Windows 2000 における起動時の問題のトラブルシューティングを行う方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315396 - 対象製品
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されるものです。2010 年 7 月 13 日をもって Windows 2000 のサポートは終了します。、 Windows 2000 のサポート終了のソリューション センター Windows 2000 からの移行戦略を計画するための開始点です。詳細についてを参照してください、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されるものです。2010 年 7 月 13 日をもって Windows 2000 のサポートは終了します。、 Windows 2000 のサポート終了のソリューション センター Windows 2000 からの移行戦略を計画するための開始点です。詳細についてを参照してください、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Windows 2000 における起動時の問題のトラブルシューティングに使用できる一般的な手順について説明します。

Windows 2000 の正常な起動は、次の 4 つの段階
  • 初期フェーズ
  • ブート ローダー フェーズ
  • カーネル フェーズ
  • ログオン フェーズ
これらのフェーズのいずれかの問題が発生する場合は、Windows が正常に起動しないことがあり、次の問題のいずれかが発生する可能性があります。
  • コンピューターが (ハング) を応答を停止します。
  • エラー メッセージが表示されます。
ブート ローダー メニューでMicrosoft Windows 2000 ] をクリックした後、起動時に問題が発生した場合、または「を開始するには、オペレーティング システムの選択」メッセージが表示されたら、不足しているか破損しているオペレーティング システムによって必要なファイルがあります。Windows 2000 のさまざまなセーフ モード、回復コンソール、システム修復ディスクなど、問題のトラブルシューティングに使用できるオプションを提供します。

前回正常起動時の構成を使用してコンピューターを起動する方法

(たとえば、新しいドライバーをインストールする場合) は、コンピューターに変更を加えた後すぐに起動問題が発生した場合、前回正常起動時の構成機能を使用してコンピューターを起動するにしてください。

前回正常起動時の構成機能を使用すると、ときに動作した最新の設定を使用してコンピューターを起動します。この機能はレジストリ情報を復元し、ドライバーの設定、最後に有効であった時、コンピューターが正常に開始されました。(たとえば、またはインストールする場合、デバイス ドライバーをアップグレードする) コンピューターに、変更を行った後、Windows を起動できない場合は、この機能を使用します。

前回正常起動時の構成を使用してコンピューターを起動して、以下の手順を実行します。
  1. コンピューターを再起動します。
  2. 次のメッセージが表示されたら、F8 キーを押します。
    開始するには、オペレーティング システムを選択してください。
  3. Windows 拡張オプション メニュー] で、矢印キーを使用して、前回正常起動時の構成を選択、ENTER キーを押します。
  4. コンピューターで他のオペレーティング システムを実行しているし、表示される一覧から [ Microsoft Windows 2000 ] をクリックし、ENTER キーを押します。

    警告: 前回正常起動時の構成を使用してコンピューターを起動すると、前回正常起動時以降に行った変更は失われます。

    場合は、コンピューターを起動するには、前回正常起動時の構成を使用して、コンピューター (たとえば、ドライバーのインストールなど) に加えた最後の変更が正常に起動の問題の原因があります。することか、または、ドライバーまたはプログラムの更新が正常に起動し、Windows をテストをお勧めします。

コンピューターをセーフ モードで起動する方法

セーフ モードでコンピューターを起動するときにのみ基本的なドライバーとコンピューター サービスが読み込まれます。問題が原因で、障害のあるドライバー、プログラム、または自動的に開始するサービスを特定して解決する必要がある場合は、セーフ モードを使用できます。

コンピューターがセーフ モードで起動通常モードで起動しない場合は、コンピューターのハードウェアの設定またはリソースのいずれかとの競合があります。プログラム、サービス、またはドライバーのいずれかの互換性の問題がある可能性があります。 またはレジストリの破損がある可能性があります。セーフ モードで無効にするまたは、プログラム、サービス、またはできない可能性があります、コンピューターから正常に起動するデバイス ドライバーを削除できます。

