[HOWTO] ISA Server 2000 で SMTP メッセージ スクリーナを構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315132 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP315132
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Internet Security and Acceleration (ISA) Server 2000 で SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) メッセージ スクリーナを構成する方法について説明します。ISA Server は、ファイアウォールおよび Web キャッシュ サーバーのプログラムです。ISA Server を使用して、内部ネットワークに着信する電子メール メッセージを選別することもできます。電子メール メッセージの選別機能は、ISA Server の SMTP メッセージ スクリーナに含まれる機能です。SMTP メッセージ スクリーナはオプション コンポーネントであるため、ISA Server の標準インストールを実行する場合には自動的にインストールされません。

SMTP メッセージ スクリーナは、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 5.0 の SMTP サービスを実行しているコンピュータにインストールする必要があります。SMTP メッセージ スクリーナは、分散コンポーネント オブジェクト モデル (DCOM) を使用して ISA Server の SMTP フィルタと通信します。

SMTP メッセージ スクリーナは、以下のいずれかの場所にインストールできます。
  • ISA Server ベースのコンピュータ
  • 内部ネットワーク上にある別の IIS 5.0 ベースのコンピュータ
  • 電子メール サーバー
この資料では、内部ネットワーク上にある別の IIS 5.0 ベースのコンピュータで SMTP メッセージ スクリーナを構成する方法について説明します。

IIS 5.0 SMTP サーバーに SMTP メッセージ スクリーナをインストールする方法

  1. CD ドライブに ISA Server の CD を挿入し、自動的に実行させます。

    ISA Server の CD を持っていない場合は、[ISAautorun.exe] をダブルクリックします。
  2. ISA Server のインストールを開始し、[カスタム インストール] をクリックします。
  3. [ISA サービス] チェック ボックスをオフにし、[管理ツール] をクリックし、[オプションの変更] をクリックします。
  4. [ISA の管理] チェック ボックスをオンにし、[H.323 ゲートキーパー管理ツール] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
  5. [アドイン サービス] チェック ボックスをオンにし、[オプションの変更] をクリックします。
  6. [H.323 Gatekeeper サービスのインストール] チェック ボックスをオフにし、[メッセージ スクリーナ] チェック ボックスをオンにします。
  7. [OK] をクリックし、[継続] をクリックします。
  8. SMTP メッセージ スクリーナのインストール処理が完了したら、コンピュータを再起動します。

ISA Server で SMTP アプリケーション フィルタを有効にする方法

  1. ISA の管理スナップインを起動します。使用しているサーバー名、[拡張] を順にクリックして展開し、[アプリケーション フィルタ] をクリックします。
  2. [SMTP Filter] を右クリックし、[有効化] をクリックします。
  3. [変更を保存して、サービスを再起動する] をクリックし、[OK] をクリックします。

内部 IIS 5.0 SMTP サーバーを構成する方法

メール ドメインのメールを受信するリモート ドメインを使用して SMTP サーバーを構成すると、認証されていないユーザーがサーバーを中継として使用して、迷惑メール (スパム) を送信することができなくなります。リモート ドメインは、メールを内部メール サーバーに中継するように構成されます。内部 IIS 5.0 SMTP サーバーを構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] を順にポイントし、[インターネット サービス マネージャ] をクリックします。
  2. [既定の SMTP 仮想サーバー] をクリックして展開します。[ドメイン] を右クリックし、[新規作成] をポイントし、[ドメイン] をクリックします。
  3. SMTP ドメイン作成ウィザードが起動したら、[リモート ドメイン] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [ドメイン名] ページで、メール サーバーがメールを受信するドメインのドメイン名を入力します。

    たとえば、domain.com に送信されるメールのみを IIS 5.0 SMTP サーバーが受信するようにするには、domain.com のリモート ドメインを作成します。他のドメインに送信されるメッセージは拒否されます。
  5. [完了] をクリックします。
  6. リモート ドメインをダブルクリックし、[すべてのメールをスマート ホストに転送する] をクリックします。
  7. 内部メール サーバーの IP (Internet Protocol) アドレスを入力します。

    : IP アドレスは、角かっこ ([ ]) で囲みます。
  8. [このドメインへ受信メールを中継する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  9. SMTP サービスを終了し、再開します。

IIS 5.0 ベースのサーバー上で SMTPCred.exe ツールを使用してアクセス許可を構成する方法

: SMTPCred.exe ツールは、ISA Server がスタンドアロンの ISA Server としてインストールされている場合にのみ使用してください。ISA Server がアレイのメンバとしてインストールされている場合、SMTPCred.exe ツールを使用しないでください。ISA Server がアレイ内にインストールされている場合、設定は Active Directory から取得されます。
  1. IIS 5.0 ベースのサーバーで、SMTPCred.exe ツールを起動します。

    : SMTPCred.exe ツールは、デフォルトで次の ISA Server のインストール フォルダにあります。
    C:\Program Files\Microsoft ISA Server
  2. [ISA Server] ボックスに、ISA Server ベースのコンピュータの名前を入力します。
  3. リモート サーバーが設定の取得に使用する、デフォルトの時間設定を変更しないでください。
  4. [ユーザー名] ボックスにユーザー名を、[ドメイン] ボックスにドメイン名を、[パスワード] ボックスにユーザーのパスワードをそれぞれ入力し、[OK] をクリックします。

    : ISA Server ベースのコンピュータに対して管理者権限のあるユーザーのパスワードを入力します。SMTP メッセージ スクリーナを実行している SMTP サーバーは、これらの資格情報を使用して ISA Server ベースのコンピュータと通信します。

ISA Server で DCOM のアクセス許可を構成する方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに dcomcnfg.exe と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [アプリケーション] タブをクリックし、[VendorData Class] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックし、[独自のアクセス許可を使う] をクリックします。
  4. [編集] をクリックし、[追加] をクリックします。[Everyone] をクリックして [追加] をクリックし、[OK] をクリックし、[OK] をクリックします。
  5. [セキュリティ] タブで、以下のオプションをクリックします。その後、これらの各オプションに対して手順 4. を実行します。完了後、[OK] をクリックします。
    • 独自の起動アクセス許可を使う
    • 独自の構成アクセス許可を使う

  6. ISA Server ベースのコンピュータを再起動し、IIS 5.0 SMTP サーバーを再起動します。

トラブルシューティング

SMTP メッセージ スクリーナには、構成用のインターフェイスはありません。SMTP メッセージ スクリーナでフィルタするメッセージの種類を構成するには、SMTP アプリケーション フィルタを使用します。SMTP アプリケーション フィルタの構成方法の詳細については、ISA Server のオンライン ヘルプを参照してください。







プロパティ

文書番号: 315132 - 最終更新日: 2014年2月7日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbhowtomaster KB315132
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com