Visual C# のメソッドを非同期で呼び出す方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315582 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft.NET Framework を呼び出す簡単できます。非同期的に動作します。関数を非同期に呼び出して、システムが呼び出し元の関数の中にセカンダリ スレッドでバック グラウンドで実行します。その他の作業を行うには続行されます。典型的な (同期) 関数の呼び出しで、関数は、呼び出しを行った同じスレッドで直ちに実行されます。を関数を呼び出すと、呼び出しが完了するまで待機の結果を受け取り、続行する前にします。対照的と思って、非同期呼び出しを後の非同期呼び出しの結果を取得します。この資料で説明します。Visual C# を使用してこれを行うには方法です。

要件


推奨ハードウェアの一覧を以下に示します、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および service pack が必要です。
  • Microsoft Windows 2000 または Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003
  • Visual Studio .NET または Visual Studio 2005
この資料で、次のように精通するいると仮定します。トピック:
  • Visual C# のメソッドの呼び出し
  • デリゲートを使用する方法

非同期呼び出しを実行する方法

非同期呼び出しは、デリゲートを使用して行われます。デリゲートは、関数をラップするオブジェクト。デリゲートは、同期関数を提供し、またラップされた関数を非同期に呼び出すためのメソッドを提供します。それらのメソッドBeginInvoke()EndInvoke()です。これらのメソッドのパラメーター リストによって異なります、あるデリゲートをラップする関数のシグネチャ。なお、Visual Studio入力すると関数の一覧を表示表示されないため、.NET の IntelliSense 機能BeginInvoke()EndInvoke()を表示されません。

BeginInvoke()を使用して、非同期呼び出しを開始します。それは同じを持っています。ラップされた関数のパラメーターとされる 2 つの追加パラメーターこの資料の後半で説明します。BeginInvoke()がすぐに返され、非同期呼び出しの待機しません完了します。BeginInvoke()IAsyncResultオブジェクトを返します。

EndInvoke()関数を使用して、非同期の結果を取得するのには呼び出します。BeginInvoke()後いつでも呼び出すことができます。それが完了するまで、非同期呼び出しは、 EndInvoke()ブロック完了していない場合。EndInvoke()関数のパラメーターが含まれています、 アウトref ラップされた関数が、パラメーターとBeginInvoke()によって返されたIAsyncResultオブジェクト。

代理人およびそのBeginInvoke()EndInvoke()メソッドの例を次に示します。
// The following delegate 
delegate string MethodDelegate(int iCallTime, out int iExecThread)  ;

// will have the following BeginInvoke() and EndInvoke methods:
IAsyncResult MethodDelegate.BeginInvoke(int iCallTime, out int iExecThread, AsyncCallback cb, object AsyncState); 

string MethodDelegate.EndInvoke (out int iExecThread, IAsyncResult ar) ;
				
BeginInvoke()EndInvoke()を使用して非同期呼び出しを行うには、4 つの一般的な方法は。BeginInvoke()を呼び出した後は、次の操作を実行できます。
  • いくつかの他の作業を行うし、 EndInvoke()を使用して必要に応じて。
  • WaitOneメソッドを使用して、 WaitHandleがシグナル状態になるまでブロックするのには、 IAsyncResultオブジェクトで指定されたWaitHandleを取得をEndInvoke()を呼び出します。
  • 非同期呼び出しが完了した時点を判断するのには、 IAsyncResultオブジェクトをポーリングし、EndInvoke()を呼び出します。
  • 指定したコールバック関数を呼び出して、システムがあります。このコールバック関数の呼び出しEndInvoke()と時を呼び出すプロセスの非同期の結果、完了します。
次のサンプル コードでは、これらを示すパターンを呼び出すとそれらは同期呼び出しを行うと、次の関数を使用してコントラストします。
string LongRunningMethod (int iCallTime, out int iExecThread)
{
	Thread.Sleep (iCallTime) ;
	iExecThread = AppDomain.GetCurrentThreadId ();
	return "MyCallTime was " + iCallTime.ToString() ;
}