セーフ モードで起動時の問題のトラブルシューティング、次の手順を実行。
  1. コンピューターを再起動します。
  2. 次のメッセージが表示されたら、F8 キーを押します。
    開始するには、オペレーティング システムを選択してください。
  3. Windows 拡張オプション メニュー]では、セーフ モードを選択するには、矢印キーを使用して、ENTER キーを押します。
  4. コンピューターで他のオペレーティング システムを実行している場合、表示される一覧で、 Microsoft Windows 2000 ] をクリックし、し、ENTER キーを押します。
  5. 次の手順のいずれかの操作を行います。
    • コンピューターはセーフ モードで起動しない場合は、デバイスの欠陥などの問題の可能性のあるハードウェア、インストール問題、ケーブル接続の問題、またはコネクタの問題を確認します。新しく追加したハードウェアを削除してを確認、問題が解決したかどうかは、コンピューターを再起動します。
    • コンピューターをセーフ モードで起動する場合は、起動時の問題のトラブルシューティングを続行するには、次のセクションに進みます。

イベント ビューアーを使用して起動問題の原因を特定する方法

特定し、起動問題の原因を診断するのに役立つ追加の情報をイベント ビューアーでイベント ログを表示します。イベント ログに記録されたイベントを表示するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンの設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. 管理ツール] をダブルクリックし、[イベント ビューアー] をダブルクリックします。

    また、イベント ビューアー スナップインを含む Microsoft 管理コンソール (MMC) を起動します。
  3. コンソール ツリーで、クリックすると、[イベント ビューアー] を展開し、システム ログまたはアプリケーション ログ表示するログをクリックします。
  4. 詳細ウィンドウで、表示するイベントをダブルクリックします。

    イベントの詳細をコピーするには、[コピー] をクリック、するプログラム (Microsoft Word など) で新しい文書を開きますおよびし [編集] メニューの [貼り付け] をクリックします。
  5. 前のイベントまたは次のイベントの説明を表示するには、↑ キーまたは ↓ キーを押します。
イベント ビューアーを使ってシステムの問題を診断する方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する下記事番号をクリックします。
302542 Microsoft Windows 2000 のイベント ビューアーでシステムの問題を診断するには、方法

システム情報を使用して起動問題の原因を特定する方法

システム情報ツールには、コンピューターのハードウェア、システム コンポーネント、およびソフトウェア環境の包括的なビューが表示されます。このツールを使用して、問題のあるデバイスやデバイスの競合を特定します。ためには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに次のように入力します。 msinfo32、し [ OK] をクリックします。
  3. 問題のあるデバイスやデバイスの競合を確認します。これを行うにします。
    1. コンソール ツリーをクリックして、コンポーネントを展開し、問題のあるデバイス] をクリックします。

      右側のウィンドウに表示されているすべてのデバイスに注意してください。
    2. コンソール ツリーをクリックして、ハードウェア リソースを展開し、[競合/共有] をクリックします。

      右側のウィンドウに表示されているリソースの競合に注意してください。
    3. 問題のあるデバイスを特定する場合 (たとえば、削除、無効化、または再構成、デバイス、またはドライバーの更新)、適切なアクションを実行し、コンピューターを通常モードで再起動するとします。

      デバイス マネージャーを使用して削除またはデバイスとそのドライバーを無効にすることができます。デバイス マネージャーについての詳細を参照してください、 デバイス マネージャーを使用して起動問題の原因を特定するには この資料の「。

      場合は、コンピューターが正常に起動する特定のデバイスの起動問題の原因があります。

      この問題を解決するのには、デバイスを無効にしたデバイスで、Windows 2000 ハードウェア互換性リスト (HCL) が表示されていることと、正しくインストールされていることを確認します。さらに、動作を報告して、起動の問題を解決できる可能性のある更新プログラムに関する情報を取得するには、製造元を問い合わせてください。コンピューター ハードウェアの製造元に問い合わせてくださいする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の一覧に適切な文書番号をクリックします。
      65416 ハードウェアおよびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダーの問い合わせ先一覧、A K

      60781 ハードウェアおよびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダーの問い合わせ先一覧、L P

      60782 ハードウェアおよびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダーの連絡先リスト、Q 〜 Z
      Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

