INF: 一般的な SQL のメール問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315886
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

識別するためにこの記事の質問と回答の形式を使用します。SQL メールでの動作を提供するとの一般的な問題が発生する可能性があります。修正するか、またはこれらの問題をトラブルシューティングする方法のヒントを紹介します。膨大ですほとんどの SQL のメール関連の問題を構成が不適切なためです。 SQL を正しく構成する方法の詳細についてメール、Microsoft では、記事を表示するには、次の文書番号をクリックします。ナレッジ ベース:
263556 INF: SQL メールを構成する方法
この資料では、知識の必要があります、バック グラウンド情報を Q263556 で。明記されていない限り、コメントします。この資料に関する SQL メールに SQLAgentMail も適用されます。

詳細

構成を確認します。

不適切な構成を修正する、膨大な解決できます。SQL メールの問題の大多数。SQL メールが構成されていることを確認するのには正常にこの一覧を使用します。
  • メール クライアント (Microsoft Outlook) などがあります。SQL Server を実行するコンピューターにインストールされています。
  • Microsoft Outlook 2000 を企業/ワークグループオプションを使用して (Microsoft Outlook 2002 の動作企業/ワークグループオプションをあるされません)。[ツール] メニューの [のオプションを選択するのには [オプション] をクリックし、メール サービスタブをダブルクリックします。メール サービスダイアログ ボックスで、[メール サポート] をクリックします。SQL メールを Microsoft Outlook 2002 が動作しない場合Outlook クライアントで実行中のままにしない限り、インターネット メール サーバーを使用します。すべての回。
  • 作業用のメール サーバー、Microsoft が必要Exchange または、インターネット メール (投稿 Office プロトコル 3 [POP3] または簡易メールサーバーのトランスポート プロトコル [SMTP])。送信メールの SMTP サーバーをする必要はありません。同じ受信メール POP3 サーバー。ただし、有効なが必要受信メール サーバーと構成されているメール アカウントをする予定がない場合でもメール SQL にメールを送信します。
  • SQL Server サービスの開始に使用するアカウントする必要があります。Exchange サーバーを使用している場合は、ドメイン アカウントをします。ドメイン アカウントExchange サーバーのメールボックスをする必要があります。インターネット メールを使用している場合サーバーは、SQL Server を起動するのには、ローカル アカウントを使用できます。ただし、アカウント使用して起動する SQL Server は、ローカル システム アカウントを表示する] のいずれかをすることはできません状況。SQL を起動して、サービス アカウントにのみ適用されます。SQLAgentMail を使用している場合は、エージェント。
  • メール プロファイルは、マイクロソフトとは関連があるためWindows のログイン アカウントは、SQL を実行しているコンピューターにログオンする必要があります。サーバーにメールを検査するために、SQL Server サービス起動時のアカウントプロファイルの SQL Server を使用します。たとえば、コントロール パネルを開きます。コントロール パネルのダイアログ ボックスで、[メール] をダブルクリックします。メールダイアログ ボックスで、 [プロファイルの表示をダブルクリックします。SQLAgentMail と SQL エージェントのサービス アカウントを使用している場合異なる SQL Server サービス アカウントもがログオンする必要があります、使用するメール プロファイルを確認するには、SQL エージェント サービス起動アカウント、SQL エージェント。
  • メール クライアントを開くし、送信をテストすることができる必要があります。メール サーバーに電子メールを受信します。ダイアログ ボックスまたはメッセージべきではないです。ユーザー操作を必要と表示されます。SQL メールは、メール クライアントを使用してメールを送信します。SQL メールは、SQL Server サービスで実行されるため、ダイアログ ボックスに必要なユーザーとの対話は「仮想デスクトップ」に表示され、応答を受け取りません。応答の欠如 SQL 応答を停止 (ハング) にされます。
  • テストに使用するメール プロファイルの SQL メールを提供する必要があります。メール クライアント構成します。エンタープライズ マネージャーでこれを行うには、[サポート サービス] フォルダーを開きます。サポート サービス] フォルダーで、 SQL メールを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。SQLAgentMail を使用する場合は、メール プロファイルを提供する必要があります。SQL エージェント。Enterprise Manager で、 [管理] フォルダーを開きます、 SQL エージェントを右クリックし、[プロパティ] をクリックするには。
  • デフォルトのインターネット電子メール プログラムと同じでなければなりませんメール クライアント メール構成をテストする使用します。いることを確認するのには正しいプログラムをコントロール パネルを開き、[インターネット オプション] をダブルクリック、[プログラム] タブをクリックします。
  • 上記の変更を有効にするのいずれかを行う必要があります。停止して、SQL Server サービスを再起動します。既定値を再設定する場合メール プロファイルは、変更を有効にするのにはコンピューターを再起動する必要があります。

