Windows XP にアップグレード中、GoBack に関するアップグレード レポートが通知される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315333 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP315333
重要 : この資料には、レジストリの編集に関する情報が含まれています。レジストリを編集する前に、問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。復元方法の詳細については、Regedit.exe のヘルプ トピック「レジストリを復元する」、または Regedt32.exe のヘルプ トピック「レジストリ キーを復元する」を参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows XP にアップグレードしようとすると、Roxio GoBack (システム復元ユーティリティ、以下 GoBack ) ソフトウェアが Windows XP と互換性がなく、アンインストールする必要があることがアップグレード レポートによって通知されます。これにより、セットアップを継続できません。この問題は、GoBack をアンインストールしても発生する場合があります。

原因

GoBack のアンインストール後に GoBack の関連ファイルがハード ディスクまたはレジストリから削除されない場合があることが原因で、この問題が発生することがあります。

解決方法

この現象を解決するには、GoBack でインストールされたすべての情報をアンインストールし、関連ファイルもすべて削除します。それには次の手順を実行します。

GoBack プログラムの削除

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。
  3. インストールされているプログラムの一覧の GoBack プログラムをクリックし、[削除] をクリックします。

    画面の指示に従ってアンインストール プロセスを完了します。
  4. すべての GoBack プログラムについて、手順 3. を繰り返します。
  5. Windows エクスプローラを起動して C:\WINDOWS\TEMP を参照します。
  6. [編集] メニューの [すべて選択] をクリックし、Del キーを押します。

    確認メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  7. C:\WINDOWS に移動して、GBsetup.exe を右クリックし、[削除] をクリックします。

    確認メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  8. 手順 7. を繰り返し、GBSethlp.exe を削除します。

GoBack レジストリ キーの削除

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要です。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

レジストリの編集方法の詳細については、レジストリ エディタ (Regedit.exe) のヘルプ トピック「キーと値の変更」、または Regedt32.exe のヘルプ トピック「レジストリ情報の追加と削除」と「レジストリ情報の編集」を参照してください。レジストリを編集する前にレジストリのバックアップを必ず作成してください。Windows NT または Windows 2000 を実行している場合、システム修復ディスク (ERD) も更新する必要があります。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に [名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. レジストリ エディタ内で [マイ コンピュータ] をクリックし強調表示させます。次に [編集] メニューの [検索] をクリックします。
  3. [検索] ダイアログ ボックスで、[検索する値] ボックスに GoBack と入力し、次に [次を検索] をクリックします。
  4. GoBack に関連するすべてのレジストリ キーを削除します。F3 キーを押すか [次を検索] クリックし検索を続けます。すべてのレジストリを検索するまで、この手順を繰り返します。

    検索したエントリが削除できない場合があります。
  5. GBMenu、GBFile、GBDrive、および GBRevert についても手順 3. および 4. を繰り返し、GoBack に関連するすべてのエントリを削除します。
  6. レジストリ エディタを終了します。Microsoft Windows のフォルダ オプションが [すべてのファイルとフォルダを表示する] に設定されていることを確認してください。
  7. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。 [ファイルとフォルダすべて] をクリックして、[ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに GoBackVbox および Roxio と順に入力し、検索します。
  8. GoBack に関連する ファイル をすべて削除します。

    root drive\Windows\System32\Drivers フォルダ内で GoBack コンポーネントが検索されることがあります。このフォルダ内で GB または GoBack で始まるドライバが検索された場合は、削除してください。
  9. Program Files フォルダ内で Roxio という名前のフォルダを検索します。Roxio フォルダを削除します。
以上で、 アップグレード アドバイザ および Windows XP セットアップを正常に実行することができます。

詳細

詳細については、Roxio Web サイトを参照してください。
Roxio サポート Web サイト
この資料に記載されている他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 315333 (最終更新日 2002-02-04) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 315333 - 最終更新日: 2003年12月2日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kberrmsg kbsetup kbprb kb3rdparty KB315333
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com