				
LongRunningMethod()は長い間スリープの状態で実行される関数をシミュレートします。そのスリープ時間とそれを実行するスレッドの ID を返します。場合は非同期的は、スレッド ID、実行中の検索スレッドです呼び出し元のスレッドのさまざまな。

最初の手順です。関数をラップするデリゲートを定義します。
delegate string MethodDelegate(int iCallTime, out int iExecThread)  ;
				

例 1: メソッドを同期的に呼び出す

このサンプルは、 MethodDelegateの委任を使用してLongRunningMethod()を同期的に呼び出す方法を示します。その他のサンプルは、この呼び出しを行って比較します。非同期的にします。
  1. Microsoft Visual Studio .NET または Microsoft Visual Studio 2005 を起動します。
  2. という名前の新しい Visual C# コンソール アプリケーション プロジェクトを作成します。AsyncDemo。
  3. 次のように定義されている AsyncDemo という名前のクラスを追加します。プロジェクト内の .cs ファイル:
    using System;
    using System.Threading ; 
    using System.Windows.Forms ;
    
    public class AsyncDemo
    {
    	string LongRunningMethod (int iCallTime, out int iExecThread)
    	{
    		Thread.Sleep (iCallTime) ;
    		iExecThread = AppDomain.GetCurrentThreadId ();
    		return "MyCallTime was " + iCallTime.ToString() ;
    	}
    
    	delegate string MethodDelegate(int iCallTime, out int iExecThread)  ;
    
    	public void DemoSyncCall()
    	{
    		string s ;
    		int iExecThread;
    
    		// Create an instance of a delegate that wraps LongRunningMethod.
    		MethodDelegate dlgt = new MethodDelegate (this.LongRunningMethod) ;  
    			
    		// Call LongRunningMethod using the delegate.
    		s = dlgt(3000, out iExecThread);  
    			
    		MessageBox.Show (string.Format ("The delegate call returned the string:   \"{0}\", 
                                            and the thread ID {1}", s, iExecThread.ToString() ) );
    	}
    }
    					
    その後、このクラスは非同期呼び出しを行う方法を示します。最初に、ただし、のみDemoSyncCall()メソッドは、デリゲートを呼び出す方法を示していますが同期的に。
  4. Visual Studio 自動的に作成されます、 Main関数の本文で次のコードを追加してプロジェクト:
    static void Main(string[] args)
    {
    	AsyncDemo ad = new AsyncDemo () ;
    	ad.DemoSyncCall() ;
    }
    					
  5. アプリケーションを実行するのには、ctrl キーを押しながら F5 キーを押します。

例 2: を非同期的に、 EndInvoke()呼び出しパターンを使用してメソッド

このセクションでは、サンプルを起動する、同じメソッド非同期的にします。使用される呼び出しパターンBeginInvokeを呼び出すことはメイン スレッドでの作業し、 EndInvoke()を呼び出すしないでください。非同期呼び出しが完了するまでEndInvoke()を返さないことに注意してください。これは、呼び出しパターンが有用な呼び出し元のスレッドがある場合動作では、非同期呼び出しを実行している同時に。実行される作業が、同時に、多くのアプリケーションのパフォーマンスを向上できます。一般的なタスクを実行するには非同期的にこの方法ではファイルやネットワーク操作です。
  1. AsyncDemoクラスにDemoEndInvoke()をという名前のメソッドを追加します。DemoEndInvoke関数は、デリゲートを非同期で呼び出す方法を示します。
    public void DemoEndInvoke()
    {
    	MethodDelegate dlgt = new MethodDelegate (this.LongRunningMethod) ;
    	string s ;
    	int iExecThread;
    
    	// Initiate the asynchronous call.
    	IAsyncResult ar = dlgt.BeginInvoke(3000, out iExecThread, null, null);  
    
    	// Do some useful work here. This would be work you want to have
    	// run at the same time as the asynchronous call.
    