よく発生する問題

頻繁に発生した SQL のメール関連の問題の一覧お客様を次に示します。さまざまな問題の議論が質問でし応答の形式です。質問の順序の頻度でが表示されません。同様の質問がまとめられています。回答を考慮しないすべて考えられる原因は。ただし、これら特定の主要な原因を反映して問題があります。

Q1: なぜ SQL メール私 SQL Server 2000 にアップグレードした後停止しますか。

A1: SQL Server 2000 SQL メールに大幅な変更を紹介します。、大きな変更は SQL メール今すぐ拡張のメール アプリケーションを使用することです。プログラミング インターフェイス (MAPI) 簡易 MAPI の代わりにします。 単純な間の相違点の詳細について拡張 MAPI の資料を参照するのには、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
200018 CDO、簡易 MAPI、および拡張 MAPI 情報: の違い
SQL Server 2000 は、Microsoft を使用している場合Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 2 を適用することを強く推奨します。(SP2) またはそれ以降、SQL メールを使用する前にします。

第 2 四半期: なぜ SQL メール Microsoft Outlook をアップグレードする、または、Outlook セキュリティ更新プログラムを適用した後停止しますか。

A2:、Outlook 2000 電子メール セキュリティ 8 月 2001 年にリリースされた更新自分自身に送信されることによる電子メール ワームの拡散を防ぐことができます。アドレス帳ですべてのユーザー。Outlook 以外の場合、セキュリティ更新プログラムを検出します。プログラムが電子メールを送信し] ダイアログ ボックスでこのメッセージが表示されます。
プログラムが自動的に電子メールを送信するのしようとしている、代理。これを許可しますか。
メールを送信するには、[はい] をクリックする必要があります。

SQL Server の SQL メール6.5 と 7.0 の SQL Server しようとしている、Outlook 以外のプログラムとして扱われますメールを送信します。ただし、SQL メールは、SQL Server サービスで呼び出されるためダイアログ ボックスは「仮想デスクトップ」の SQL Server のサービスに送信し、サーバー上では表示されません。ユーザーとの対話は行われませんので、SQL をメールします。応答を停止します。

セキュリティ機能が緩和されることができます、Exchange 管理者の支援。しかしより優れたソリューションです。SQL Server 2000 にアップグレードします。SQL Server 2000 SQL メールで拡張 MAPI になります接続は、[セキュリティ] ダイアログ ボックスをバイパスします。 詳細については、Outlook のセキュリティ修正プログラム、記事を表示するには、次の文書番号をクリックします。技術情報:
262631 Ol 2000: Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラムの詳細について
Microsoft Outlook 2002 にはセキュリティが含まれています。Outlook 2000 セキュリティ更新プログラムで機能します。

場合は、既に SQL Server 2000 SQL メールしてへのアップグレード後の作業を停止します。Outlook 2002 では、インターネット メール サーバーを使用いる可能性があります。可能性があります。メールを送信することができますように、以前のバージョンの Outlook を構成します。Microsoft Windows サービスです。作業するときのパフォーマンスを向上させるExchange 以外のメールは、メール スプーラー マイクロソフトのプロセス空間で実行します。Outlook 2002、Outlook クライアントを開くことが必要だ場合がExchange 以外のサーバーにメールを送信します。場合は、Outlook のままにしたくないです。2002 クライアントの常 (ログオンする必要が、サーバー上で実行しています。サーバーに) する必要があります、Exchange サーバーをメール サーバーとして使用またはロールバック以前のバージョンの Microsoft Outlook にします。

