Visual C# を使用してスレッド プールに作業項目を送信する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315460
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、メソッドを実行するには、スレッド プールに送信する方法を示しています。

します。NET 環境では、プロセスごとにメソッドを非同期的に実行するために使用できるスレッドのプールがあります。

要件


推奨されるハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および必要な service pack を以下に示します。
  • マイクロソフトの Visual Studio。NET またはマイクロソフトの Visual Studio 2005
この資料では、次のトピックに精通しているを前提としています。
  • Visual C# でプログラミング言語

スレッド プールを使用して、Visual C# アプリケーションを作成します。

  1. Microsoft Visual Studio を起動します。NET またはマイクロソフトの Visual Studio 2005。
  2. PoolDemo という名前の新しい Visual C# の Windows アプリケーション プロジェクトを作成します。
  3. ツールボックスを使用して追加するのには ボタン フォームを制御します。既定の名前は、 ボタン button1 コントロールになります。
  4. フォームを右クリックしをクリックしてください [コードの表示.
  5. 次の貼り付け ここで 後、既存のディレクティブ ここで ディレクティブは、の宣言の前に、 PoolDemo 名前空間:
    using System.Threading;
    					
  6. デザイン ビューに戻ると、ダブルクリック button1.次のコードを貼り付けます、 button1_Click イベント ハンドラー:
    private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
    {
    	WaitCallback wcb = new WaitCallback(GetSysDirSize);
    	try
    	{
    		ThreadPool.QueueUserWorkItem(wcb);
    		MessageBox.Show("The work item has been placed on the queue");
    	}
    	catch (Exception ex)
    	{
    		MessageBox.Show("Error: " + ex.Message);
    	}
    }
    					
  7. 体内の次のコードを貼り付け、 Form1 クラスです。は、 GetSysDirSize メソッドは、システム ディレクトリに格納されているバイトの合計数を計算します。 GetSysDirSize という名前の別のメソッドを呼び出します。 DirSize 計算を実行します。

    メモ: このタスクの実行に時間がかかることがあります。
    private void GetSysDirSize(object state)
    {
    	long total_length = DirSize(Environment.SystemDirectory);
    	this.Text = total_length.ToString();
    }
    
    private long DirSize(string path)
    {
    	long sz = 0;
    	System.IO.DirectoryInfo d = new System.IO.DirectoryInfo(path);
    	
    	// List files.
    	foreach(System.IO.FileInfo f in d.GetFiles())
    	{
    		sz += f.Length;
    	}
    
    	// Recurse into directories.
    	foreach(System.IO.DirectoryInfo dx in d.GetDirectories())
    	{
    		sz += DirSize(dx.FullName);
    	}
    
    	return sz;
    }
    					

このサンプルをテストします。

  1. アプリケーションを実行するのには、ctrl キーを押しながら F5 キーを押します。
  2. フォームが表示されたら、ボタンをクリックします。場合は、 作業項目をキューに配置されています。 メッセージ ボックスが表示されたらをクリックします。 [OK] メッセージ ボックスを閉じるし、メイン フォームに戻りますをします。しばらくすると、システム ディレクトリに合計ファイル サイズは、フォームのキャプションに表示されます。遅延の長さはシステム ディレクトリ内のファイル数と、コンピューターの速度によって異なります。ファイル サイズの計算、スレッドがスレッド プールに行われます。

プロパティ

文書番号: 315460 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbthread kbsample kbmt KB315460 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315460
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com