[HOW TO を CD-R または CD-RW FrontPage 2000 で、Web を発行します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315508 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、コンパクト_ディスク-書き込み可能な (CD-R) またはコンパクト_ディスク書き換え可能な (CD-RW) に、FrontPage Web を発行する方法について説明します。

コンピュータに CD レコーダーが装備されている場合、FrontPage Web を CD にバックアップできます。 コンパクト ディスク (CD) は、サイズの大きい Web をバックアップまたは移動するために使用すると便利です。

多くの CD レコーダーでは、CD-R を準備すること、または CD-RW ディスクをレコーダーに直接ファイルをドライブ文字を使用してコピーできますようにと同じ方法でフロッピー ディスクまたはリムーバブル ドライブにファイルをコピーします。 使えます FrontPage の CD に Web を発行します。 または、最初に、ハード_ディスクに、Web を発行してに、ハード ディスク バージョン CD にコピーするために CD 記録プログラムを使用こともできます。
Microsoft Windows XP を使用している場合、CD-RW にディスクベース Web を作成する追加のソフトウェアが必要なまたはを行わない、CD-R に Web を保存

Windows XP でコンパクト ディスク レコーダーを使用する方法の関連情報については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
306524[HOW TO] 情報を CD にバックアップする方法
306641[HOW TO CD からファイルを削除します。
重要 : CD-R ドライブと CD-ROM を使用すると、コピーまたは特定のファイルを特定のフォルダーに 1 回だけに発行できます。 この種のドライブとメディアを使用している場合、Web は CD-ROM 上の異なるフォルダにコピーまたは発行する必要があります。




ディスクベースの Web を発行して CD にコピーする

ことができますディスク ベース、Web のコピーを作成する、 発行 コマンドを使用してから、CD 書き込みプログラムを CD に、ディスク ベースのバージョンをコピーします。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft FrontPage を起動し、Web を開きます。
  2. [ ファイル ] メニューの [ Web の発行 ] をクリックします。
  3. [ 発行先 ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • ハード_ディスク上のフォルダーにパスを入力 (たとえば、drive letter: \ マイ Web サイト)。

      - または -
    • フォルダーを検索する 参照] をクリックします。
    : 発行先 ] ダイアログ ボックスは表示されません以前にこの Web サイトの発行先を選択した場合。 手順 5 に進みます。
  4. [ OK] をクリックします。
  5. 発行するページを指定します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Web の発行 ] ダイアログの左下隅 のオプション をクリックします。
    2. [ 発行 ] タブをクリックしていずれか、または、次の操作を行います。
      • [ 発行 ] の [変更されたページだけまたはすべてのページを発行するかどうかを指定します。
      • の変更 、[どのページが変更されたを決定する自動的する方法を指定します。
      • 公開で行った変更のログ ファイルを作成する場合は、チェックボックスを。
    3. [ OK] をクリックします。
  6. サブ Web に発行クリックして 含むサブ Web チェック ボックスをオンにします。
  7. 発行 ] をクリックします。

    : 既に発行されているファイル、移動先フォルダー上に残ります操作の途中で発行をキャンセルする場合。
  8. CD 書き込みプログラムを起動し、書き込み可能な CD に Web をコピーします。 この方法の詳細については、CD 書き込みソフトウェアに付属するマニュアルを参照してください。



Web を CD-ROM に直接発行する

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. CD-R ディスクまたは CD-RW ディスクを CD-R/RW ドライブに挿入します。
  2. CD 書き込みプログラムを起動し「フォーマット」、CD-ROM 読み取りできる、およびドライブ文字を使用して、CD に書き込むようにします。 この方法の詳細については、CD 書き込みソフトウェアに付属するマニュアルを参照してください。

    : この手順は必要ありません Windows XP を使用している場合。
  3. Microsoft FrontPage を起動し、Web を開きます。
  4. [ ファイル ] メニューの [ Web の発行 ] をクリックします。
  5. [ 発行先 ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。
    • ハード_ディスク上のフォルダーにパスを入力 (たとえば、drive letter: \ マイ Web サイト)。

