FIX ADO データ正しく Excel の列に挿入します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 314763
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

データを空の文字列値を含むフィールドが含まれる場合、ADO を Microsoft Excel ワークシートに新しいデータ行を挿入する使用すると、ADO 間違った列で Excel に後続の数値フィールドのデータ値を挿入できます。

この問題は Microsoft OLE DB プロバイダーの Jet version 4.0 と Microsoft Excel の ODBC ドライバーの両方で発生します。SQL 挿入ステートメントを使用するかどうかこの問題が発生するか、 AddNew および 更新プログラム ADO のメソッド レコード セット オブジェクトです。

ADO は新しいレコードを挿入すると Excel ブック、Excel アプリケーションで開いている場合は、この問題は発生しません。

ただし、Microsoft Excel が ADO 操作時に開かれている場合、メモリ リークが発生するためこの実習しにくくなります。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
319998 [BUG] クエリを ADO で Excel ワークシートを開くときにメモリ リークが発生します。
「関連情報」セクションでこの問題が発生したときの状況に関する詳細を参照してください。

解決方法

この問題を解決するには、Jet 4.0 service pack の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
239114 方法: Microsoft Jet 4.0 データベース エンジン用の最新の Service Pack を入手します。

状況

マイクロソフトは、これをこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品のバグであること確認しています。

詳細

現象の再現手順

  1. Microsoft Excel を開き、新しいブックを作成します。
  2. シート 1 に、左上隅のセル A1 で始まる次のサンプル データを入力します。
    元に戻す全体を表示する
    ColumnAColumnBColumnCColumnDColumnEColumnF
    11テスト11テスト
    22テスト22テスト

  3. ブックを Test.xls として保存します。Excel のアプリケーションを開いた、ままにしておきますが、新しいブックを閉じる必要があります。
  4. マイクロソフトの Visual Basic では、新しい標準 EXE プロジェクトを作成します。デフォルトで Form1 が作成されます。
  5. で、 プロジェクト メニューをクリックして 参照.参照可能なライブラリの一覧からを選択します。 2 Microsoft ActiveX のデータをオブジェクトします。x では実装されていなかったために発生します ライブラリ.
  6. 場所は、 コマンド ボタン Form1 上のコントロールし、次のコードを貼り付けます、 クリックしてください。 イベント プロシージャをボタンします。中央の列には、C. の列このコードは空の文字列を挿入することに注意してください。
    Private Sub Command1_Click()
       Dim strCn As String
       Dim cn As ADODB.Connection
       Dim rs As ADODB.Recordset
       Dim fld As ADODB.Field
    
       'Open connection
       strCn = "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;" & _
          "Data Source=" & App.Path & "\Test.xls;" & _
          "Extended Properties=Excel 8.0"
       Set cn = New ADODB.Connection
       cn.Open strCn
        
       'Add new values.
       Set rs = New ADODB.Recordset
       With rs
          .CursorLocation = adUseClient
          .Open "Select * from [Sheet1$]", cn, adOpenStatic, adLockOptimistic
          .AddNew
          .Fields("ColumnA").Value = 3
          .Fields("ColumnB").Value = 3
          .Fields("ColumnC").Value = ""
          .Fields("ColumnD").Value = 3
          .Fields("ColumnE").Value = 3
          .Fields("ColumnF").Value = "testing"
          .Update
          .Close
       End With
       Set rs = Nothing
       cn.Close
       Set cn = Nothing
    End Sub
    					
  7. Visual Basic テスト プロジェクトは、Test.xls ブックと同じフォルダーに保存します。
  8. プロジェクトを実行し、ボタンをクリックします。最初に、Visual Basic の統合開発環境 (IDE で)、プロジェクトを実行、次のエラー メッセージが表示されます。
    実行時エラー '-2147467259 (80004005)':照合順序は、オペレーティング システムによってサポートされていないを選択します。
    これは、既知の問題です。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
    246167 照合順序エラー開く ADODB Recordset に対して Excel XLS 初めて
  9. エラー メッセージのダイアログ ボックスをクリックします。 デバッグ、プロジェクトの実行を続けるには、F5 キーを押してします。この 2 つの新しい行のデータではなく挿入するために注意してください。 更新プログラム 2 回実行されます。
  10. プロジェクトを終了するのには、フォームを閉じます。Excel では、Test.xls を開き、シート 1 のデータを調べます。次の結果が期待どおり。

