方法: WebBrowser コントロールは、Visual C + でを使用して HTML を表示 + MFC アプリケーション

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315617
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、HTML 表示を Microsoft Foundation クラス (MFC) フレームワークを使用して C++ プログラムを組み込むには、WebBrowser コントロールを使用する方法について説明します。

Internet Explorer 4.0 の web ブラウザー コンポーネントに HTML を表示するのには、プログラムを再利用できます。Microsoft Visual C 6.0 にはではこのコンポーネントの再利用が簡単にできる追加機能が含まれます。

要件

推奨されるハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および必要な service pack を以下に示します。
  • Internet Explorer 4.0 またはそれ以降
この資料では、Visual C 開発者は、MFC フレームワークに精通するいると仮定します。

HTML を基に MFC ビューを作成します。

は、 CHtmlView WebBrowser コントロールをホストするビュー クラスを提供します。新しい MFC シングル ドキュメント] または [マルチ ドキュメント プログラムを作成するのには、AppWizard を使用すると、選択できます。 CHtmlView 既定の基本クラスではなく基本クラスとしては。(このオプション ダイアログ ベースのプログラムは利用できません) です。

HTML を基に MFC ビューを作成するには、次の手順を実行します。
  1. Visual Studio 6.0 では、 ファイル メニューをクリックして 新しい.
  2. で、 新しい ダイアログ ボックスをクリックして、 プロジェクト タブの選択 MFC AppWizard (exe 実行形式) ボックスの一覧で、適切なプロジェクトの名前と場所を入力しをクリックしてください [OK].
  3. で、 MFC AppWizard ダイアログ ボックスで、いずれかをクリックします。 1 つのドキュメント または 複数のドキュメント、し 次へ.
  4. ウィザードの指示に従います。手順 6 でオンに ビュー クラスの一覧からには、 基本クラス ボックスの一覧で基本クラスを変更します。 CHtmlView、し 終了日.
  5. クリックしてください。 [OK] プロジェクトの設定を確認します。
  6. [ワークスペース] ウィンドウが表示されない場合をクリックします。 ワークスペース で、 ビュー メニューのクリックし、 クラス ビュー タブの下部には、 ワークスペース ウィンドウです。
  7. 展開、 ビュー クラス、および、ダブルクリック OnInitialUpdate.
  8. この関数のソース コードは次のように表示されることを確認します (この例では、 ビュー クラスと呼ばれます CHtmlShowView):
    void CHtmlShowView::OnInitialUpdate()
    {
    	CHtmlView::OnInitialUpdate();
    
    	// TODO: This code navigates to a popular spot on the Web.
    	// Change the code to go where you want.
    	Navigate2(_T("http://www.microsoft.com/visualc/"),NULL,NULL);
    }
    					
この単純な例では、 Navigate2 関数は、次の URL に初期ページを設定します。
http://www.microsoft.com/visualc
使用することができます。 Navigate2 (その他の方法は、WebBrowser コントロールの) 他の Url から HTML ページをロードするには、含むベースで、http、https、およびファイル プロトコル。

Web ブラウザー プログラムをダイアログ ボックスを使用して可能に

は、 WebBrowser コントロールをダイアログ ボックスにコントロールを埋め込むには、一般的な ActiveX の手法を使用できる ActiveX コントロールです。MFC アプリケーションを作成すると、アプリケーションを作成するのには、AppWizard を使用すると ActiveX コントロールのサポートを有効にかどうかを確認します。

WebBrowser コントロールは、プログラムで使用できるようにするには、次の手順を実行します。
  1. で、 プロジェクト メニューをクリックして プロジェクトまたはコンポーネントおよびコントロールに追加します。.は、 コンポーネントおよびコントロール ギャラリ ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. ダブルクリック ActiveX コントロールの登録をクリックして マイクロソフトの Web ブラウザー、し 挿入.確認のダイアログ ボックスが表示されたらをクリックします。 [OK].
  3. 場合は、 クラスを確認します。 (と呼ばれる MFC ラッパー クラスの詳細を指定] ダイアログ ボックスが表示されます。 CWebBrowser2) をクリックして [OK].
  4. 閉じる、 コンポーネントおよびコントロール ギャラリ ダイアログ ボックスです。

ダイアログ ボックスでは、WebBrowser コントロールを使用してください。

  1. フォーム デザイナーで、ダイアログ ボックスを表示します。
  2. ツールボックスのマイクロソフトの web ブラウザーは、アイコンが含まれることに注意してくださいし、ダイアログ ・ ボックスに、Microsoft WebBrowser コントロールをドラッグします。
  3. ダイアログ ボックスを右クリックしをクリックしてください ClassWizard ショートカット メニューの [を選択、 WM_INITDIALOG 矢印をクリックしてください 関数を追加します。、し 関数を編集します。.
  4. この関数では、最初の URL の http://localhost を設定するのには、次のコードを追加する (次の使用例は、WebBrowser コントロールの ID が IDC_EXPLORER1 であると見なされます)。
    CWebBrowser2 * pBrowse = (CWebBrowser2 *) GetDlgItem(IDC_EXPLORER1);
    COleVariant sLoc("http://localhost");
    pBrowse->Navigate2(sLoc, NULL, NULL, NULL, NULL);
    					
  5. 既存のダイアログ クラスの .cpp ファイルの上部にあるを見つける 例を挙げます ディレクティブは、し、既存のディレクティブとディレクティブを追加します。
    #include "webbrowser2.h"
    					

関連情報

WebBrowser コントロールと方法は、プログラムで再利用できる詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。

WebBrowser コントロールの再利用
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa752044 (VS.85)

プロパティ

文書番号: 315617 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbmt KB315617 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315617
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com