Adminpak.msi を使用して Windows に特定のサーバー管理ツールをインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 314978 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP314978
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、次の Administration Pack から個別のサーバー管理ツールをインストールする方法について説明します。
  • Windows 2000 ベースのコンピュータ上の Microsoft Windows 2000 Administration Pack (Adminpak.msi)
  • Microsoft Windows XP ベースのコンピュータおよび Windows Server 2003 ベースのコンピュータ上の Microsoft Windows Server 2003 管理ツール パック (Adminpak.msi)

    : Windows Server 2003 管理ツール パックは、Windows XP ベースのコンピュータと Windows Server 2003 ベースのコンピュータにのみインストールできます。
Windows 2000 Adminpak.msi ファイルは、Windows 2000 Professional CD-ROM には収録されていません。ただし、次の製品に付属する CD-ROM からインストールできます。
  • Windows 2000 Server
  • Windows 2000 Advanced Server
  • Windows 2000 Datacenter
この資料では、この CD-ROM を Windows 2000 CD-ROM と呼びます。

Windows 2000 ベースおよび Windows Server 2003 ベースのコンピュータをリモート管理する場合は、次のコンピュータ上の Windows 2000 Adminpak.msi ファイルから管理ツールをインストールして実行できます。
  • Windows 2000 Professional ベースのコンピュータ
  • Windows 2000 Server ベースのメンバ コンピュータ
  • Windows 2000 ベースのドメイン コントローラ
Windows Server 2003 Adminpak.msi ファイルは、Windows XP Professional CD-ROM には収録されていません。ただし、次の製品に付属する CD-ROM からインストールできます。
  • Windows Server 2003 Standard Edition
  • Windows Server 2003 Datacenter Edition
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition
この資料では、この CD-ROM を Windows Server 2003 CD-ROM と呼びます。

Windows 2000 ベースおよび Windows Server 2003 ベースのコンピュータをリモート管理する場合は、次のコンピュータ上の Windows Server 2003 Adminpak.msi ファイルから管理ツールをインストールして実行できます。
  • Windows XP Professional ベースのメンバ コンピュータ
  • Windows Server 2003 ベースのメンバ コンピュータ
  • Windows Server 2003 ベースのドメイン コントローラ
まれに、Windows 2000 管理ツールを使用して Windows Server 2003 ベースのコンピュータをリモート管理すると、ツールの機能が制限される場合があります。また、Windows Server 2003 管理ツールを使用して Windows 2000 ベースのコンピュータをリモート管理すると、ツールの機能が制限される場合があります。 これらの制限事項の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
304718 Windows XP Professional ベースのクライアントまたは Windows Server 2003 ベースのクライアントを使用して Windows サーバー ベースのコンピュータをリモート管理する方法

MSIEXEC を使用した、Adminpak.msi に含まれる特定のサーバー管理ツールのインストール

デフォルトでは、Administration Pack をインストールすると、Administration Pack に用意されているすべてのツールがインストールされます。しかし、Windows インストーラ コマンド ライン スイッチを使用すると、特定のサーバー管理ツールをインストールすることができます。

たとえば、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行できます。
msiexec /i adminpak.msi ADDLOCAL=AdminToolAbbreviation /qb
: AdminToolAbbreviation は、インストールするサーバー管理ツールの略称です。ツールは Windows 2000 Adminpak.msi ファイルまたは Windows Server 2003 Adminpak.msi ファイルに含まれています。

: Windows パスで指定されているハード ディスク上の場所に Adminpak.msi ファイルをコピーする必要があります。または、コマンド ラインで Adminpak.msi ファイルのパスを指定します。

たとえば、WINS スナップインを使用して、特定のサーバー管理ツールを個別にインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. Windows 2000 Server CD または Windows 2000 Advanced Server CD を CD ドライブに挿入します。
  2. エクスプローラで、Windows 2000 Server CD または Windows 2000 Advanced Server CD の I386 フォルダを開きます。
  3. Adminpak.msi ファイルをハード ディスクの %SystemRoot%\System32 フォルダにコピーします。
  4. コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    msiexec /i adminpak.msi ADDLOCAL=FeWINSConsole /qb
    WINS スナップインを確認するには、[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントします。次に [管理ツール] をクリックします。

Windows 2000 管理ツールの略称

この資料で説明している方法を使用すると、インストールするサーバー管理ツールの適切な略称に置き換えることにより、Windows 2000 ベースのコンピュータ上の Windows 2000 Adminpak.msi ファイルから個別または追加の Windows 2000 管理ツールをインストールできます。以下のリストには、個別のサーバー管理ツールの略称に関する詳細な情報が記載されています。

: この資料で説明している方法でサーバー管理ツールの略称を使用する場合は、大文字と小文字が区別されます。Windows インストーラ コマンド ライン スイッチを使用するときに、以下の表に示す略称を一字一句このまま入力する必要があります。
元に戻す全体を表示する
略称 サーバー管理ツール
FeCERTConsole 証明機関
FeClusterConsole クラスタ アドミニストレータ
FeCMAKConsole 接続マネージャ管理キット
FeDHCPConsole DHCP
FeDFSConsole 分散ファイル システム
FeDNSConsole DNS
FeIASConsole インターネット認証サービス
FeIISConsole インターネット サービス マネージャ
FeACSConsole QoS 受付制御
FeRSConsole リモート記憶域
FeRRASConsole ルーティングとリモート アクセス
FeTAPIConsole テレフォニー
FeTSClientConsole ターミナル サービス クライアント
FeTSMgrConsole ターミナル サービス ツール
FeWINSConsole WINS
FeADTools Active Directory ツール

