Visual Studio での多言語の Windows フォーム ソリューションの管理方法NET または Visual Studio 2005

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315838
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、小規模なを作成する方法を示します、多言語の Windows アプリケーションです。アプリケーションのメインのビジュアルに組み込まれています。基本的です。NET または 2005 年の Visual Basic。この Visual Basic のアプリケーション Visual C# クラス ライブラリを使用します。コンポーネントは、多言語の参照と実装を示しています。継承します。

要件

次の一覧は、推奨されるハードウェア、ソフトウェアです、ネットワーク インフラストラクチャ、および必要な service pack:
  • Microsoft Windows 2000 Professional、Microsoft Windows 2000サーバー、Microsoft Windows XP Professional、または Microsoft Windows XP Serverマイクロソフト。NET Framework のインストール
  • Microsoft データ エンジン (MSDE) または Microsoft SQL Server 7.0 またはNorthwind データベースを後で
この資料で、次のように精通していることを想定しています。トピック:
  • 実装の継承
  • Windows フォーム
  • Microsoft ADO.NET

多言語の Windows アプリケーションを作成します。

次の手順をデモンストレーション、小規模、多言語を作成するにはWindows アプリケーションです。ボタンをクリックすると、すべての製品を. します。ノースウィンド データベースには、 データ グリッド コントロールです。
  1. として Visual Basic の Windows アプリケーション プロジェクトを作成します。次に示します。
    1. Microsoft Visual Studio を起動します。NET または Microsoft Visual Studio 2005、し 新しいプロジェクト.
    2. 下にあります。 [プロジェクトの種類をクリックして Visual Basic プロジェクト.下にあります。 テンプレートをクリックして Windows アプリケーション.プロジェクトの名前を変更します。 MultiLangHowTo、、をクリックして、 [OK].

      メモ Visual Studio 2005 年にをクリックします。 Visual Basic 下にあります。 [プロジェクトの種類.
  2. ソリューション エクスプ ローラー] ウィンドウが表示されていることを確認してください。Ifなく、クリックして ソリューション エクスプ ローラー で、 ビュー メニューです。
  3. ここでは、シェルを Visual Basic があります。NET または Visual Basic 2005年の Windows フォームソリューション内のアプリケーションは、MultiLangHowTo という名前します。これを行うには多言語ソリューション、Visual C# クラス ライブラリを追加する必要があります。

    でソリューション エクスプ ローラー] ウィンドウで、右クリック MultiLangHowTo、ポイント 追加、し 新しいプロジェクト.下にあります。 [プロジェクトの種類をクリックして Visual C# プロジェクト.下にあります。 テンプレートをクリックして クラス ライブラリ.クラス ライブラリの名前を変更します。 NWClassLib.クリックしてください。 [OK] ソリューションにこのクラス ライブラリを追加します。

    メモ Visual Studio 2005 年にをクリックします。 Visual C# 下にあります。 [プロジェクトの種類.
  4. Class1.cs で、エディター ウィンドウに表示されます。次を追加します。このウィンドウの一番上の名前空間宣言します。これらの宣言を使用できます。作成および入力できるように、さまざまなクラスにアクセスするのには データセット オブジェクトです。
    using System.Data;
    using System.Data.SqlClient;
    					
  5. 交換、 Class1 メソッドを作成して入力次のコードを使用します。 データセット Northwind 商品テーブルからのデータのすべてを。
    public static DataSet GetProducts()
    {
       DataSet ds = new DataSet();
       SqlDataAdapter sqlDS = new SqlDataAdapter(
          "select * from products", new SqlConnection(
          "server=(local);database=northwind;Integrated Security=SSPI"));
       sqlDS.Fill(ds);
       return ds;
    } 
    						
