SQL Server を実行しているコンピューター間でデータベースを移動する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 314546 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Microsoft SQL Server を実行しているコンピューター間で SQL Server ユーザー データベースおよび最も一般的な SQL Server コンポーネントを移動する手順について説明します。

この資料で説明する手順では、mastermodeltempdb、または msdb システム データベースの移動は想定していません。手順では、master データベースと msdb データベースに含まれるログインおよび最も一般的なコンポーネントを転送する方法を提供します。

この資料で説明している手順を実行しても転送されない特定の項目に関する詳細については、「詳細」を参照してください。

注: SQL Server 2008 の場合は、Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトで「データベースを別のサーバー インスタンスで使用できるようにするときのメタデータの管理」を参照してください。

注: SQL Server 2000 から Microsoft SQL Server 2000 (64 ビット) へのデータの移行がサポートされています。sp_attach_db システム ストアド プロシージャまたは sp_attach_single_file_db システム ストアド プロシージャを使用するか、32 ビット Enterprise Manager のバックアップと復元を使用して、32 ビット データベースを 64 ビット データベースにアタッチできます。データベースを SQL Server の 32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンの間で相互に移動できます。また、同じ方法を使用して、データを SQL Server 7.0 から移行することもできます。ただし、SQL Server 2000 (64 ビット) から SQL Server 7.0 へのデータのダウングレードはサポートされていません。 各方法について以下に説明します。

手順 1: ユーザー データベースを移動する方法

手順 2: ログインおよびパスワードを転送する方法

手順 3: 不明なユーザーを解決する方法

手順 4: ジョブ、警告、およびオペレーターを移動する方法

手順 5: DTS パッケージを移動する方法

手順 6: sp_configure 設定を以前のコンピューターに合わせて変更する

詳細

また、リンク サーバー、ミラーリング、レプリケーション、ログ配布、フルテキスト カタログ、特定のバックアップ デバイス、保守計画、データベース ダイアグラム、データベース スナップショット、資格情報およびプロキシ アカウント、エンドポイント、サーバーに設定された DDL トリガー (ログオン トリガーなど)、または master または msdb に関する他の項目などを移動させる方がよい場合もあります。これらの構成のソース サーバーを調べて、必要に応じて転送先サーバーで手動で設定するのに必要な手順を実行してください。

フルテキスト コンポーネントを移動する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
240867 フルテキスト カタログ フォルダーとファイルを移動、コピー、およびバックアップする方法
この資料の手順を実行しても、データベース ダイアグラムおよびバックアップと復元ヒストリは移動できません。この情報を移動する必要がある場合は、msdb システム データベースを移動します。msdb データベースを移動する方法の詳細については、この資料の「手順 1: ユーザー データベースを移動する方法」に記載されているサポート技術情報を参照してください。msdb データベースを移動する場合は、「手順 4: ジョブ、警告、およびオペレーターを移動する方法」または「手順 5: DTS パッケージを移動する方法」の手順を実行する必要はありません。

関連情報

詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
320125 [HOWTO] データベース ダイアグラムを移動する方法

プロパティ

文書番号: 314546 - 最終更新日: 2014年1月8日 - リビジョン: 15.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 64-bit Edition
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
キーワード:?
kbsqlsetup kbhowtomaster KB314546
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com