      - または -
    • フォルダーを検索する 参照] をクリックします。
  6. [ OK] をクリックします。
  7. 発行するページを指定します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Web の発行 ] ダイアログ オプション 左下隅にします。
    2. [ 発行 ] </a0> タブ、次のいずれかの操作を行います。
      • [ 発行 ] の [変更されたページだけまたはすべてのページを発行するかどうかを指定します。
      • の変更 、[どのページが変更されたを決定する自動的する方法を指定します。
      • 公開で行った変更のログ ファイルを作成する場合は、チェックボックスを。
    3. [ OK] をクリックします。
  8. サブ Web に発行クリックして 含むサブ Web チェック ボックスをオンにします。
  9. 発行 ] をクリックします。

    : 既に発行されているファイル、移動先フォルダー上に残ります操作の途中で発行をキャンセルする場合。
  10. CD に Web の発行後、今後 CD を読み取る方法、および使用しているソフトウェアに応じて、CD を閉じることができます。 通常、次の 3 つの選択肢があります:
    • 変更を加えずに、CD レコーダーから CD を取り出します。 CD を CD レコーダーに再挿入する際、ドライブ文字を使用して CD の読み取りおよび書き込みが可能です。

      : 標準の CD-ROM ドライブはこれを行うと、CD の読み取りできない可能性があります。
    • UDF リーダーをインストール後に、標準の CD-ROM ドライブを使用読み取ることができるできるように、CD を閉じてください。
    • UDF reader のインストールを必要とせず、ほとんどの標準的な CD-ROM ドライブで読み取れるように、CD を閉じます。 このオプションでは通常、 CD が "終了処理" され、消去または上書きできないようになります。



ディスクベースの Web を CD から発行する

CD 上のディスク ベースの Web を開くときに FrontPage を使用し、インターネット、イントラネット、またはディスク ベースの Web を Web に発行できます。
  1. Web を含む CD を CD レコーダーに挿入します。
  2. FrontPage を起動して、Web (CD 上の) を開きます。
  3. [ ファイル ] メニューの [ Web の発行 ] をクリックします。
  4. 発行先 </a0>] ダイアログ ボックスで、[に URL を入力して、ハード_ディスク上のフォルダーの場所、またはパスの発行またはフォルダーを検索する 参照] をクリックします。
  5. [ OK] をクリックします。
  6. 発行するページを指定します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Web の発行 ] ダイアログ オプション 左下隅にします。
    2. [ 発行 ] </a0> タブ、次のいずれかの操作を行います。
      • [ 発行 ] の [変更されたページだけまたはすべてのページを発行するかどうかを指定します。
      • の変更 、[どのページが変更されたを決定する自動的する方法を指定します。
      • 公開で行った変更のログ ファイルを作成する場合は、チェックボックスを。
    3. [ OK] をクリックします。
  7. サブ Web に発行クリックして 含むサブ Web チェック ボックスをオンにします。
  8. 発行 ] をクリックします。

    : 既に発行されているファイル、移動先フォルダー上に残ります操作の途中で発行をキャンセルする場合。



ハード_ディスクにディスクベース Web を CD からコピーします。

コピーすると、ディスクベースの Web を CD からハード_ディスクに、Web に変更を加えてするために、読み取り専用属性を削除することがあります。

: 次の手順は異なるコンピューターことがあります Microsoft Windows のいくつかのバージョンが、ためです。 この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。
  1. Web を含む CD を CD レコーダーに挿入します。
  2. エクスプローラーを起動してから、ドラッグ アンド ドロップ操作をハード_ディスク上のフォルダーに、Web をコピーします。
  3. 開始 ] を右クリックし、 エクスプローラー を実行します。
  4. [ ツール ] メニューの [ フォルダー オプション ] をクリックします。
  5. [ 表示 ] タブで、クリックして、 隠しファイルとフォルダーを表示する ] チェック ボックスを選択する] クリック 既知のファイルの種類のファイル拡張子を表示しない ] チェック ボックスをオフします。
  6. [ OK] をクリックします。
  7. フォルダー の一覧で、Web を含むフォルダーをダブルクリックします。
  8. _vti_pvt フォルダーをダブルクリックします。
  9. ファイル名の末尾が .lck となっているファイルをすべて削除します。
  10. サービス ファイルを右クリックし、 プロパティ を実行します。
  11. 読み取り専用 チェック ボックスをオフを [ OK] をクリック します。
  12. サービス ファイルを右クリックし、 プロパティ を実行します。
  13. 読み取り専用 チェック ボックスをオフを [ OK] をクリック します。