Q3: 私は私のサーバーにインストールされて、Outlook セキュリティ更新プログラムがあるかよいでしょうか。

A3: Outlook のヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックします。Outlook 2000 のバージョンが 9.0.0.4201 場合または後で、その場合Outlook 電子メール セキュリティ アップデートがインストールされています。

第 4 四半期: 方法は SQL のメールは、Outlook セキュリティ更新プログラムまたは Outlook 2002 を使用している場合の分岐から回避できますか。

A4: 変更するには、Exchange の管理者が作業する必要があります、既定のセキュリティ設定。正確な手順は、使用しているかどうかをによって異なります。Outlook 2000 または Outlook 2002 の (Office XP で提供される)。 Exchange の変更に関する詳細についてセキュリティの設定内のアーティクルを表示するには以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
263297 Ol 2000: 管理者向けの情報が、Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラム
290499 [Ol2002]: 電子メールのセキュリティ機能に関する管理者の情報
Q5: なぜ発信メールが受信トレイにスタックしているか。

A5: この問題は Outlook 2002 で発生する可能性が高いです。するにはインターネット メールのパフォーマンスを向上させるため、Office の開発チームが、メールを移動Exchange 以外のメール スプーラーが Outlook のプロセス空間にします。使用する必要があります、送信メールを送信する outlook クライアント ファイルを開く。この問題には影響しません、その Outlook に送信する Exchange サーバーをメールします。

また、可能性があります。Outlook 2000 を使用すると、この問題が発生します。この場合、最も可能性が高い原因は、有効な POP3 サーバーで受信メールを指定していないことです。メール プロファイル内のサーバー。

Q6: なぜ発信メールが送信トレイに詰まっているか。

A6:この問題は、古い電子メール クライアントと同様に多く発生します。Microsoft Outlook 97 が Microsoft Windows メッセージングとします。これらのメール クライアントSQL Server などの Windows サービスから呼び出されること。 詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の文書番号をクリックします。ベース:
237913 情報: Outlook オブジェクト モデルの不適切な Windows サービス内で実行する
これらのメール クライアントが古くなってください。しないこの問題が発生しています。場合は、ただし、使用できる必要があります。Microsoft 製品サポート サービスに連絡して、修正プログラムを入手するには。

Q7: なぜ私、送信済みのメッセージ、送信済みアイテムフォルダーにはありませんか。

A7:SQL Server 6.5 と 7.0 の SQL Server SQL メールのコピーを保存します。メッセージ、送信済みアイテムフォルダーの Outlook では、既定の動作で、単純な送信MAPI インターフェイスです。Outlook メール クライアントで [送信済みアイテム フォルダー内のメッセージのコピーを保存] オプションをオフにしてこのオプションを無効にする場合に、オプションは無視されます。

SQL Server 2000 SQL メールは、拡張 MAPI を使用して書き込まれるインターフェイスとは、送信済みアイテムフォルダーに送信メッセージのコピーを保存できません。SQL メールを送信するメッセージのコピーが必要な場合SQL Server 2000 からは、[cc] する必要があります自分にし、Outlook を作成。これらのメッセージをルーティングするメッセージ ルールは、送信済みアイテムフォルダーにコピーします。

Q8: なぜ完全に私のメールボックスが、メール、送信済みアイテム] フォルダーに存在しないがか。

A8: SQL Server 7.0 と 2000 の SQL Server では、オプションでは、SQL Server エージェントのプロパティ] ウィンドウには、 ' 送信済みアイテム フォルダー内の送信済みメッセージのコピーを保存します。このオプションを選択しない場合は、SQL のメールのコピーを保存、SQL Server エージェント メールは、Exchange サーバーのルート フォルダーには。場合、メールボックスがいっぱいになる、 xp_sendmailのストアド プロシージャがメールを送信して、エラーが返されますことがあります。0x80040403 または MAPI_E_TABLE_TOO_BIG エラー メッセージは、他の人の間で。

SQLAgentMail マイクロソフトからのコピーを参照してくださいすることはできません。Outlook および Microsoft Exchange ユーティリティの MDB ビューアーを使用して参照してくださいする必要がありますこれらのメッセージを削除します。 この問題を解決する方法の詳細について問題は、Microsoft では、記事を表示するには以下の記事番号をクリックします。ナレッジ ベース:
261133 修正: このメールボックスをいっぱいの DTS [メール送信] としを参照してくださいか電子メール メッセージを削除することができません。
308758 FIX SQL エージェント メール電子メールは移行元のメールボックスのルート ディレクトリに書き込まれる可能性があります。
Q9: SQL メールを電子メールの添付ファイルを削除する理由はありません。

