文書番号: 314828 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

複製またはイメージ化した Windows インストールを展開する場合、イメージのキャプチャの前にシステム準備 (Sysprep) ツールを使用する必要があります。Sysprep では、Microsoft Windows のインストールの複製、監査、およびカスタマーへの配布を準備します。Microsoft Windows 2000、Windows XP、および Windows Server 2003 では、Sysprep は最新の Service Pack の Deploy.cab に含まれています。それ以降のバージョンの Windows では、Sysprep はオペレーティング システムに含まれ、Sysprep は次のフォルダーに存在します。
%windir%\system32\sysprep

詳細

Sysprep には、コンピューター SID などのシステム固有のデータを Windows から除去する役割があります。Windows のインストール時には、統計的に一意の 96 ビット数値を含むコンピューター SID が計算されます。コンピューター SID は、そのコンピューター上に作成されるユーザー アカウントとグループ アカウントの SID のプレフィックスになります。コンピューター SID にアカウントの相対 ID (RID) が連結され、アカウントの一意の識別子が作成されます。

次の例に、4 つのローカル ユーザー アカウントの SID を示します。新しいアカウントを追加すると、末尾 4 桁だけが増加することに注意してください。
ローカル コンピューター上の HKEY_USERS

S-1-5-21-191058668-193157475-1542849698-500 Administrator
S-1-5-21-191058668-193157475-1542849698-1000 ユーザー 1a
S-1-5-21-191058668-193157475-1542849698-1001 ユーザー 2
S-1-5-21-191058668-193157475-1542849698-1002 ユーザー 3
推奨される手順をとらずにインストールを複製すると、SID が重複してしまう可能性があります。リムーバブル メディアの場合には、NTFS アクセス許可を使用して、アカウントに対して明確にファイルへのアクセスを拒否していても、SID の重複により、そのアカウントでファイルにアクセスできてしまうことがあります。コンピューター/ドメインとユーザーの両方は SID により識別されるため、現在および将来のプログラムに対するサポートを維持するためには、一意の SID が必要です。Windows 8 または Windows Server 2012 のインストールを複製する場合に発生することがある問題の詳細については、「Windows 8 および Windows Server 2012 に固有の情報」セクションを参照してください。

イメージを作成するには、コンピューター SID 以外にも、他の多くのコンポーネントと機能をクリーンアップ、一般化、または特殊化する必要があります。次にいくつかの例を示します。
  • イベント ログ
  • ネットワークの設定
  • Windows Media Player の設定
  • シェルの設定
  • ライセンス

注: これは包括的な一覧ではありません。

マイクロソフトは、Sysprep ユーティリティを使用して準備してからイメージ化した、以下のオペレーティング システムをサポートします。
  • Windows NT Workstation 4.0
  • Windows NT Server 4.0 (プライマリ ドメイン コントローラーまたはバックアップ ドメイン コントローラーでないスタンドアロン サーバー)
  • Windows 2000 Professional
  • Windows 2000 Server (DCPromo の実行前にイメージの作成が必要)
  • Windows 2000 Advanced Server
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows Server 2003 Standard Edition
  • Windows Server 2003 Datacenter Edition
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition
  • Windows Server 2003 Web Edition
  • すべてのバージョンの Windows Vista
  • すべてのバージョンの Windows Server 2008
  • すべてのバージョンの Windows 7
  • すべてのバージョンの Windows Server 2008 R2
  • すべてのバージョンの Windows 8
  • すべてのバージョンの Windows Server 2012
マイクロソフトは、システム準備ツール以外の SID 複製ツールを使用してセットアップされたコンピューターをサポートしません。たとえば、以下のツールを使用した場合がサポート対象外になります。
  • NewSID
  • GhostWalker
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

注: Sysprep を使用せずにイメージが作成された場合、マイクロソフトは、そのイメージの展開後にコンピューターを正規の状態に戻す手段として Sysprep を実行する操作はサポートしません。イメージのキャプチャの前に Sysprep を実行する必要があります。

Windows 8 および Windows Server 2012 に固有の情報

複数の同時インスタンス上で使用する目的で Windows 8 または Windows Server 2012 のイメージを複製し、Sysprep ツールを適切に実行した場合、プッシュ通知が機能しない問題が発生します。たとえば、次の問題が発生することがあります。
  • インターネット接続が使用できる場合であっても、タイル、バッジ、およびトースト通知が更新されない。
  • RAW 通知に依存するアプリが正常に機能しない。たとえば、メール、カレンダー、およびメッセージングで機能が大幅に制限される。
  • ローミングおよびファミリー セーフティの設定に関する変更を同期させるのに長い時間がかかる。


注: バックアップ、または新しいハード ディスク ドライブや新しいデバイスへの移行のためにイメージを複製しても、オリジナル バージョンとコピーしたバージョンの両方を同時に実行しなければ、これらの問題は発生しません。

これらの問題を解決するには、次のいずれかの方法を使用します。
  • Sysprep /generalize コマンドを使用してコンピューターを構成し、イメージを展開する。
  • 既存のユーザー アカウントを新しいユーザー アカウントに置き換える。デバイス ID はユーザー プロファイルの一部として格納されます。コンピューターに追加される新しい NTUser アカウントごとに、新しい ID を受け取ります。

関連情報

Windows システム準備ツールの詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

Windows XP
Windows システム準備ツール
Windows Server 2003
Sysprep の概要
Windows 7
Windows 7 用の Windows 自動インストール キット (AIK)

Windows 7 用の Windows 自動インストール キット ドキュメント (2010 年 5 月更新)
Windows 8 および Windows Server 2012
Sysprep の概要



この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。


プロパティ

文書番号: 314828 - 最終更新日: 2012年8月31日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 8
  • Windows 8 Enterprise
  • Windows 8 Professional
  • Windows Server 2012 Essentials
  • Windows Server 2012 Foundation
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Starter
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.1
キーワード:?
kbinfo kbnetwork kbsetup KB314828
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com