    	// Retrieve the results of the asynchronous call.
    	s = dlgt.EndInvoke (out iExecThread, ar) ;  
    
    	MessageBox.Show (string.Format ("The delegate call returned the string:   \"{0}\", 
                                   and the number {1}", s, iExecThread.ToString() ) );
    }
    					
  2. 次のコードが含まれているように、メインのソース コードを編集します。
    static void Main(string[] args)
    {
    	AsyncDemo ad = new AsyncDemo () ;
    	ad.DemoEndInvoke() ;
    }
    					
  3. アプリケーションを実行するのには、ctrl キーを押しながら F5 キーを押します。

例 3: メソッドを非同期に呼び出すと、WaitHandle を待機の呼び出し時に使用して完了するのには


このセクションでは、サンプル、メソッドを非同期的に呼び出しまた、 EndInvoke()を呼び出す前にWaitHandleを待機します。BeginInvoke()によって返されたIAsyncResultAsyncWaitHandleプロパティです。このプロパティは、非同期呼び出しが完了したときに通知されるWaitHandleを返します。待っている間にWaitHandleは、一般的なスレッド同期手法です。呼び出し元のスレッドWaitHandleWaitOne()メソッドを使用して、 WaitHandleを待機します。WaitHandleがシグナル状態になるまで、ブロックをWaitOne()WaitOne()が返されるとき、 EndInvoke()を呼び出す前に、いくつかの追加作業を実行できます。前のサンプルに示すように、この方法が適していますそれ以外の場合、呼び出しをブロックするよう、ファイルやネットワーク操作を実行します。メイン スレッドです。
  1. AsyncDemoクラスにDemoWaitHandle()をという名前の関数を追加します。DemoWaitHandle()関数は、デリゲートを非同期で呼び出す方法を示します。
    public void DemoWaitHandle ()
    {
    	string s ;
    	int iExecThread;
    
    	MethodDelegate dlgt = new MethodDelegate (this.LongRunningMethod) ;
    
    	// Initiate the asynchronous call.
    	IAsyncResult ar = dlgt.BeginInvoke(3000, out iExecThread, null, null); 
    
    	// Do some useful work here. This would be work you want to have
    	// run at the same time as the asynchronous call.
    
    	// Wait for the WaitHandle to become signaled.
    	ar.AsyncWaitHandle.WaitOne() ;
    
    	// Get the results of the asynchronous call.
    	s = dlgt.EndInvoke (out iExecThread, ar) ;
    			
    	MessageBox.Show (string.Format ("The delegate call returned the string:   \"{0}\", 
                                     and the number {1}", s, iExecThread.ToString() ) );
    }
    					
  2. 次のコードが含まれているように、メインのソース コードを編集します。
    static void Main(string[] args)
    {
    	AsyncDemo ad = new AsyncDemo () ;
    	ad.DemoWaitHandle () ;
    }
    					
  3. アプリケーションを実行するのには、ctrl キーを押しながら F5 キーを押します。

例 4: メソッドを非同期にポーリング呼び出しパターンを使用して呼び出す

このセクションでは、サンプルは、非同期呼び出しの完了時に確認するには、 IAsyncResultオブジェクトをポーリングします。BeginInvoke()によって返されたIAsyncResultオブジェクトは、非同期呼び出しが完了した後に、 Trueを返します、 IsCompletedプロパティがあります。EndInvoke()を呼び出すことができます。この呼び出しパターンは、アプリケーションの継続的な機能の場合に便利です。関数の実行時間の長い呼び出しでブロックしてしないように動作します。AWindows アプリケーションの例です。メインのスレッドがWindows アプリケーションは、非同期の中にユーザー入力の処理を続行できます。呼び出しを実行します。呼び出しが完了したかどうかを参照してくださいするのにはを実行すると定期的にチェックできます。IsCompletedTrueを返す場合は、 EndInvokeを呼び出します。非同期操作が完了するまでは、 EndInvoke()をブロックするため、アプリケーションは、操作が完了したことを知っているまで自動的には呼び出されません。
  1. AsyncDemoクラスにDemoPolling()をという名前の関数を追加します。DemoPolling()関数がデリゲートを非同期で呼び出す方法を示していて、ポーリングを使用して、プロセスが完了しているかを確認します。
    public void DemoPolling()
    {
    	MethodDelegate dlgt = new MethodDelegate (this.LongRunningMethod) ;
    	string s ;
    	int iExecThread;
    