    メモ: 別の SQL 接続開発システムを必要とする可能性があります。文字列です。問題が発生する場合は、システム管理者に問い合わせてください。
  6. 今すぐ Visual Basic の Windows フォームを作成できます。このコンポーネントを使用するアプリケーションです。Form1.vb は既に開かれている必要があります。デザイン ビューでします。場合は、ダブルクリック Form1.vb ソリューション エクスプ ローラー] ウィンドウでします。
  7. 追加します。 ボタン コントロールとは データ グリッド フォームには次のように制御します。
    1. で、 ビュー メニューをクリックして ツールボックス ツールボックスを開くには。代わりに、ctrl キーを押しながら alt キーを押しながら X キーを押してことができます。ツールボックスを開くにキーを押します。
    2. [ツールボックス] をクリックします。 Windows フォーム.
    3. 追加します。 ボタン フォームを制御します。
    4. プロパティ ページにアクセスするのには、F4 キーを押して、 ボタン コントロールです。変更は、 テキスト プロパティ 製品を表示します。.
    5. 追加します。 データ グリッド フォームを制御します。
  8. NWClassLib コンポーネントとしてプロジェクトへの参照を追加します。次に示します。
    1. ソリューション エクスプ ローラー] ウィンドウで、[ MultiLangHowToを右クリックして 参照、し 参照を追加します。.
    2. で、 プロジェクト タブで、ダブルクリックします。 NWClassLib.確認します。 NWClassLib 表示されます、 選択した構成部品 リスト ボックスです。
    3. クリックしてください。 [OK].確認します。 NWClassLib 下に表示されます。 参照 Windows アプリケーションにします。
  9. ボタンをダブルクリックします。Visual Studio。自動的に NET します。作成します。 クリックしてください。 イベント ハンドラーです。次のコードを追加、 クリックしてください。 イベント ハンドラー:
    Dim objNW As New NWClassLib.Class1()
            DataGrid1.DataSource = objNW.GetProducts.Tables(0)
    					

完全なコード リスト

Class1.cs の非継承の例

using System;
using System.Data;
using System.Data.SqlClient;

namespace NWClassLib
{
    /// <summary>
    /// Summary description for Class1.
    /// </summary>
    public class Class1
    {
        public static DataSet GetProducts()
        {
            DataSet ds = new DataSet();
            SqlDataAdapter sqlDS = new SqlDataAdapter(
                "select * from products", new SqlConnection(
                "server=(local);database=northwind;Integrated Security=SSPI"));
            sqlDS.Fill(ds);
            return ds;
        } 
    }
}
				

Class1.cs の継承の例

using System;
using System.Data;
using System.Data.SqlClient;

namespace NWClassLib
{
    /// <summary>
    /// Summary description for Class1.
    /// </summary>
    public class Class1 : System.Windows.Forms.Form
    {
        public static DataSet GetProducts()
        {
            DataSet ds = new DataSet();
            SqlDataAdapter sqlDS = new SqlDataAdapter(
                "select * from products", new SqlConnection(
                "(local);database=northwind;uid=sa"));
            sqlDS.Fill(ds);
            return ds;
        }
    }
}
				

Form1.vb の継承 System.Windows.Forms.Form

Public Class Form1
    Inherits System.Windows.Forms.Form

#Region " Windows Form Designer generated code "

    Public Sub New()
        MyBase.New()

        'The Windows Form Designer requires this call.
        InitializeComponent()

        'Add any initialization after the InitializeComponent() call.

    End Sub

    'Form overrides Dispose to clean up the component list.
    Protected Overloads Overrides Sub Dispose(ByVal disposing As Boolean)
        If disposing Then
            If Not (components Is Nothing) Then
                components.Dispose()
            End If
        End If
        MyBase.Dispose(disposing)
    End Sub

    'The Windows Form Designer requires this code.
    Private components As System.ComponentModel.IContainer

    'The Windows Form Designer requires this procedure.
    'You can use the Windows Form Designer to modify it. 
    'However, do not use the Code editor to modify it.
    Friend WithEvents Button1 As System.Windows.Forms.Button
    Friend WithEvents DataGrid1 As System.Windows.Forms.DataGrid
    <System.Diagnostics.DebuggerStepThrough()> Private Sub InitializeComponent()
        Me.Button1 = New System.Windows.Forms.Button()
        Me.DataGrid1 = New System.Windows.Forms.DataGrid()
        CType(Me.DataGrid1, System.ComponentModel.ISupportInitialize).BeginInit()
        Me.SuspendLayout()
        '
        'Button1
        '
        Me.Button1.Location = New System.Drawing.Point(24, 16)
        Me.Button1.Name = "Button1"
        Me.Button1.Size = New System.Drawing.Size(96, 23)
        Me.Button1.TabIndex = 0
        Me.Button1.Text = "Show Products"
        '
        'DataGrid1
        '
        Me.DataGrid1.DataMember = ""
        Me.DataGrid1.HeaderForeColor = System.Drawing.SystemColors.ControlText
        Me.DataGrid1.Location = New System.Drawing.Point(24, 48)
        Me.DataGrid1.Name = "DataGrid1"
        Me.DataGrid1.Size = New System.Drawing.Size(256, 200)
        Me.DataGrid1.TabIndex = 1
        '
        'Form1
        '
        Me.AutoScaleBaseSize = New System.Drawing.Size(5, 13)
        Me.ClientSize = New System.Drawing.Size(292, 266)
        Me.Controls.AddRange(New System.Windows.Forms.Control() {Me.DataGrid1, Me.Button1})
        Me.Name = "Form1"
        Me.Text = "Form1"
        CType(Me.DataGrid1, System.ComponentModel.ISupportInitialize).EndInit()
        Me.ResumeLayout(False)