    元に戻す全体を表示する
    ColumnAColumnBColumnCColumnDColumnEColumnF
    11テスト11テスト
    22テスト22テスト
    3333テスト

    ただし、次のデータ参照してください。

    元に戻す全体を表示する
    ColumnAColumnBColumnCColumnDColumnEColumnF
    11テスト11テスト
    22テスト22テスト
    3333テスト

    ColumnC に挿入されて、空の文字列は無視されましたしが表示されない場合と同様に表示されます。したがって、以降の数値は、挿入された 1 つの列が意図した宛先の左になります。2 回目以降の文字列の列には影響しません。

バリエーション 1

テスト データは次のとおり構成します。

元に戻す全体を表示する
ColumnAColumnBColumnCColumnDColumnE
1テスト11テスト
2テスト22テスト

Visual Basic プロジェクトでは、次のように新しい値を追加するのには、セクションを変更します。
   'Add new values.
   Set rs = New ADODB.Recordset
   With rs
      .CursorLocation = adUseClient
      .Open "Select * from [Sheet1$]", cn, adOpenStatic, adLockOptimistic
      .AddNew
      .Fields("ColumnA").Value = 3
      .Fields("ColumnB").Value = ""
      .Fields("ColumnC").Value = 3
      .Fields("ColumnD").Value = 3
      .Fields("ColumnE").Value = "testing"
      .Update
      .Close
   End With
   Set rs = Nothing
   cn.Close
   Set cn = Nothing
				
Test.xls を Excel で開くと、Sheet1 に以下のデータが表示されます。

元に戻す全体を表示する
ColumnAColumnBColumnCColumnDColumnE
1テスト11テスト
2テスト22テスト
333テスト

この問題は 1 つの数値列が空の文字列値の前にするときに発生しませんを確認します。

バリエーション 2

テスト データは次のとおり構成します。

元に戻す全体を表示する
ColumnAColumnBColumnCColumnDColumnEColumnFColumnG
11テストテスト11テスト
22テストテスト22テスト

Visual Basic プロジェクトでは、次のように新しい値を追加するのには、セクションを変更します。
   'Add new values.
   Set rs = New ADODB.Recordset
   With rs
      .CursorLocation = adUseClient
      .Open "Select * from [Sheet1$]", cn, adOpenStatic, adLockOptimistic
      .AddNew
      .Fields("ColumnA").Value = 3
      .Fields("ColumnB").Value = 3
      .Fields("ColumnC").Value = ""
      .Fields("ColumnD").Value = ""
      .Fields("ColumnE").Value = 3
      .Fields("ColumnF").Value = 3
      .Fields("ColumnG").Value = "testing"
      .Update
      .Close
   End With
   Set rs = Nothing
   cn.Close
   Set cn = Nothing
				
Test.xls を Excel で開くと、Sheet1 に以下のデータが表示されます。

元に戻す全体を表示する
ColumnAColumnBColumnCColumnDColumnEColumnFColumnG
11テストテスト11テスト
22テストテスト22テスト
3333テスト

ADO が 2 つの空の文字列値を挿入する場合は、ColumnC と ColumnD に挿入する、空の文字列は無視され、表示されない場合とが表示されます。したがって、以降の数値は、挿入した 2 つの列が意図した宛先の左になります。2 回目以降の文字列の列には影響しません。

関連情報

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには以下の記事番号をクリックしてください。
294410 [Acc2002]: null 値を Excel にエクスポートすると次のフィールドのデータを交換してください。
257819 [Howto]: Visual Basic または VBA からのデータを Excel で ADO を使用します。

プロパティ

文書番号: 314763 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbiisam kbjet kbhotfixserver kbmt KB314763 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:314763
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com