INF: SQL Server 2000年デスクトップ エンジン Service Pack 2 のダウンロード、インターネット上で Sqlrun01.msi からインストールされたインスタンスに適用できるだけ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315721
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

場合は、Microsoft SQL Server 2000年デスクトップをダウンロードエンジン (MSDE 2000) Service Pack 2 (SP2) ファイルはインターネットから、適用することができます。サービス パックを使用してインストールされているデスクトップ エンジンのインスタンスにのみSqlrun01.msi で作成されたインスタンスに、service pack を適用するのにはしようとすると。Sqlrun02.msi 〜 Sqlrun16.msi Setup.exe からを使用してファイルをインターネットからダウンロードして、次のエラー メッセージのいずれかが発生します。
このインストール パッケージを開くことができませんでした。確認します。パッケージが存在し、アクセスやアプリケーションに連絡することができます。この Windows インストーラー パッケージが有効であることを確認するのにはの製造元。
- または -
アップグレード修正プログラムをインストールできません。Windows インストーラー サービスの可能性があるため、プログラムをアップグレードするには見つからないか、またはアップグレード修正プログラムの別のバージョンを更新できます。アップグレードするプログラムが、コンピューターとそのはであることを確認します。正しいアップグレード修正プログラムがあります。


メモ この情報は Microsoft SQL にも適用されます。Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) Service Pack 3(SP3)。

詳細

サービス パックは、Microsoft 分散のことです。バグの修正。サービス パック、製品が最新します。サービス パックの更新プログラムを含めるシステムは管理ツール、ドライバー、および追加コンポーネントは、便利なバンドルをされて簡単にダウンロードします。サービス パック蓄積されています。各新しいサービス パックにはではすべての修正プログラムが含まれています。以前の service pack とすべての新しい修正プログラム。インストールする必要はありませんが最新の 1 つをインストールする前に以前のサービス パックです。たとえば、皆さんMicrosoft SQL Server 2000年デスクトップ エンジン サービス パック 1 をインストールする必要がないです。(Microsoft SQL Server 2000年デスクトップ エンジン サービス パックをインストールする前に、SP1)2 (SP2) になります。

SQL Server 2000 Desktop Engine service pack(MSDE 2000) 再頒布可能パッケージを作成する開発者 (Isv) を対象としていますDesktop Engine を使用するアプリケーションです。アプリケーションを実行している場合は、Desktop Engine の使用は、については、ソフトウェア プロバイダーに問い合わせてください。Desktop Engine のインストールでこれらのメソッドのインスタンスのアップグレードアプリケーションです。詳細についてを参照してください、"は SQL Server 2000 を配布します。SQL Server 2000 Books online のトピックを「デスクトップのエンジン。

SQL Server 2000 Desktop Engine Service Pack

Desktop Engine 用のサービス パックとは3 つの形式で用意されています。
  • SQL Server 2000年サービス パック 2 の CD-ROM

    この CD-ROM にはすべてのするために必要なファイルが含まれます。Desktop Engine の既存のインスタンスをアップグレードします。最大数Desktop Engine の 16 のサポートされているインスタンスです。この CD-ROM は含まれていません.msi ファイル、マージ モジュールが必要の新しいインスタンスをインストールするのにはデスクトップのエンジン。
    作成した Desktop Engine のインスタンスをアップグレードするのにはSqlrun16.msi を介して Sqlrun02.msi を使用して、service pack を適用する必要があります。SQL Server 2000年サービス パック 2 の CD-ROM です。この CD-ROM を注文することができます。マイクロソフトは、Microsoft SQL Server のダウンロード Web サイトを訪問してで。

    SQL Server 2000Service Pack 2


  • 作成した Desktop Engine のインスタンスをアップグレードするのにはSqlrun16.msi を介して Sqlrun02.msi を使用して、service pack を適用する必要があります。SQL Server 2000年サービス パック 2 の CD-ROM です。この CD-ROM を注文することができます。マイクロソフトは、Microsoft SQL Server のダウンロード Web サイトを訪問して:SQL2KdeskSP2.exe