: Active Directory ツールには、次の 3 つのスナップインが含まれます。
  • Active Directory ドメインと信頼関係
  • Active Directory サイトとサービス
  • Active Directory ユーザーとコンピュータ
ターミナル サービス ツールには、次の 2 つのスナップインが含まれます。
  • ターミナル サービス ライセンス
  • ターミナル サービス マネージャ
ターミナル サービス スナップインを個別にインストールすることはできません。

Windows Server 2003 管理ツールの略称

Windows XP Professional または Windows Server 2003 コンピュータ上の Windows Server 2003 Adminpak.msi ファイルから個別または追加の Windows Server 2003 管理ツールをインストールするには、この資料で説明している方法を使用します。インストールするサーバー管理ツールの適切な略称を、コマンド ラインに指定してください。以下の一覧には、個別のサーバー管理ツールの略称に関する詳細な情報が記載されています。

: この資料で説明している方法でサーバー管理ツールの略称を使用する場合は、大文字と小文字が区別されます。Windows インストーラ コマンド ライン スイッチを使用するときに、以下の表に示す略称を一字一句このまま入力する必要があります。
元に戻す全体を表示する
略称 サーバー管理ツールと説明
FeADMgmtConsole Active Directory の管理 : Active Directory を管理します。
FeADTools Active Directory : Active Directory ツールを使用して、ディレクトリ サービスを管理します。
FeAZRoles AZRoles : 承認マネージャを使用して、役割ベースの管理およびコンピュータの構成を行います。
FeCERTConsole 証明機関 : 証明機関サービスを管理します。証明機関サービスは、公開キー セキュリティ プログラム用の証明書を発行します。
FeCMAKConsole 接続マネージャ管理キット : 接続マネージャ管理キットを使用して、接続マネージャ サービス プロファイルを作成します。
FeClusterConsole クラスタ アドミニストレータ : クラスタ サービスを管理します。クラスタ サービスにより、サーバー アプリケーションの可用性が向上します。
FeDFSConsole 分散ファイル システム : 既存のファイル共有を使用して、単一の論理名前空間を構築します。
FeDHCPConsole DHCP : DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) サービスを管理します。DHCP サービスにより、ネットワーク コンピュータに IP アドレスが動的に割り当てられます。
FeDNSConsole DNS : DNS (Domain Name System) サービスを管理します。DNS サービスにより、DNS コンピュータ名が IP アドレスに変換されます。
FeIASConsole インターネット認証サービス : RADIUS (Remote Authentication Dial-In User Service) プロトコルを使用して、リモート認証を実行します。
FeIISAdminScripts IIS 管理スクリプト : インターネット インフォメーション サービス (IIS) を管理します。
FeIPMgmtConsole IP アドレスの管理 : IP アドレスを管理します。
FeNetLoadBalance ネットワーク負荷分散マネージャ : ネットワーク負荷分散サービスを管理します。
FePKMgmtConsole 公開キーの管理 : 公開キーを管理します。
FeRISAdmin リモート インストール サービス : リモート インストール サービスを使用して、RIS サーバーからクライアント コンピュータへの、ネットワーク接続を介したオンデマンドでイメージ ベースのオペレーティング システム インストールをサポートします。
FeRSConsole リモート記憶域 : リモート記憶域を管理します。リモート記憶域サービスは、頻繁にアクセスされないファイルのデータを磁気テープや磁気光ディスクに自動的に移動します。
FeTAPIConsole テレフォニー : テレフォニー サービスを構成および管理します。
FeTSMgrConsole ターミナル サービス マネージャ : ターミナル サービス マネージャを使用して、信頼されたドメインのターミナル サーバーの情報 (ターミナル サーバーごとのすべてのセッション、ユーザー、プロセスなど) を参照します。このツールを使用すると、サーバーを管理するためのさまざまな操作を行うこともできます。
FeUDDI UDDI : UDDI サービスを使用すると、エンタープライズ開発者は開発ツールとビジネス アプリケーションから直接、Web サービスを効率的に発行、検出、共有、および再利用することができます。
FeWINSConsole WINS : Windows インターネット ネーム サービス (WINS) を管理します。WINS により、NetBIOS コンピュータ名が IP アドレスに変換されます。

Windows 2000 Adminpak.msi ファイルには含まれるが、Windows Server 2003 Adminpak.msi ファイルには含まれないツール

元に戻す全体を表示する
略称 サーバー管理ツール
FeIISConsole インターネット サービス マネージャ
FeACSConsole QoS 受付制御
FeRRASConsole ルーティングとリモート アクセス
FeTSClientConsole ターミナル サービス クライアント

トラブルシューティング

Windows インストーラ コマンド ライン スイッチを使用してサーバー管理ツールをインストールするときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
内部エラー 2711。
この問題は、コマンド ラインを正しく入力しなかった場合に発生することがあります。この資料で説明している方法を使用するときは、上記の表に記載されているサーバー管理ツールの略称を一字一句そのまま入力してください。



関連情報

Windows 2000 の管理ツールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
216999 Windows 2000 にリモート サーバーの管理ツールをインストールする方法
269483 [NT]Windows 2000 管理ツール (Adminpak.msi) のアップデート

プロパティ

文書番号: 314978 - 最終更新日: 2006年9月8日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbhowtomaster KB314978
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com