    	// Initiate the asynchronous call.
    	IAsyncResult ar = dlgt.BeginInvoke(3000, out iExecThread, null, null); 
    
    	// Poll IAsyncResult.IsCompleted
    	while(ar.IsCompleted == false)
    	{
    		Thread.Sleep (10) ;  // pretend to so some useful work
    	}
    	s = dlgt.EndInvoke (out iExecThread, ar) ;
    
    	MessageBox.Show (string.Format ("The delegate call returned the string:   \"{0}\", 
                                    and the number {1}", s, iExecThread.ToString() ) );
    }
    
    					
  2. メインのソース コードを編集します。関数の内容を次のコードに置き換えます。
    static void Main(string[] args)
    {
    	AsyncDemo ad = new AsyncDemo () ;
    	ad.DemoPolling () ;
    }
    					
  3. アプリケーションを実行するのには、ctrl キーを押しながら F5 キーを押します。

例 5: 非同期メソッドの完了時にコールバックを実行します。

このセクションでは、コールバックのサンプルの提供、システムが実行されるBeginInvoke()関数に、非同期呼び出しを委任します。完了します。コールバックは、 EndInvoke()を呼び出すし、非同期呼び出しの結果を処理します。この呼び出しパターンは、非同期呼び出しを開始したスレッドが存在しない場合に便利です。呼び出しの結果を処理する必要があります。システムでのコールバックを呼び出します、非同期呼び出しが完了すると、元のスレッド以外のスレッド。

この呼び出しパターンを使用するには、型のAsyncCallbackデリゲート、 BeginInvoke()関数の最後から 2 番目のパラメーターとして渡す必要があります。BeginInvoke()は型には、任意のオブジェクトを渡すことができますオブジェクトの最終のパラメーターもあります。このオブジェクトを利用するにはコールバック関数が呼び出されたとき。このパラメーターは重要な用途の 1 つ通話を開始するために使用するデリゲートを渡すことです。コールバック関数は、呼び出しを完了するのには、 EndInvoke()関数のデリゲートを使用できます。この呼び出しパターン以下に示されています。
  1. DemoCallback()MyAsyncCallback()という名前のAsyncDemoクラスには、2 つのメソッドを追加します。DemoCallback()メソッドでデリゲートを非同期的に呼び出す方法について説明します。そのデリゲートを使用してが場合、 MyAsyncCallback()メソッドをラップする非同期操作完了します。MyAsyncCallback()は、 EndInvoke()を呼び出します。
    public void DemoCallback()
    {
    	MethodDelegate dlgt = new MethodDelegate (this.LongRunningMethod) ;
    	string s ;
    	int iExecThread;
    
    	// Create the callback delegate.
    	AsyncCallback cb = new AsyncCallback(MyAsyncCallback);
    
    	// Initiate the Asynchronous call passing in the callback delegate
    	// and the delegate object used to initiate the call.
    	IAsyncResult ar = dlgt.BeginInvoke(3000, out iExecThread, cb, dlgt); 
    }
    
    public void MyAsyncCallback(IAsyncResult ar)
    {
    	string s ;
    	int iExecThread ;
    
    	// Because you passed your original delegate in the asyncState parameter
    	// of the Begin call, you can get it back here to complete the call.
    	MethodDelegate dlgt = (MethodDelegate) ar.AsyncState;
    
    	// Complete the call.
    	s = dlgt.EndInvoke (out iExecThread, ar) ;
    
    	MessageBox.Show (string.Format ("The delegate call returned the string:   \"{0}\", 
                                    and the number {1}", s, iExecThread.ToString() ) );
    }
    
    					
  2. メインのソース コードを編集します。関数の内容を次のコードに置き換えます。
    static void Main(string[] args)
    {
    	AsyncDemo ad = new AsyncDemo () ;
    	ad.DemoCallback() ;
    }
    					
  3. アプリケーションを実行するのには、ctrl キーを押しながら F5 キーを押します。

プロパティ

文書番号: 315582 - 最終更新日: 2012年11月12日 - リビジョン: 10.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Professional Edition
  • Microsoft Visual C# .NET 2002 Standard Edition
  • Microsoft Visual C# 2005 Express Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB315582 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315582
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com