A9:Xp_sendmailのストアド プロシージャをクエリを実行し、 @ attach_resultsが true である場合は、添付ファイルを作成する一時ファイルに残っています。System32 ディレクトリでは、Windows オペレーティング システムがインストールされています。これ問題は、SQL Server のすべてのバージョンで発生します。 この問題の詳細についてをクリックして、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号。
151545 BUG: xp_sendmail @ query まま一時ファイル サーバー上で
Q10: 理由メール プロファイル SQL メール プロパティのドロップダウン ボックスに表示されません。

A10:考えられる原因の 1 つのサービスがの SQL Server を実行することです。ローカル システム アカウントで開始するように構成です。ローカル システム アカウントないが、Windows のログイン関連します。したがって、メール プロファイルがありません。SQL Server のように構成できます。参照してください、 この資料適切なサービスのスタートアップ アカウントの選択方法の詳細について。

他考えられる原因の開始に使用するアカウントにメール プロファイルがないです。MSSQL サーバー サービス。SQL Server を使用するには、メール プロファイルを構成するのにはメールの最初の SQL Server は、Windows コンピューターにログオンする必要があります。同じログインとパスワードは、MSSQL サーバーを起動するために使用を実行しています。サービス。

Outlook 既定電子メールを設定するがない可能性があります。クライアント。参照してください、 検証方法の詳細については、この資料に記載既定の電子メール プログラム。
Q11: サーバーにログオンしているなぜ SQL メールは動作しましたか。

A11:これは、SQL メールが正しく構成されていないことを示します。セットアップ チェックリストに従って、 SQL あることを確認するには、この資料の「メールが正しく構成されています。作業などの POP3 (受信メール) サーバーメール構成に指定されてがいません。

他考えられる理由は、インターネット メールを Outlook 2002 を使用していることです。サーバー。Outlook 2002 が Exchange 以外のサーバーを Exchange とは異なる処理します。サーバー。メール スプーラーが Outlook のプロセス空間内から実行されるためExchange 以外のメール サーバーでは、実行中に、Outlook 2002 クライアントが必要インターネット メールを送信する順序を指定します。サーバーからログオフ、Outlook クライアントがログオンした場合シャット ダウンして、メールは送信されません。この問題を解決するには、使用する必要があります。Outlook 2000 またはスイッチは、Exchange サーバーにします。

Q12: なぜ SQL メール (ハングはでしょうか。

A12:SQL メールを定期的にハングする場合、最も可能性の高い原因の損失です。メール サーバーへの接続します。SQL メールが複数であることの経験を示しています。インターネット メール (POP3 または SMTP) サーバーを使用するときを応答を停止する可能性がありますが、それも接続を場合は、Exchange サーバーが応答を停止ことができます。問題が発生します。

これは、ようなメール クライアントに接続しようとしたことです。メール サーバー。接続に失敗した場合は、メール クライアントからのメッセージ操作を続行するかキャンセルするかどうかを要求が表示されます。、SQL のメールは、SQL から実行されるためメッセージは表示されません。サーバーのサービス。メッセージが表示されないため、ユーザーの操作は行われませんし、SQL メールを無期限に待機します。ネットワーク接続を再確立する場合でも、SQL メールが自動的にリセットしませんし、再試行してください。停止し、再起動する必要があります、再度メッセージの送信を開始する前に、サービスを SQL Server。

SQL が応答を停止するのにはメールは別の考えられる理由は、新しい Outlook です。電子メールは、Outlook 以外のアプリケーションを送信する場合は、警告が表示されますセキュリティ機能です。SQL メール SQL Server 6.5 と 7.0 の SQL Server のような Outlook 以外のです。アプリケーション。SQL メールを送信すると、セキュリティ ダイアログ ボックス ウィンドウが表示される場合は、この SQL メールが応答を停止するのと同じ効果がありますかのようにメール サーバーへの接続が失われます。

