、出力をリダイレクタによって自動的に印刷共有に転送することはできません。

方法 1

net.exe コマンドを使用して、固定接続を確立します。そのためには、コマンド プロンプトで次の構文を使用します。
net use lptx \\printserver\sharename /persistent:yes
ここで x はマップするプリンタ ポートの番号、printserver はプリンタを共有するプリント サーバー、sharename はプリンタ共有の名前です。

たとえば、LPT2 を、プリント サーバー Pserver で Laser1 として共有されるプリンタにマップするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  3. net use lpt2 \\pserver\laser1 /persistent:yes と入力し、Enter キーを押します。
  4. コマンド プロンプトを終了するには、exit と入力し、Enter キーを押します。
: Windows XP では、LPT ポートが物理パラレル ポートとしてコンピュータに存在する場合は、管理者以外のユーザーが LPT ポートをネットワーク プリンタ パスにマップすることはできません。

通常のユーザーとして LPT ポートをマップする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
313644 管理者以外のユーザーが LPT ポートをネットワーク プリンタに再割り当てできない

方法 2

コマンド プロンプトで次の構文を使用して、プリンタ共有に直接出力します。
print /d:\\printserver\sharenamedrive:\path\filename
ここで、printserver はプリンタを共有するプリント サーバー、sharename はプリンタ共有の名前、drive:path、および filename は印刷するドキュメントへのフル パスです。

たとえば、ドキュメント letter.doc を C ドライブのルート ディレクトリからプリント サーバー Pserver で Laser1 として共有されるプリンタに出力するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  3. print /d:\\pserver\laser1 c:\letter.doc と入力し、Enter キーを押します。

    次のコマンド ライン メッセージが表示されます。
    C:\letter.doc は印刷中です
  4. コマンド プロンプトを終了するには、exit と入力し、Enter キーを押します。
Windows XP では、Novell NetWare の CAPTURE コマンドはサポートされません。したがって、LPT ポートを Novell NetWare 印刷キューにマップする場合は、次のコマンドを使用してください。
net use lptx \\server\queue
LPT ポートが正常にリダイレクトされると、次のメッセージが表示されます。
コマンドは正常に終了しました。
固定の LPTx 接続を切断するには、次のコマンドを使用します。
net use lptx /delete
: CAPTURE コマンドを使用すると、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
CAPTURE-4.01-923: 予期しないエラーが発生しました。: 255 (00FF).
(SPOOL.C: [426])
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
156429 サポートされる 16 ビットのユーティリティおよび NetWare 対応のアプリケーション
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 314499 - 最終更新日: 2007年9月30日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kberrmsg kbhowto kbinfo kbprint kb3rdparty KB314499
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com