    End Sub

#End Region

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        Dim objNW As New NWClassLib.Class1()
        DataGrid1.DataSource = objNW.GetProducts.Tables(0)
    End Sub
End Class
				
メモ Visual Basic 2005年でこのコードを変更する必要があります。Windows フォーム プロジェクトを作成すると既定では、2 つのファイルは、プロジェクトの Visual Basic を作成します。フォームが Form1 という名前の場合は、フォームを表す 2 つのファイルの名前は Form1.vb と Form1.Designer.vb にです。Form1.vb ファイルにコードを記述します。Windows フォーム デザイナー、Form1.Designer.vb ファイルにコードを書き込みます。Windows フォーム デザイナーは、partial キーワードを使用して Form1 の実装を次の 2 つの別々 のファイルに分割します。この現象、デザイナー生成コードがコードに混入されるできなくなります。

新しい Visual Basic 2005年の言語拡張機能の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms379584 (vs.80)
部分クラスおよび Windows フォーム デザイナーの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms171843.aspx

WebForm1.vb 継承 NWClassLib.Class1

Public Class Form1
    Inherits NWClassLib.Class1

#Region " Windows Form Designer generated code "

    Public Sub New()
        MyBase.New()

        'The Windows Form Designer requires this call.
        InitializeComponent()

        'Add any initialization after the InitializeComponent() call.

    End Sub

    'Form overrides Dispose to clean up the component list.
    Protected Overloads Overrides Sub Dispose(ByVal disposing As Boolean)
        If disposing Then
            If Not (components Is Nothing) Then
                components.Dispose()
            End If
        End If
        MyBase.Dispose(disposing)
    End Sub

    'The Windows Form Designer requires this code.
    Private components As System.ComponentModel.IContainer

    'The Windows Form Designer requires this procedure.
    'You can use the Windows Form Designer to modify it. 
    'However, do not use the Code editor to modify it.
    Friend WithEvents Button1 As System.Windows.Forms.Button
    Friend WithEvents DataGrid1 As System.Windows.Forms.DataGrid
    <System.Diagnostics.DebuggerStepThrough()> Private Sub InitializeComponent()
        Me.Button1 = New System.Windows.Forms.Button()
        Me.DataGrid1 = New System.Windows.Forms.DataGrid()
        CType(Me.DataGrid1, System.ComponentModel.ISupportInitialize).BeginInit()
        Me.SuspendLayout()
        '
        'Button1
        '
        Me.Button1.Location = New System.Drawing.Point(24, 16)
        Me.Button1.Name = "Button1"
        Me.Button1.Size = New System.Drawing.Size(96, 23)
        Me.Button1.TabIndex = 0
        Me.Button1.Text = "Show Products"
        '
        'DataGrid1
        '
        Me.DataGrid1.DataMember = ""
        Me.DataGrid1.HeaderForeColor = System.Drawing.SystemColors.ControlText
        Me.DataGrid1.Location = New System.Drawing.Point(24, 48)
        Me.DataGrid1.Name = "DataGrid1"
        Me.DataGrid1.Size = New System.Drawing.Size(256, 200)
        Me.DataGrid1.TabIndex = 1
        '
        'Form1
        '
        Me.AutoScaleBaseSize = New System.Drawing.Size(5, 13)
        Me.ClientSize = New System.Drawing.Size(292, 266)
        Me.Controls.AddRange(New System.Windows.Forms.Control() {Me.DataGrid1, Me.Button1})
        Me.Name = "Form1"
        Me.Text = "Form1"
        CType(Me.DataGrid1, System.ComponentModel.ISupportInitialize).EndInit()
        Me.ResumeLayout(False)

    End Sub

#End Region

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        'Dim objNW As New NWClassLib.Class1()
        DataGrid1.DataSource = GetProducts.Tables(0)
    End Sub
End Class
				