Q13: ダイアログ ボックス メッセージが応答を停止するのには、SQL メールが発生しているかどうか確認する方法か。

A13:SQL メールは、SQL Server サービスを通じて実行されるため、SQL が応答を停止するのにはメールが発生] ダイアログ ボックスのメッセージが表示されません。デスクトップ。SQL メール ダイアログ ボックス メッセージが原因かどうかを判断するには、[使用する必要があります。SQL Server では、サービスとしてではなく、コンソール アプリケーションとしてを実行します。これを行うには、これらを使用してください。手順:

  1. Windows サーバーにログオンに使用した同じアカウントを使用SQL Server サービスを開始します。
  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。SQL Server を使用している場合2000 年の実行可能ファイルのディレクトリに移動する必要があります、SQL Server のインスタンスをインストールします。
  3. これを実行することにより SQL Server としてアプリケーションを起動します。コマンド:

    大文字

    : SQL Server 2000 は、名前付きインスタンスを使用している場合、追加する必要がある-sインスタンス名。
  4. SQL Server でクエリ アナライザーに接続し、実行、xp_sendmailは、メール メッセージの送信をテストするのには、ストアド プロシージャを拡張します。場合は、SQL Server 2000年は使用していない場合、SQL メールを開始する前にする拡張ストアド プロシージャxp_startmailを実行する必要がありますメールを送信します。
  5. ダイアログ ボックスが表示される場合は、問題を解決する必要があります。SQL メールを使用することができます前にします。
Q14: なぜ、メール通知の動作を停止を使用する定期ジョブ必要があるか。

A14:SQLAgentMail できますから起動するときを応答を停止しても、スケジュールされたジョブでは、SQL エージェント。13 は、ほとんどの質問への応答を参照してください。SQL メールを応答を停止する原因となる一般的な理由。たとえば、これはオペレーター、スケジュールされたジョブの完了後に SQLAgentMail のページです。同期の呼び出し。メール サーバーへの接続が応答を停止する場合は何らかの理由からメールを送信するのには、コマンドを発行、ジョブ スケジューラ問題が発生するまで応答を停止し、他のスケジュールされたジョブを実行できます。修正し、SQL Server エージェントを停止して再起動します。

Q15:「Mapi ログオン エラーです」のメッセージが表示されます。

A15:「Mapi ログオン エラーです。」メッセージは、通常 SQL のメールです。開始すると、メール プロファイルを検索することができません。セットアップをチェックリストします。続いて SQL メールを正しくがあることを確認するには、この資料の「構成されています。

別の理由は、メール プロファイルが破損していることですかプロファイルの名前が 32 文字を超えるです。くださいすることができます。メール プロファイルを削除していることを確認するのには、短い名前で再作成すること作業用のメール プロファイルは、あります。

Q16:「一般的な mapi 障害」のメッセージが表示されます。

A16:「一般的な mapi 障害」メッセージが通常が発生します。SQL メールの不適切な構成。セットアップ チェックリストに従って、 セクションSQL メールが正しく構成されていることを確認するのには、この資料。

Q17: なぜ私エラー 1073759806 と 1073759778 私 SQL Server のエラー ログにおられますか。

A17:SQL メールでを起動する場合、 xp_startmailを使用して拡張ストアド プロシージャ SQL Server 2000 年に表示されます、SQL Server のエラー ログに次のエラー メッセージ。

エラー: 1073759806、レベル: 1、状態: 0 開始 SQL メールセッション.
エラー: 1073759778、レベル: 1、状態: 0 SQL メール セッション開始。
これらの情報は (重要度 = 1) メッセージのためにSQL メールは、 xp_startmailを開始しています。実行すると SQL Server 2000 SQL メールに自動的に開始します。xp_sendmailxp_startmailのための使用は必要ありません。これらのメッセージを無視することができます。

Q18: います表示はなぜメール エラー 0x80040111 (または類似の 16 進数) メールを送信しようとするとしたときですか?