トラブルシューティング

  • ハード_ディスク上の Web に変更を保存すると、次のようなエラー メッセージが表示されます可能性があります。
    書き込み用の...\_vti_pvt\service.lck のファイルを開けません。
    この現象は、CD-ROM から Web を開く、またはコピーする際に、.lck ファイルが読み取り専用に設定されているために発生します。

    この問題および読み取り専用ファイルに関する他の問題を解決するには、以下の手順に従います:

    : 次の手順は異なるコンピューターことがあります Microsoft Windows のいくつかのバージョンが、ためです。 この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。

    1. 開始 ] を右クリックし、 エクスプローラー を実行します。
    2. [ ツール ] メニューの [ フォルダー オプション ] をクリックします。
    3. [ 表示 ] タブで、クリックして、 隠しファイルとフォルダーを表示する ] チェック ボックスを選択する] クリック 既知のファイルの種類のファイル拡張子を表示しない ] チェック ボックスをオフします。
    4. [ OK] をクリックします。
    5. フォルダー の一覧で、Web を含むフォルダーをダブルクリックします。
    6. _vti_pvt フォルダーをダブルクリックします。
    7. ファイル名の末尾が .lck となっているファイルをすべて削除します。
    8. サービス ファイルを右クリックし、 プロパティ を実行します。
    9. 読み取り専用 チェック ボックスをオフを [ OK] をクリック します。
    10. サービス ファイルを右クリックし、 プロパティ を実行します。
    11. 読み取り専用 チェック ボックスをオフを [ OK] をクリック します。
    各サブ Web に関してこの手順を繰り返します。service.lck ファイルの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    266216Web の発行時の FP2000 エラー メッセージ:"サーバー エラーが発生しました: Web は... を使用できません"
    303255Web への変更を保存する [FP2000] エラー メッセージ: 文書のファイル...\_vti_pvt\Service.lck を開くことができません
  • 正常に CD にコピーしたが Web 内のハイパーリンクが機能しない: ブラウザー、ハイパーリンクによって参照される Web ページに接続できない可能性があります。

    この現象は、Web が作成されたローカル コンピュータに存在するファイルを参照する絶対参照が、ハイパーリンクに含まれる場合に発生することがあります。

    この問題を解決するには、Web を編集して、絶対ハイパーリンク アドレスを相対ハイパーリンク アドレスに置き換えます。関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください:
    301442Web を発行した後、ハイパーリンクが機能しない
  • FrontPage ウィンドウの下部の [ プレビュー ] タブをクリック) して </a0>] または [ 標準 ] ツールバーの ([ ブラウザーでプレビュー ] をクリックして FrontPage コンポーネントを含む Web ページをプレビューすると次のメッセージが表示されます可能性があります。
    このページには、正しくプレビューするために保存または発行する必要のある要素が含まれています。
    Web サーバーとやり取りを行う FrontPage コンポーネントは、ディスクベースの FrontPage Web を作成するときには機能しません。 参照時コンポーネントは、FrontPage Server Extensions をインストールした HTTP (Hypertext Transfer Protocol) サーバーを使用するときにのみ機能します。関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください:
    206154ディスクベースの Web では機能しない FrontPage コンポーネントがある
  • 既に Web のコピーが含まれている CD に Web を発行すると、以下と同様のエラー メッセージが表示されることがあります:
    このファイルをコピーしようとして、問題が発生しました。 たい項目に操作を行いますか。
    ファイルをコピーするのに十分な空き容量が CD にないことを示すメッセージが、CD 書き込みソフトウェアにより表示されることもあります。

    この現象は、更新された Web からファイルの新しいバージョンをコピーするのに十分な空き容量が CD にない場合に発生することがあります。 ドライブ文字を使用して、CD を読み書きするためのパケットの書き込みソフトウェアを使用する場合、だけに書き込むこと、ディスクの各部分 1 回できます。 CD に、更新された Web をコピーして、CD-ROM からファイルの古いバージョンは実際に削除されませんので新しいバージョンのファイル追加領域が必要があります。 この現象は、CD レコーダー技術の制限によるものです。

    この現象を回避するには、新しい空の CD に Web を発行してください。

プロパティ

文書番号: 315508 - 最終更新日: 2014年2月7日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbhowtomaster kbmt KB315508 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315508
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com