「エラー 1328。ファイルへのパッチ適用エラー <path>\Winword.exe「Office XP Service Pack 1 (sp-1) ワークステーションに適用すると、エラー メッセージ</path>

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315063 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP315063
重要この資料では、企業内で発生したエラーについて説明します。環境、その環境でのシステム管理者を対象としています。

この資料ではないは、次の条件を満たす場合に適用します。
  • Office XP のバージョンは、製品版のインストールCD-ROM が (、Office ホログラムを示す)。
  • Office XP のバージョン Office に更新しようとしました。XP Service Pack、製品アップデートの Web サイトを使用して 1 (SP 1)(http://office.microsoft.com/productupdates)。
Office XP のバージョンをネットワークからインストールした場合サーバーまたは、システム管理者にしてください提供された CD-ROMこの問題をシステム管理者に連絡してください、この資料を参照します。数です。

その他の詳細についてはOffice を CD-ROM からインストールした場合の問題はの次の資料をクリックします。マイクロソフト サポート技術資料を参照する番号:
315152OFFXP エラー 1328 が Office XP Service Pack 1 を適用すると、
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Office XP Service Pack 1 (sp1) を適用する場合は、可能性があります。次のようなエラー メッセージが表示されます。
エラー1328年。 エラー ファイル C:\program ファイルに修正プログラムを適用しますOffice\Winword.exe。他の方法では、更新された可能性があり、ことができますありませんこの修正プログラムで変更します。詳細については、修正プログラムにお問い合わせください。仕入先。
メモMicrosoft Office xp のすべてのクライアント更新プログラム ログ ファイルを作成します。\Temp\OHotfix のフォルダーです。ログ ファイル名は次のようにあります。
OHotfix (#.log)
OHotfix (#_Msi.log)
これらの番号は 00001 でを起動し、ごとにインクリメントされその後の更新します。したがって、同じ更新プログラムを再度実行するか、実行する場合は、新しい更新プログラムのログ ファイルの次の組み合わせは 00002 を番号になります。

とき、ログ ファイルを開いて、次のようなテキストが見つかります。
MSI (s) (D5:80): Executing op:
FileCopy(SourceName=WINWORD.EXE,DestName=WINWORD.EXE,Attributes=1537,FileSize=110578248,
Version=10.0.2930.0,Language=0,InstallMode=58982400,PerTick=32768,IsCompressed=0,,
VerifyMedia=1,,VitalPatches=15,PatchHeaders=Binary00 
MSI (s) (D5:80): File: C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\WINWORD.EXE;
Overwrite; Existing file is a lower version
MSI (s) (D5:80): Executing op:
PatchApply(PatchName=WINWORD.EXE,TargetName=C:\Program Files\Microsoft
Office\Office10\WINWORD.EXE,PatchSize=3938618,TargetSize=10578248,PerTick=0,IsCCompressed=1,
FileAttributes=1537,PatchAttributes=0)PatchFiles: File: C:\Program Files\Microsoft 
Office\Office10\WINWORD.EXE, Directory: C:\Program Files\Microsoft 
Office\Office10\, Size:
MSI (s) (D5:80): Note: 1: 2318 2: C:\Config.Msi\PTC8D.tmp
MSI (s) (D5:80): Note: 1: 2302 2: 0  
MSI (s) (D5:80): Note: 1: 1328 2: C:\Program Files\Microsoft
Office\Office10\WINWORD.EXE 3: -1072807676  Error 1328. Error applying patch to 
file C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\WINWORD.EXE. It has probably 
been updated by other means, and can no longer be modified by this patch. For more 
information contact your patch vendor. System Error: -1072807676
MSI (s) (D5:80): Product: Microsoft Office XP Professional with FrontPage --Error 1328. 
Error applying patch to file C:\Program Files\Microsoft 
Office\Office10\WINWORD.EXE. It has probably 
been updated by other means, and can no longer be modified by this patch. For more 
information contact your patch vendor. System Error: -1072807676 
				
ログの使用に関する詳細についてファイルは、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックして。
308490更新プログラムのトラブルシューティングを行う方法Office xp のログ ファイルを使用してインストール

原因

すべての場合にこのエラー メッセージが表示されます、次の条件true を指定するには
  • Office XP の管理者用インストールがあることサービス ・ パック 1 管理者用アップデートで更新されました。
  • インストールするネットワーク クライアント ワークステーションを使用しています。管理者用インストールから Office。
  • ネットワーク クライアントに SP 1 を適用します。ワークステーション。
Office クライアントの更新プログラム ファイルを更新するのには、バイナリ形式を使用します。これは、ファイルの特定の部分が更新されることを意味します。この方法によって、クライアントのファイルの完全な更新された、Office プログラム ファイル既に更新された (管理者用インストール) の交換sp-1 クライアント用更新プログラムを使用して、別の更新プログラムを更新できません。これです。ファイルを管理者用イメージとクライアント上のファイルがないためこのファイルは、クライアント用更新プログラム (バイナリ アップデート) を検索する必要が。これにより、クライアント用更新プログラムは失敗します。

「現象」のサンプル ログ ファイルに次に、テキストで始まる行に注意してください。
FileCopy(SourceName=WINWORD.EXE,DestName=WINWORD.EXE,Attributes=1537,FileSize=110578248,
Version=10.0.2930.0
				
Microsoft Word 2002 の基本 (RTM) バージョンであるため10.0.2627.0 と (SourceName) の管理者用インストールを含む、後バージョンは管理者用インストールがあることが明らかです。post-RTM を更新します。 プログラムのバージョンについてをクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号:
291331Office XP のバージョンを確認する方法

回避策

更新しなくても、SP 1 に、クライアントを更新する必要がある場合管理イメージは、管理用のセカンダリ ・ イメージを作成し、Office XP の RTM のレベルをクライアントのキャッシュし、クライアントに SP 1 を適用します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Office XP は、新しい管理者用インストールを作成します。更新プログラムまたは修正プログラムが含まれていません。
  2. 各クライアント (展開を使用して、次のコマンドを実行します。メソッドに必要な場合)。
    msiexec.exe/i 新しい Admin の MSI へのパス 再インストールすべての REINSTALLMODE = VM =
  3. SP 1 がクライアントに適用されます。

詳細

Office XP をクライアント コンピューターにインストールした場合更新された管理インストール ポイントから、管理者用の更新プログラムはすべてを更新するのには、次の手順を使用する必要があります。クライアントです。クライアント (エンドユーザー) アップデートを直接を使用してクライアントを更新する場合クライアントと管理イメージとが発生する可能性があります、同期になります将来の更新に失敗します。

Office クライアント ワークステーションをインストールする場合Office の管理者用インストールから、お勧めは、ダウンロードしてMicrosoft Office XP リソース キットから、管理者用更新プログラムをインストールします。Office の更新の展開の詳細についてを参照するには次のマイクロソフト Web サイト:
http://www.microsoft.com/office/ork/xp/one/depb11.htm
管理者バージョンの更新プログラムを適用した後、各クライアント ワークステーションで、Office の管理者用インストールを更新します。Windows インストーラーのコマンド ラインで、ワークステーションを実行しています。

更新プログラムをインストールする方法については、管理者用インストールでクリックして次資料番号を表示するのには資料では、マイクロソフト サポート技術。
301348Office XP の管理者用インストールにアップデートをインストールする方法

プロパティ

文書番号: 315063 - 最終更新日: 2012年10月19日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002
キーワード:?
kbtshoot kbpubtypekc kbbug kberrmsg kbprb kbmt KB315063 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315063
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com