[HOWTO] ASP.NET ページをキャッシュしてパフォーマンスを向上させる方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315896 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP315896
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、@ OutputCache という Page ディレクティブを使用して ASP.NET ページ全体をキャッシュすることで、ASP.NET アプリケーションのパフォーマンスを向上させる方法について説明します。また、@ OutputCache Page ディレクティブを使用すると、ASP.NET ページの特定箇所をキャッシュすることもできますが、その実装例については、この資料では説明しません。

必要条件

必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および Service Pack は次のとおりです。
  • Microsoft Visual Studio .NET
  • Microsoft Internet Information Server (IIS) 4.0 またはインターネット インフォメーション サービス (IIS) 5.0
この資料は、次のトピックについて詳しい知識のあるユーザーを対象としています。
  • Web アプリケーション
  • Microsoft ASP.NET

技法の説明

情報をキャッシュすると、情報はメモリ内に配置されます。通常、IIS はページの要求を受けると、ハード ディスクからページを読み取り、そのページを送信します。場合によっては、IIS はパフォーマンスを向上させるために、情報を自動的にメモリ内に格納することもできます。@ OutputCache ディレクティブを使用すると、IIS でメモリ内にページを保持するための条件を対象ページが満たしていない場合でも、メモリ内に保持することができます。

たとえば、データベースにアクセスするページは、ブラウズして最新データを取得するたびに再実行されます。@ OutputCache ディレクティブを使用すると、ページはデータベースに対する 1 つのクエリの結果と共に、指定期間が過ぎるまでメモリ内に保持されます。したがって、@ OutputCache ディレクティブを使用すると、ページがブラウズされるたびにデータベースのクエリが行われることを回避できます。これは、変更される頻度の低いデータに対しては非常に有用な技法です。

@ OutputCache を使用する ASP.NET Web アプリケーションの作成

ここでは、@ OutputCache Page ディレクティブを使用して特定期間だけページをキャッシュする ASP.NET Web アプリケーションを作成します。
  1. 次の手順に従って、Visual Basic .NET で ASP.NET Web アプリケーションを新規作成します。
    1. Visual Studio .NET を起動します。
    2. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[プロジェクト] をクリックします。
    3. [新しいプロジェクト] ダイアログ ボックスで、[プロジェクトの種類] ボックスの一覧の [Visual Basic プロジェクト] をクリックし、[テンプレート] ボックスの一覧の [ASP.NET Web アプリケーション] をクリックします。
  2. [WebForm1.aspx] ウィンドウの HTML ビューに切り替え、@ Page ディレクティブのすぐ後に次のディレクティブを追加します。
    <%@ OutputCache Duration="10" VaryByParam="none" %>
    						
    このコードは、@ OutputCache ディレクティブの duration 属性を 10 秒に設定しているので、ページ コンテンツは 10 秒間キャッシュされます。また、VaryByParam 属性には、ユーザーが定義する変数に基づいて出力キャッシュを変更するために使用できる文字列が、セミコロンで区切られて指定されます。この機能については、この資料では扱いません。上記のコードでは VaryByParam を none に設定しています。
  3. WebForm1.aspx の HTML ビューで、<form> 開始タグと終了タグの間に以下のコードを追加して、フォームに Label コントロールを追加します。
    <asp:Label>
    Last cached: <%Response.Write(Now())%>
    </asp:Label>
    						
    このラベルは、ページの最終読み込み時刻を表示します。このラベルの値は、ページの更新回数とは無関係に、10 秒おきに変更される必要があります。
  4. [ファイル] メニューの [WebForm1.aspx の保存] をクリックします。
  5. [ビルド] メニューの [ソリューションのビルド] をクリックします。
  6. ページを右クリックし、[ブラウザで表示] をクリックします。ラベルに現在時刻が表示されることを確認します。
  7. 何回かページを更新します。10 秒が経過するまではラベルが変更されないことを確認します。

完全なコード リスト

<%@ Page Language="vb" AutoEventWireup="false" Codebehind="WebForm1.aspx.vb" Inherits="WebApplication1.WebForm1"%>
<%@ OutputCache Duration="10" VaryByParam="none" %>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
<html>
    <head>
        <title>WebForm1</title>
        <meta name="GENERATOR" content="Microsoft Visual Studio.NET 7.0">
        <meta name="CODE_LANGUAGE" content="Visual Basic 7.0">
        <meta name="vs_defaultClientScript" content="JavaScript">
        <meta name="vs_targetSchema" content="http://schemas.microsoft.com/intellisense/ie5">
    </head>
    <body MS_POSITIONING="GridLayout">
        <form id="Form1" method="post" runat="server">
        <asp:Label>
            Last Cached: <%Response.Write(Now())%>
        </asp:Label>
        </form>
    </body>
</html>
				
: 次のコード行の Inherits 属性は、必要に応じて、プロジェクト名と Web フォーム名を参照するように変更しなければならない場合もあります。
<%@ Page Language="vb" AutoEventWireup="false" Codebehind="WebForm1.aspx.vb" Inherits="WebApplication1.WebForm1"%>
				
このコードでは、プロジェクト名は WebApplication1、Web フォーム名は WebForm1 であることを想定しています。

動作の検証

  1. 複数のブラウザ ウィンドウを開きます。
  2. 各ウィンドウで、エンド ユーザーとして .aspx ページをブラウズします。ページを同時にブラウズしなくても、すべてのウィンドウに 10 秒間、同じ時刻が表示されることを確認します。
  3. 10 秒後、.aspx ページをブラウズするか更新します。すべてのウィンドウで時刻が更新されることを確認します。



関連情報

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ASP.NET の最適化
http://msdn.microsoft.com/library/ja/cpguide/html/cpconASPOptimization.asp

ASP.NET のキャッシュ機能
http://msdn.microsoft.com/library/ja/cpguide/html/cpconASPCachingFeatures.asp

ASP.NET ページのキャッシュ
http://msdn.microsoft.com/library/ja/default.asp?url=/library/ja/cpguide/html/cpconASPOutputCache.asp

@ OutputCache
http://msdn.microsoft.com/library/ja/cpgenref/html/cpconoutputcache.asp

プロパティ

文書番号: 315896 - 最終更新日: 2005年10月19日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft ASP.NET 1.1
  • Microsoft ASP.NET 1.0
キーワード:?
kbcaching kbhowtomaster kbio kbperformance kbwebforms KB315896
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com