    MSDE 2000 のダウンロード可能なファイル名です。SQL2KDeskSP2.exe です。 この更新プログラムが含まれています。

    • データ エンジン。
    • データベース クライアント接続コンポーネントは、このような例を挙げます。

      • SQL Server 用 OLE DB プロバイダーです。
      • SQL Server の ODBC ドライバー。
      • クライアント ネットワーク ライブラリです。


    この自己解凍型ファイルをダウンロードすることができます、Microsoft SQL Server Web サイトからダウンロードします。このファイルにはからのアップグレードが含まれています、使用して作成された既存の MSDE 2000 のインスタンス #01 インストールsqlrun01.msi デスクトップのインスタンスをアップグレードするのには、このダウンロードを使用できません。エンジンを *.msi ファイル (Sqlrun02.msi を介してのいずれかを使用して作成されました。Sqlrun16.msi) ですファイル、マージ モジュールに含まれませんか、*.msi ファイル。Desktop Engine の新規インスタンスをインストールする必要があります。詳細については詳細は、SQL Server 2000年デスクトップ エンジン サービス パックのセクション 2.2 を参照してください。Readme.txt ファイルの 2 つです。

    メモ MSDE 2000 インストールのインスタンス数を確認するには、次の Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
    311762 既存の MSDE 2000 インストールの MSI ファイルを特定する方法が使用されました。
    #02 〜 16 のインスタンスがあるかどうかは、注文する必要があります。SQL Server 2000 SP2 の CD です。

  • 作成した Desktop Engine のインスタンスをアップグレードするのにはSqlrun16.msi を介して Sqlrun02.msi を使用して、service pack を適用する必要があります。SQL Server 2000年サービス パック 2 の CD-ROM です。この CD-ROM を注文することができます。マイクロソフトは、Microsoft SQL Server のダウンロード Web サイトを訪問して:SQL Server 2000年デスクトップ エンジン サービス パック 2 CD-ROM

    アプリケーション開発者は、完全な必要がある場合既にを SP2 になることを意味、msde ファイルの更新します。アプリケーションと共に再配布するレベル) は、突破することができます。

  • 作成した Desktop Engine のインスタンスをアップグレードするのにはSqlrun16.msi を介して Sqlrun02.msi を使用して、service pack を適用する必要があります。SQL Server 2000年サービス パック 2 の CD-ROM です。この CD-ROM を注文することができます。マイクロソフトは、Microsoft SQL Server のダウンロード Web サイトを訪問して: 連絡先マイクロソフト製品サポート サービス (SQL Server 2000年デスクトップを取得する PSS)エンジン サービス パック 2 の CD-ROM です。マイクロソフトの製品サポートの完全な一覧についてサービスの番号とサポート コストに関する情報を電話を参照してください、次のアドレス、World Wide web:

    ユナイテッドサポート オプションの状態の概要

    この service pack が含まれています。Desktop Engine の既存のインスタンスをアップグレードするすべてのファイルが必要。さらに、マージ モジュールとする必要な .msi ファイルをがDesktop Engine の新規インスタンスをインストールします。この CD-ROM で提供されていますDesktop Engine が必要なアプリケーションを作成する開発者。詳細については詳細は、SQL のトピック「SQL Server のアプリケーションを配布する」を参照してくださいServer 2000 オンライン ブック。

    メモ SQL Server 2000年デスクトップ エンジン サービス パック 2 CD-ROM はMicrosoft SQL Server 2000年や分析のために、Service Pack を含めないサービスです。

    既存のインストールをアップグレードする手順のDesktop Engine、SQL の 3 つのバージョンのによって異なりますServer 2000 デスクトップ エンジン SP2 ソフトウェアを使用して (たとえば、メディアCD-ROM またはネットワーク共有)、アップグレードを実行します。アップグレードする場合Desktop Engine、Desktop Engine service pack を適用する必要がありますはすべてDesktop Engine のインスタンス。

プロパティ

文書番号: 315721 - 最終更新日: 2013年7月20日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB315721 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315721
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com