Service Pack 3 をインストールした後 FRS イベント 13567 が、ファイル複製サービス イベント ログに記録されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315045
重要です: この資料には、レジストリの変更に関する情報が含まれます。レジストリを変更する前に、必ずバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解しているかどうかを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを編集する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) をインストールした後、次のイベントは、ファイル レプリケーション サービス (FRS) のイベント ログに記録されます。
イベントの種類: 警告
イベント ソース: NtFrs
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 13567
作成日: 2001/12/12
時刻: 14: 03: 32
ユーザー: 該当なし
コンピューター: NA-DC-01
説明:
ファイル レプリケーション サービスが検出した %1 の平均を抑制するか以上のファイルを更新したのでによりここ %2 時間で 1 時間ごとを更新します。ファイルの内容を変更できません。FRS デバッグ ログの追跡レコードに、抑制された更新のファイル名とイベント時刻を必要があります。は、追跡レコードがある、日付と時刻の後に: t: がプレフィックスとして付加します。

ファイルの内容が変更されない更新が抑制されています。不要なレプリケーション ・ トラフィックを防止します。一般的な例を次に示します更新プログラム ファイルの内容を変更しないでください。

[1] ファイルを同じファイルのコピーを上書きします。
[2]、同じ Acl 上のファイルを複数回設定します。
[3] 既存のステレオタイプ経由でファイルのコピーを復元しています。

Regedit を実行して、更新の抑制を無効化できます。

開始、実行、およびタイプ regedit をクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE]、[システム]、[CurrentControlSet]、[サービス]、[NtFrs] を展開、パラメーターは、作成または値"抑制と同一に更新0 (既定値は 1 だ) と同一の更新をレプリケートするを強制するファイル"。

原因

FRS が検出および更新が重複して表示されないようにするには、SP3 で更新されました。ネットワークの帯域幅を節約できます。この抑制が発生したことを管理者に通知するイベント 13567 が記録されます。

具体的には、FRS 15 同一 FRS でレプリケートされたファイルを 1 時間以内更新されたこのような状況で 3 つの連続した時間に発生したことが検出された場合このイベントが記録されます。重複した変更は、1 つのファイルに 15 回発生した、または 15 固有ファイルごと、または任意の組み合わせの 2 つの間の時間します。同じ更新は MD5 チェックサムを最後に変更が、同じファイルを前の変更と同じで、既存のファイルへの変更です。管理者またはプログラム繰り返しの過度のレプリケーション バックログ、レプリケーション パートナー間でのデータの整合性を遅らせる可能性があります、FRS でレプリケートされたファイルを変更すると、重複している変更は共通です。上記のしきい値は、イベント ログにのみ適用されます。FRS の抑制を継続的に動作します。FRS の抑制はフォルダーに適用されません。したがって、フォルダーへの頻繁な変更 FRS レプリケーションと抑制もオンのときのステージングがあります。FRS でレプリケートされたフォルダー内の重複した変更の一般的な原因は次のとおりです。
  • ウイルス対策ソフトウェア。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    284947ウイルス対策プログラムがセキュリティ記述子と原因で Sysvol と DFS の FRS データの過剰なレプリケーション変更可能性があります。
  • ディスク最適化ツールです。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
    282791 FRS: ディスク デフラグが過度の FRS レプリケーション トラフィックが発生します。
  • ファイル システム ポリシーまたはセキュリティのアクセス許可を適用する、グループ ポリシーのセキュリティ テンプレートをインポートします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
    279156 ファイル システムのポリシーを設定するディスク ドライブまたはファイル レプリケーション サービスによってレプリケート フォルダーの影響
  • 管理者が FRS にセキュリティのアクセス許可を再定義する Windows エクスプ ローラーまたは同等のプログラムを使用してツリーをレプリケートします。
  • インストール時に、ユーザー権利の割り当て] または [グループ ポリシーの他の要素を積極的に更新プログラムを非効率的な起動または定期的な間隔で。

解決方法

警告: レジストリ エディターを誤って使用する場合は、os の再インストールが必要となる深刻な問題があります。マイクロソフトは、レジストリ エディターの誤用により発生した問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリ エディターを使用します。

レジストリを変更して、抑制を防ぐことができます。重複する更新を抑制することを防止するのには:
  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 見つけて、レジストリ内の次のキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters
  3. で、 編集 メニューをクリックして 値を追加します。、し、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: ファイルへの同一の更新を抑制します。
    データを入力します。 REG_DWORD
    基数: 16 進数
    [値のデータ: 0
    2 つの有効なデータ値であることに注意してください、 ファイルへの同一の更新を抑制します。 レジストリ値:

    • 1 = のアクティブ化の抑制 (これがデフォルトです)。コンテンツまたはセキュリティ属性が変更されていないファイルはレプリケートされません。
    • 0 = の抑制を無効にします。あるかどうか、ファイルへの実際の変更が更新される場合は、ファイルがレプリケートされます。
  4. レジストリ エディターを終了します。

詳細

FRS に SP3 の更新プログラムの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
307319変更するには、ファイル複製サービス

プロパティ

文書番号: 315045 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbprb kbmt KB315045 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315045
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com