読み取りおよび Visual Basic 2005年を使用してテキスト ファイルへの書き込み方法または Visual Basic。NET

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315828
この資料の Microsoft Visual Basic 6.0 バージョンを参照してください。 183638.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料からの読み取りし、書き込みを実行する方法を示しています、Microsoft Visual Basic 2005年や Microsoft Visual Basic を使用してテキスト ファイルを指定します。NET。

要件

次の一覧は、推奨されるハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、およびサービス パックが必要です。
  • Visual Basic 2005年または Visual Basic。NET
この資料では、次のトピックに精通していることを前提としています。
  • Visual Basic 2005年または Visual Basic。NET

テキスト ファイルの読み取りおよび書き込み

"テキスト ファイルを読み取り"セクションには、 StreamReaderオブジェクトを使用してテキスト ファイルを読み取る方法について説明します。"テキスト ファイル (例 1) の書き込み"セクションと、"(例 2) テキスト ファイルを書き込み"セクションは、 StreamWriterクラスを使用して、テキストをファイルに書き込む方法をデモンストレーションします。

テキスト ファイルを読み取り

次のコードを開くには、読み取りするには、し、テキスト ファイルを閉じます、 StreamReaderクラスを使用します。渡すことができます。パス名のテキスト ファイルに自動的にファイルを開くには、 StreamReaderのコンス トラクター。ReadLineメソッドはテキストの各行を読み取るし、ファイル ポインターをインクリメント次の行を読み取ります。ReadLineメソッドは、ファイルの末尾に達した場合は、 Nothingを返します。
  1. Microsoft Visual Studio 2005年または Microsoft Visual Studio を開始します。NET。
  2. Visual Basic や Visual Basic で新しいコンソール アプリケーションを作成します。.NET。
  3. Module1.vb ファイルの先頭に次のコードを追加します。
    Imports System.IO
    					
  4. 次のコードをSub Mainプロシージャに追加します。
    Dim objStreamReader As StreamReader
        Dim strLine As String
    
        'Pass the file path and the file name to the StreamReader constructor.
        objStreamReader = New StreamReader("C:\Boot.ini")
    
        'Read the first line of text.
        strLine = objStreamReader.ReadLine
    
        'Continue to read until you reach the end of the file.
        Do While Not strLine Is Nothing
    
          'Write the line to the Console window.
          Console.WriteLine(strLine)
    
          'Read the next line.
          strLine = objStreamReader.ReadLine
        Loop
    
        'Close the file.
        objStreamReader.Close()
    
        Console.ReadLine()
    					
  5. [デバッグ] メニューのコンパイルし、アプリケーションを実行する開始をクリックします。閉じるには、ENTER キーを押して、コンソール ウィンドウです。

    [ コンソール ] ウィンドウには、Boot.ini ファイルが表示されます。注Boot.ini ファイルの内容を構成するには異なることがあります。構成します。次の出力は、Boot.ini ファイルの例です。
    [boot loader]
    timeout=5
    default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT
    
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT="Windows 2000 Professional" /fastdetect
    C:\ = "Windows 98"
    						

テキスト ファイル (例 1) の書き込み

開くには、書き込み先とするには、テキスト ファイルを次のコードでは、 StreamWriterクラスを使用します。ようなStreamReaderをするには、ファイルを自動的に開くには、 StreamWriterコンス トラクターには、テキスト ファイルのパス名を渡すことができます。WriteLineメソッドは、行のテキスト全体をテキスト ファイルに書き込みます。
  1. Visual Studio 2005年または Visual Studio を起動します。NET。
  2. Visual Basic や Visual Basic で新しいコンソール アプリケーションを作成します。.NET。
  3. 次のコードを Module1.vb の先頭に追加します。
    Imports System.IO
    					
  4. 次のコードをSub Mainプロシージャに追加します。
    Dim objStreamWriter As StreamWriter
        
       'Pass the file path and the file name to the StreamWriter constructor.
       objStreamWriter = New StreamWriter("C:\Testfile.txt")
    
       'Write a line of text.
       objStreamWriter.WriteLine("Hello World")
    
       'Write a second line of text.
       objStreamWriter.WriteLine("From the StreamWriter class")
    
       'Close the file.
       objStreamWriter.Close()
    					
  5. [デバッグ] メニューのコンパイルし、アプリケーションを実行する開始をクリックします。

    このコードTest.txt をという名前のドライブ C. 開く Test.txt などのテキスト エディターでファイルを作成します。メモ帳として。Test.txt に 2 行テキストにはが含まれています。
    Hello World
    From the StreamWriter class
    						