  4. デバイスの競合または問題のあるデバイスがシステム情報ツールによって報告されない、する場合は、Windows の起動時に自動的に起動するプログラムを確認します。ためには、以下の手順を実行します。
    1. コンソール ツリーで、ソフトウェアの環境] を展開する] をクリックし、[スタートアップ プログラム] をクリックします。

      右側のウィンドウでは、Windows の起動時に自動的に起動するプログラムが表示されます。
    2. プログラムを無効にして、コンピューターを再起動します。

      プログラムを無効にする方法の詳細については、プログラムのマニュアルを参照してくださいまたは製造元に問い合わせてください。
    3. スタートアップ プログラムを無効にすると起動に関する問題が解決した場合は、プログラムを 1 つずつ有効にします。

      シャット ダウンし、プログラムを有効にしてが正常に起動かどうかを確認するたびに、コンピューターを再起動します。この現象が発生する場合有効にした最後のプログラムは正常に起動可能性があります。

セーフ モードのブート ログ ファイルを表示する方法

起動に関する問題のトラブルシューティングを行う、ブート ログ ファイル Ntbtlog.txt を参照しメモのドライバーとサービスをセーフ モードでコンピューターを起動したときに読み込まれませんでした。このログ ファイルに、% システム ルート % フォルダー内 (既定では、これは、Winnt フォルダー)。デバイスおよびサービスを読み込み (および読み込まれなかった)、ログ ファイルを一覧表示、コンピューターをセーフ モードで起動するときにします。メモ帳を使用するには、ログ ファイルを表示します。

ドライバーおよび、起動の問題の原因を識別するために起動時にロードに失敗したサービスの一覧を使用します。

: スタートアップ プロセスの初期にいくつかのスタートアップの問題があります。このシナリオでは、ないブート ログ ファイルをハード ディスク ドライブに保存あります。

デバイス マネージャーを使用して起動問題の原因を特定する方法

デバイス マネージャーには、コンピューターにインストールされているハードウェアのグラフィック表示が表示されます。または互換性のないデバイスが起動問題の原因であることを識別するか、デバイスの競合を解決するのには、このツールを使用します。

デバイス マネージャーを起動して、以下の手順を実行します。
  1. デスクトップで、マイ コンピューターを右クリックし、[管理] をクリックしてください
  2. システム ツールを展開する] をクリックし、[デバイス マネージャー] をクリックします。

    コンピューターにインストールされているデバイスは、右側のウィンドウに記載されています。デバイスの隣に記号が表示されている場合は、デバイスに問題がある可能性があります。たとえば、黄色地に黒の感嘆符 (!) は、デバイスが問題の状態を示します。

    注:デバイス マネージャーでデバイスを無効にする、デバイスを右クリックを無効にする] をクリックします。
  3. デバイスの競合を調査します。ためには、右側のウィンドウでデバイスをダブルクリックして、 [リソース] タブをクリックし

    デバイスの競合が存在する場合は、[競合するデバイス]が表示されます。

    自動設定を使う] チェック ボックスに注意してください。Windows が正常にデバイスを検出した場合、このチェック ボックスが選択されている場合、およびデバイスが正常に機能します。ただし、リソースの設定が基本構成に基づいている場合 n (場所 n 0 〜 9 の任意の数)、構成を変更する必要があります。ためには、リストから別の基本設定] をクリックします。 またはいずれかのリソース設定を手動で変更します。警告: この手順は、コンピューターの補足の金属酸化膜半導体 (CMOS) 設定および基本入出力システム (BIOS) の設定を変更する必要があります。不正な変更は、コンピューターの BIOS は、深刻な問題になります。あなた自身の責任でコンピューターの CMOS の設定を変更します。

    Windows できない場合は、リソースの競合を解決するのには、Windows コンピューター内のデバイスを列挙できるようにコンピューターが構成されていることを確認します。有効にするには、と再生の OSのコンピューターの BIOS セットアップ ツールで設定します。コンピューターの BIOS 設定を変更するには、か、コンピューターのマニュアルを参照してくださいまたは、コンピューターの製造元に問い合わせてください。
  4. 問題のあるデバイスを識別する場合、無効にして、コンピューターを通常モードで再起動します。

