Windows XP の起動時にエラー メッセージ "CD レコーディング ソフトウェアは Windows を不安定にさせる原因となります" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315345 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP315345
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Windows XP を起動するときに、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
デバイスまたはアプリケーションが無効です
CD レコーディング ソフトウェアは Windows を不安定にさせる原因となります。これらのドライバは読み込まれませんでした。詳細はここをクリックしてください。
詳細を表示すると、次の情報が表示されます。
A CD Recording driver is installed that may cause stability problems including shutting down and problems using a CD/DVD drive.
The driver will be disabled.

The drivers may be installed by Easy CD Creator or Windows Media Player or Real Jukebox.
You might not be able to record CDs until you obtain compatible drivers.

www.roxio.com
www.microsoft.com
www.switchboard.real.com
システム イベント ログに、次のイベント ID メッセージが記録されます。

種類 : エラー
ソース : Service Control Manager
分類 : なし
イベント ID : 7000
日付 : 2/2/2003
時刻 : 4:46:16 午後
ユーザー : N/A
コンピュータ : computername
説明 : Cdralw2k サービスは次のエラーのため開始できませんでした: このドライバの読み込みはブロックされています
詳細な情報は、http://support.microsoft.com の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。

原因

この現象は、以下の場合に発生することがあります。
  • Windows XP ベースのコンピュータに、Easy CD Creator の以前のバージョンがインストールされている。
  • コンピュータを Windows XP にアップグレードする前に、Easy CD Creator の以前のバージョンを削除した。
この現象は、以前のバージョンの Easy CD Creator のドライバの中に Windows XP との互換性がないものがあるために発生します。Easy CD Creator を削除しても、いくつかのレジストリ設定とファイルがコンピュータ上に残る場合があります。

解決方法

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。
この問題を解決するには、以下の手順を実行して、Easy CD Creator プログラムに関連するレジストリ設定とファイルを手動で削除します。
  1. オペレーティング システムに加えた変更を元に戻すことができるように、次の手順を実行して、Windows XP 復元ポイントを作成します。
    1. 実行中のプログラムをすべて終了します。
    2. [スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックします。
    3. [作業を選びます] の [コンピュータへの変更をシステムの復元で元に戻す] をクリックします。
    4. [復元ポイントの作成] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    5. [復元ポイントの説明] ボックスに Easy CD Creator を削除する前と入力し、[作成] をクリックします。
    6. [閉じる] をクリックします。[ヘルプとサポート センター] ウィンドウを閉じます。
  2. Easy CD Creator プログラムがインストールされている場合は削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
    2. コントロール パネルがカテゴリの表示になっていない場合は、[カテゴリの表示に切り替える] をクリックします。
    3. [プログラムの追加と削除] をクリックし、[現在インストールされているプログラム] ボックスの一覧で Easy CD Creator プログラムをクリックし、[削除] をクリックします。
    4. 指示に従ってプログラムを削除し、[閉じる] をクリックして [プログラムの追加と削除] ダイアログ ボックスを閉じます。
  3. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。
  4. [ファイルとフォルダすべて] をクリックします。
  5. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスで cdr*.sys と入力します。
  6. [探す場所] ボックスの一覧の [ローカル ハード ドライブ (C:)] をクリックし、[検索] をクリックします。
  7. [検索結果] ウィンドウの右側のウィンドウに次のファイルが表示されている場合は、ファイル名を変更します。
    Cdr4_2K.sys
    Cdralw2k.sys
    ファイル名を変更するには、ファイルを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。.sys ファイル名の拡張子を .old に変更し、Enter キーを押します。
  8. ファイル名の変更が終了したら、[検索結果] ウィンドウを閉じます。
  9. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  10. 次のレジストリ サブキーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}
  11. レジストリ エディタの右側のウィンドウで、UpperFilters 値 (表示されている場合) を右クリックし、[削除] をクリックします。"値の削除の確認" メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  12. LowerFilters 値 (表示されている場合) を右クリックし、[削除] をクリックします。"値の削除の確認" メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  13. 次のレジストリ サブキーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Cdr4_2K
  14. [編集] メニューの [削除] をクリックし、"キーの削除の確認" メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  15. 次のレジストリ サブキーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Cdralw2k
  16. [編集] メニューの [削除] をクリックし、"キーの削除の確認" が表示されたら、[はい] をクリックします。
  17. 次のレジストリ サブキーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Cdudf
  18. [編集] メニューの [削除] をクリックし、"キーの削除の確認" が表示されたら、[はい] をクリックします。
  19. 次のレジストリ サブキーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\UdfReadr
  20. [編集] メニューの [削除] をクリックし、"キーの削除の確認" が表示されたら、[はい] をクリックします。
  21. [ファイル] メニューの [終了] をクリックします。
  22. コンピュータを再起動します。

詳細

Easy CD Creator プログラムの詳細については、以下の Roxio の Web サイトを参照してください。
http://www.roxio.co.jp
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。


関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 315345 (最終更新日 2004-06-15) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 315345 - 最終更新日: 2006年9月22日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kberrmsg kbregistry kbenv kbprb ocsso KB315345
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com