(例 2) テキスト ファイルを書き込み

開くには、書き込み先とするには、テキスト ファイルを次のコードでは、 StreamWriterクラスを使用します。異なり前の例では、このコードに 2 つの追加パラメーターに渡す、コンス トラクターです。

最初のパラメーターは、ファイルのパスとファイル名です。ファイルです。ファイルを開く、2 番目のパラメーター、 Trueを指定します。 追加モードで。指定した場合False 2 番目のパラメーターは、ファイルの内容がコードを実行するたびに上書きします。3 番目のパラメーターでは、 Unicodeを指定StreamWriter Unicode でエンコードされます。また、以下を指定できます。エンコード方法は、3 番目のパラメーター。
  • ASCII
  • BigEndianUnicode
  • UTF7 に対して有効
  • UTF8
WriteメソッドにWriteLineメソッドに似ていますが作成自動的に (CR と LF) フィードのキャリッジ リターン/ライン埋め込まれません文字の組み合わせです。これは 1 つの文字を記述する必要がある場合に役立ちます、時間です。
  1. Visual Studio 2005年または Visual Studio を起動します。NET。
  2. Visual Basic や Visual Basic で新しいコンソール アプリケーションを作成します。.NET。
  3. 次のコードを Module1.vb の先頭に追加します。
    Imports System.IO
    Imports System.Text
    					
  4. Sub Mainプロシージャで、既存のコードを次のコードを追加します。
    Dim objStreamWriter As StreamWriter
       Dim x As Long
        
       'Open the file.
       objStreamWriter = New StreamWriter("C:\Test2.txt", True, _
          Encoding.Unicode)
    
       'Write out the numbers 1 through 10 on the same line.
       For x = 1 To 10
         objStreamWriter.Write(x)
       Next x
        
       'Close the file.
       objStreamWriter.Close()
    					
  5. [デバッグ] メニューのコンパイルし、アプリケーションを実行する開始をクリックします。

    このコードドライブ c のようなテキスト エディターで Test2.txt という名前のファイルを作成します。メモ帳として。Test2.txt に単一行テキストにはが含まれています。
    12345678910
    							
    コードを複数回実行する場合に、「123456789」です。同じ行に繰り返しします。

完全なコード リスト

'Read a Text File
Imports System.IO
Module Module1

    Sub Main()
        Dim objStreamReader As StreamReader
        Dim strLine As String

        'Pass the file path and the file name to the StreamReader constructor.
        objStreamReader = New StreamReader("C:\Boot.ini")

        'Read the first line of text.
        strLine = objStreamReader.ReadLine

        'Continue to read until you reach the end of the file.
        Do While Not strLine Is Nothing

            'Write the line to the Console window.
            Console.WriteLine(strLine)

            'Read the next line.
            strLine = objStreamReader.ReadLine
        Loop

        'Close the file.
        objStreamReader.Close()

        Console.ReadLine()
    End Sub
End Module

'Write a Text File: Version 1
Imports System.IO
Module Module1

    Sub Main()
        Dim objStreamWriter As StreamWriter

        'Pass the file path and the file name to the StreamWriter constructor.
        objStreamWriter = New StreamWriter("C:\Text.txt")

        'Write a line of text.
        objStreamWriter.WriteLine("Hello World")

        'Write a second line of text.
        objStreamWriter.WriteLine("From the StreamWriter class")

        'Close the file.
        objStreamWriter.Close()

    End Sub
End Module

'Write a Text File: Version 2
Imports System.IO
Imports System.Text
Module Module1

    Sub Main()
        Dim objStreamWriter As StreamWriter
        Dim x As Long

        'Open the file.
        objStreamWriter = New StreamWriter("C:\Test2.txt", True, _
           Encoding.Unicode)

        'Write out the numbers 1 through 10 on the same line.
        For x = 1 To 10
            objStreamWriter.Write(x)
        Next x

        'Close the file.
        objStreamWriter.Close()
    End Sub

End Module
				

トラブルシューティング

入力または、ファイルを出力するたびに、適していますプログラミングエラーが発生した場合に備えて、Try - ブロック内のコードをラップする演習を行います。いくつかの潜在的なエラーが含まれます、ファイルが存在しない、または使用中のファイル。

関連情報

詳細については、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:
目的. します。テキスト ファイルを読み取る。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/db5x7c0d.aspx


目的. します。サイズの大きいファイルを読み書きするか。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/6ka1wd3w (v=vs.80)

StreamReader クラス
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.io.streamreader (v=vs.71)

StreamWriter クラス
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.io.streamwriter (v=vs.71)

プロパティ

文書番号: 315828 - 最終更新日: 2012年6月7日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbvs2005applies kbvs2005swept kbmt KB315828 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315828
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com