    場合は、コンピューターが正常に起動デバイスを無効にしたスタートアップの問題の原因があります。

    デバイスは、Windows 2000 ハードウェア互換性リスト (HCL) には表示を正常にインストールされていることを確認します。さらに、動作を報告して、起動の問題を解決できる可能性のある更新プログラムに関する情報を取得するには、製造元を問い合わせてください。
デバイス マネージャーを使用する方法に関する詳細については、「、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次資料番号をクリックします。
199276 Windows でデバイスを管理する方法
244601 不明なデバイスがデバイス マネージャーに表示のトラブルシューティング方法
125174 デバイス マネージャーによって生成されたエラー コードの説明

コンピューターの CMOS と BIOS の設定が正しいことを確認する方法

警告: この手順は、コンピューターの CMOS 設定および BIOS 設定を変更する必要があります。不正な変更は、コンピューターの BIOS は、深刻な問題になります。あなた自身の責任でコンピューターの CMOS の設定を変更します。

CMOS と BIOS 設定の正しくないまたは破損しているスタートアップの問題が発生します。確認し、これらの設定を変更する方法について、コンピューターの正しい CMOS と BIOS 設定については、コンピューターのマニュアルを参照か、コンピューターの製造元に問い合わせてください。

コンピューターの BIOS が最新であることを確認するには、コンピューターの製造元に、コンピューターの使用可能な最新の BIOS アップデートについて問い合わせてくださいに問い合わせてください。

回復コンソール ツール

回復コンソールは、コンピューターが正しく起動しない場合は、Windows の修復に使用できるコマンド ライン ツールです。回復コンソールをコンピューターにインストールされていた場合は、いずれか、Windows 2000 セットアップ ディスク、Windows 2000 コンパクト_ディスク (CD)、または起動時に回復コンソールを起動することができます。

回復コンソールの使用方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示する下記事番号をクリックします。
301645 Windows 2000 Server を実行しないことを回復するには、方法
229716 Windows 2000 の回復コンソールの説明
216417 Windows 回復コンソールをインストールする方法

システム修復処理

システム修復ディスク (ERD) を作成した場合はトラブルシューティングを行って、起動に関する問題を解決する使用します。システム修復プロセスは、システム ファイル、パーティション ブート セクター、およびスタートアップ環境の修復に限られることに注意してください。システム修復機能に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する下記事番号をクリックします。
231777 Windows 2000 でシステム修復ディスクを作成する方法

解決策を見つけるには、マイクロソフト製品サポート サービスの Web サイトを使用する方法

またはこの資料の手順では、サポート技術情報を参照して問題を解決できない場合は、 参照 セクション、この資料の問題への解決策を見つけるには、Microsoft 製品サポート サービスの Web サイトを使用できます。マイクロソフト製品サポート サービスの Web サイトが提供するサービスの一部を次に示します。
  • 検索可能なサポート技術情報 -テクニカル サポート情報および Microsoft 製品のセルフ ヘルプ ツールを検索します。
  • よく寄せられる質問 -表示製品別のよく寄せられる質問および重要なサポートします。
  • ソフトウェアと更新プログラム -ダウンロード センターでソフトウェアおよびアップデートを検索します。
  • その他のサポート オプション -サポートに関する質問、Web を使用してまたはマイクロソフト製品サポート サービスを呼び出します。



関連情報

Windows 2000 の起動に関する問題のトラブルシューティングに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示する下記事番号をクリックします。
202485 Windows のセーフ ブート モードの説明
199175 Windows の場合はセーフ モードで起動しない場合があります
244905 サービスまたは Windows の起動を防止するデバイスを無効にする方法
216417 Windows 回復コンソールをインストールするには、方法
266169 スタンバイ モードに関する問題のトラブルシューティング、休止状態モード、Windows 2000 でコンピューターをシャット ダウンする方法

プロパティ

文書番号: 315396 - 最終更新日: 2013年12月1日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbenv kbhowtomaster kbmt KB315396 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315396
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com