A18:この問題を解決するには、まずを確認するには、エラー メッセージは、16 進数のエラー番号に対応します。MAPI エラーを変換しません。数値文字列には、SQL のためのメールのみエラー番号を返します。 解釈する方法の詳細についてMAPI のリターン コードは、資料を表示するには、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
238119 [INFO] ボックスの一覧の拡張 MAPI の数値結果コード
0X80040111 16 進数の値を確認する場合を参照してください。この MAPI エラー メッセージ MAPI_E_LOGON_FAILED、対応をSQL メール提供、メール プロファイルでログオンに失敗したことを示します。できます。エラー メッセージに基づいて修正を行います。

Q19: SQL メールの作業が、SQLAgentMail が理由はない、またはその逆教えてください。

A19:1 つの可能性が、SQL Server と SQL のエージェント サービスです。別のアカウントを開始します。サービスのスタートアップ アカウントを変更します。動作しないメール サービスを同じアカウントで開始するにはメールをすること。停止して、テストする前に、サービスを再起動この変更で問題が解決します。

: インターネット メール サービスで、SQL のメールを使用している場合は、個人用フォルダー ファイル (.pst) を使用してからダウンロードした電子メール メッセージを保存するのには、POP3 サーバーです。この .pst ファイルは、このメール プロファイルを使用するすべてのサービスで使用されます、両方のメールをメールの SQL と SQL のエージェントとの競合が発生、同じメールを使用します。プロファイル。 の詳細については、記事を表示するには、次の文書番号をクリックします。技術情報:
313969 エラー '.pst ファイルを開くことはできません'、SQL メールを POP3 サーバのプロファイルを使用すると PRB: を発生します。
別の可能性があります、プロファイルです。異なる。後に、サービス アカウントが同じである、メール ユーティリティを変更します。動作している、同一のメール プロファイルを使用するのには問題があります。停止し、この変更修正をテストする前に、サービスに再度、問題があります。

それを実現することが重要です SQL Server 6.5 の SQL メールSQLAgentMail は拡張 MAPI 使用中 SQL Server 7.0 簡易 MAPI を使用します。いくつかメール クライアントは簡易 MAPI をサポートし、SQL のメールは動作しますSQLAgentMail では。 メール クライアントの詳細についてはSQL メールでのサポートを表示するには、次の文書番号をクリックして、記事で、マイクロソフト サポート技術。
311231 INF: 質問 - SQL Server - SQL のメール Faq
既定のメール クライアントにも影響ことができます、SQL メールの操作です。参照してください、 セクションを確認および変更する方法の詳細についてデフォルトのメール プログラムします。

Q20: 理由は、テストボタン教えてください、起動し、SQL でメールを停止することができることをプロファイルが SQL メールを起動できません。

A20:SQL メール(またはSQLAgentMail) のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[テスト] ボタンのみ、指定された使用することをテストします。SQL メールを開始するメール プロファイルです。SQL メールで使用されることは保証されません。そのプロファイル。この理由は、場合によっては、SQL のメールを無視可能性があることです。月が、指定したメール プロファイルは、指定された既定のメール クライアントを使用します。クライアントのデフォルトのメールの場合に、Outlook Express、および Outlook Express ですなど構成されていないサーバーでは、SQL メールの起動時に、使用してみてくださいとSQL のメールは正しく機能しません。

重要ですが、サーバー上の既定のメール クライアントは、同じメール クライアントを使用します。SQL メールを提供するメール プロファイルを構成します。参照してください、 について確認して既定の電子メール プログラムを変更する方法の詳細については。

Q21: はなぜ SQL のメールはフェールオーバー クラスター サーバー上でしょうか。

A21:SQL メールはサポートされていません、クラスター化された SQL Server のため、SQL メールで使用される MAPI インターフェイスでは、クラスターに対応していません。 の詳細については、記事を表示するには、次の文書番号をクリックします。技術情報:
298723 SQL クラスター SQL の仮想サーバーを組み合わせて使用しない完全サポート メールをバグ:
Q22: なぜ SQL メール配布リストが機能していないか

A22:SQL メール SQL Server 6.5 と 7.0 の SQL Server を使用して、送信するのには配布リストを使用してメールを。SQL メールを持つ配布リストの使用SQL Server 2000年は、特定の構成でのみ動作します。 詳細についてをクリックします。「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号。
315666 BUG: XP_SENDMAIL 個人用配布リストにメールを送信できません。

プロパティ

文書番号: 315886 - 最終更新日: 2012年3月30日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbfaq kbmt KB315886 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315886
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com