動作を検証します。

  1. アプリケーションのデバッグを実行するのには、F5 キーを押してください。モードです。
  2. フォームが表示されたらをクリックします。 製品を表示します。.は、 データ グリッド すべての製品 Northwind の製品からが表示されます。テーブルです。
  3. デバッグを停止するのには、shift キーを押しながら F5 キーを押すとするVisual Studio に戻る。

多言語の継承をデモンストレーションする手順

多言語の継承を示すを変更する必要があります、少しのサンプルを紹介します。クラス ライブラリのインスタンスを作成するのではなくコンポーネントをアプリケーションから継承します。

は、 Form1 現在のクラスの継承を System.Windows.Forms.Form クラスです。マイクロソフト。NET を複数サポートしていません継承は、する必要があります移動、 Windows.Forms.Form 継承するクラスは、 NWClassLib.Class1 クラス ライブラリのコンポーネントを継承するには、[クラス] をクリックします。

メモ: そのユーザーが継承する n 層アーキテクチャ良いではありませんインターフェイス クラスでは、データ層のコンポーネントです。ただし、サンプルとしてを変更することができます。多言語ソリューションのもう 1 つの機能を簡単に説明します。管理です。
  1. 参照を追加する、 System.Windows.Forms.Form 名前空間のクラスは、Visual C# を変更する前にライブラリコードです。
  2. ソリューション エクスプ ローラー] ウィンドウで、[ NWClassLibを右クリックして 参照、し 参照を追加します。.
  3. で、 .NET タブで、ダブルクリック System.Windows.Forms.dll.確認します。 System.Windows.Forms.dll 表示されます、 選択した構成部品 リスト ボックスです。
  4. クリックしてください。 [OK].確認します。 System.Windows.Form 下に表示されます。 参照 クラス ライブラリ コンポーネントにします。
  5. 変更は、 Class1 継承の宣言、 フォーム クラス:
    public class Class1 : System.Windows.Forms.Form
    					
  6. Visual Basic の。NET または Visual Basic 2005 Form1 クラスが継承する準備ができました Class1.ので Class1 継承は、 System.Windows.Forms.Form クラスは、 MultiLangHowTo.Form1 また、クラスを継承します System.Windows.Forms.Form その継承を使って Class1.

    エディター ウィンドウをクリックします。 Form1.vb.クラス宣言では、交換してください。 System.Windows.Forms.Form 使用する SMTP サーバー NWClassLib.Class1.更新されたコードは次のようになります。
    Inherits NWClassLib.Class1
    					
  7. 最初の行にコメントを クリックしてください。 イベント ハンドラーを次のよう:
    'Dim objNW As New NWClassLib.Class1()
    						
    メモします。 行にカーソルを移動し、クリックまたは、選択した行をコメントします。 コメントにツールバーをコードの行を指定します。
  8. 2 番目の行は次のとおり変更します。
    DataGrid1.DataSource = GetProducts.Tables(0)
    					
  9. 手順を繰り返して、 動作を検証します。 セクションです。

トラブルシューティング

  • 2 つの言語で作業する場合は、混同されやすいです。構文があります。Visual C# 構文エラーの余白幅を許可しません。さらに、Visual C#。NET のエラー メッセージは、常にプロンプト、またはように直感的でないです。Visual Basic。NET エラー メッセージです。これらの問題のトラブルシューティングするを参照してください。Microsoft の「言語に対応する」セクション。Net ソフトウェア開発キット (SDK)。
    各言語の比較
    .aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/czz35az4 (vs.71)
  • 実装の継承を使用する場合は、調査します。オブジェクト指向の原則の設計、およびアプリケーションのアーキテクチャを検討してください。高度な。よくある間違いする必要のある主なアプリケーション コードを配置することです。クラス ライブラリに継承されます。このシナリオでは、メインを継承できません。アプリケーション、クラス ライブラリの依存関係が循環します。たとえば、MultiLangHowTo プロジェクトへの参照を NWClassLib プロジェクトに追加しようとしてください。次のエラー メッセージが表示されます。
    参照するには'MultiLangHowTo' を追加できませんでした。参照と同じようにこのプロジェクトを追加循環する依存関係が発生します。

関連情報

詳細については、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:
基本的な本能: 継承を使用します。NET では、パート 1
http://msdn.microsoft.com/en-us/magazine/cc135806.aspx

基本的な本能: 継承を使用します。NET では、第 2 部
http://msdn.microsoft.com/en-us/magazine/cc301744.aspx

プロパティ

文書番号: 315838 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowtomaster kbvs2005applies kbvs2005swept kbmt KB315838 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315838
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com